FC2ブログ

武蔵国分寺跡周辺史跡探索(後半)

20201224

所在地:東京都国分寺市
訪問日:2020年11月22日

所属する歴史クラブの「博物館に行こう」グループの企画で出かけました。
この日のコースは:
JR西国分寺(9時ちょっと過ぎ)⇒東山道武蔵路遺構再生展示施設⇒国分寺薬師堂⇒国分寺⇒国分寺楼門⇒旧本多家住宅長屋門⇒武蔵国分寺資料館⇒お鷹の道⇒真姿の池湧水群⇒武蔵国分寺跡(金堂跡・講堂跡・鐘楼跡・中門跡・七重塔跡他)⇒文化財展示資料室⇒武蔵国分尼寺跡⇒伝鎌倉街道⇒JR西国分寺(13時ころ)

前半の記事で旧本多家住宅長屋門まで載せたので、今回は武蔵国分寺資料館からの記事になります。

【武蔵国分寺跡資料館】
201223kokubu01.jpg


武蔵国分寺跡資料館では、発掘調査における成果の賜物である出土品の数々が展示されています。展示室は3に分かれていて、「武蔵国分寺」、「武蔵国分寺の瓦」、「国分寺市の文化財」となっています。中でも、武蔵国分寺で使われた瓦を触ることのできるコーナーもあり、見て、触って、歴史を体感できます。

武蔵国分寺跡のジオラマ
201223kokubu02.jpg


出土した瓦の展示
201223kokubu03.jpg


201223kokubu04.jpg


〇銅造観世音立像
201223kokubu05.jpg


201223kokubu06.jpg


〇唐草四獣文銅蓋
201223kokubu07.jpg


201223kokubu08.jpg


201223kokubu09.jpg


この辺は、湧出帯が多いので、石器時代から人が住んでいた。
201223kokubu10.jpg


立川ローム層第X僧出土石斧群
多摩蘭坂遺跡出土
201223kokubu11.jpg


土偶
多喜窪遺跡出土 縄文時代中期
201223kokubu12.jpg


鉄製鍬・鋤
多喜窪竪穴住居跡出土 僧寺地域
201223kokubu13.jpg


ここの見学を終え、「お鷹の道」を真姿の池に向かいます。
とても気持ちのいい道です。
201223kokubu14.jpg


201223kokubu15.jpg


【真姿の池湧水群】
201223kokubu16.jpg


真姿の池
豊かに湧水しているのがよく見えた。
201223kokubu17.jpg


真姿の池の上流からも、ハケで湧水した水が豊かに流れてきている。
201223kokubu18.jpg


「おたカフェ」の前を通って、国分寺跡に向かう。
201223kokubu19.jpg


【武蔵国分寺跡】
201223kokubu20.jpg


〇講堂跡
201223kokubu21.jpg


201223kokubu22.jpg


201223kokubu23.jpg


201223kokubu24.jpg


全景
201223kokubu25.jpg


基壇の外装は瓦積である。
201223kokubu26.jpg


基壇の上には、礎石が残る。
201223kokubu27.jpg


〇金堂跡
201223kokubu28.jpg


201223kokubu29.jpg


201223kokubu30.jpg


201223kokubu31.jpg


こちらの基壇の外装は乱石積である。
201223kokubu32.jpg


基壇の上に須弥壇がある。
201223kokubu33.jpg


201223kokubu34.jpg


〇七重塔跡
201223kokubu35.jpg


201223kokubu36.jpg


201223kokubu37.jpg


201223kokubu38.jpg


【文化財展示資料室】
201223kokubu39.jpg


近くの市立第四中学校内から出土した様々な鉄製品や灰釉陶器などの土器、瓦などが展示されており、これらは中学校内にかつて鍛冶工房があったことを示す貴重な資料です。

住田正一古瓦コレクションの一部が展示されており、これが素晴らしく良かった。
201223kokubu40.jpg


古瓦の名称と作り方
201223kokubu41.jpg


全国の国分寺瓦が展示されている。
201223kokubu42.jpg


国分寺瓦を焼いた窯跡
201223kokubu43.jpg


何処で焼かれたか記入がある。
201223kokubu44.jpg


201223kokubu45.jpg


201223kokubu46.jpg


【武蔵国分尼寺跡】
201223kokubu47.jpg


201223kokubu48.jpg


201223kokubu49.jpg


201223kokubu50.jpg


〇金堂跡
幡竿の立っていた場所に柱を立てている。
201223kokubu51.jpg


基壇の外装は土盛。
201223kokubu52.jpg


基壇の上
201223kokubu53.jpg


基壇の構造断面が見られるようになっていた。
201223kokubu54.jpg


〇尼坊跡
201223kokubu55.jpg


横の公園に、すごく長いすべり台があり、たくさんの子供が楽しんでいた。
201223kokubu56.jpg


【伝鎌倉街道切り通し】
201223kokubu57.jpg


切り通しの途中に、「⇒尼寺北方の塚」とあったので、上がってみた。
201223kokubu58.jpg


こんもりした塚があった。
傍にあった説明では、中世において種々の祈願の成就を得るために、作法に則り本尊に対し祈祷するために築かれた修法壇跡とのことだった。
201223kokubu59.jpg


そこから少し歩いて、西国分寺駅に戻ってきて、この日の予定は完了。
ずいぶんと中身の濃い史跡めぐりだった。
201223kokubu60.jpg


(了)



「お気に入りの場所」に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

なるほど、国分寺跡等、今でも結構な面積が残っているですね。それにしても、七重塔があったとは。何で五重塔や三重塔でないのかわかりませんが、ものすごい技術ですね。

私が学校で日本史をならった頃は、青銅器が主だったのですが、最近は鉄器が注目されるようになりましたね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
東山道武蔵路の幅の巨大な道路を作るとか、
全国に国分寺を建てさせるとか、やはりあの当時の
王権というのは、すさまじいものがありますね。

朝鮮半島から九州に上陸して、東征して大和地方に
いわゆる「ヤマト王権」として国の主権を握れたのは、
馬と鉄を持っていたからだという説明には納得できますね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop