FC2ブログ

角川武蔵野ミュージアム&サクラタウン夜景

20201230

所在地:埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3
撮影日:2020年12月18日

所属する歴史クラブの「博物館に行こう」グループの企画で参加しました。
JR武蔵野線東所沢駅から徒歩で10分ほどで到着。

角川武蔵野ミュージアムについては、9月にプレオープン記念展で訪れたときの記事があり、そこでサクラタウン全体の説明や、隈研吾氏の設計の素晴らしさなどは説明しています。

その記事を見る


武蔵野坐令和神社の鳥居の蔦は、9月に来たときよりも40cmほど成長していた。
201229musashino01.jpg


最近寒い日が続いていたので、ミュージアム横の水盤には、氷が残っていた。
それと、9月には無かったが、水盤に夜間のイルミネーション用に球の照明が置かれていた。
201229musashino02.jpg


201229musashino03.jpg


しばらく参加者に、周辺を散歩したり、武蔵野坐令和神社に参拝したりしてももらってから、予定の入場時間になったのでミュージアムに入場した。

チケットだが、当日券もインフォメーションセンターで対応しているとのことだが、コロナ対応の為入場制限があり、事前にネットで購入することを推奨されており、この日の参加者は10名だったので、一人で10名まで購入可能なので、私が一括購入して用意をしました。

館内の構成
201229musashino04.jpg


購入したのは、「スタンダードチケット」で、その対応範囲は、以下のようになっています。
・4Fエディットタウン
・4F荒俣ワンダー秘宝館
・4Fエディット&アートギャラリー
・4F本棚劇場
・5F武蔵野回廊
・5F武蔵野ギャラリー

ということで、館内に入りエレベーターで4階に直行。

館内マップ
201229musashino05.jpg


エレベーターを降りて、チケットのQRコードでチェックインし、エディットタウンを抜けて、最初に「荒俣ワンダー秘宝館」に向かった。
201229musashino06.jpg


【荒俣ワンダー秘宝館】

入口では荒俣宏のマスクが迎える。
201229musashino07.jpg


201229musashino08.jpg


館内には、荒俣氏が集めた不思議なものが並んでいる。
201229musashino09.jpg


201229musashino10.jpg


201229musashino11.jpg


何点か気に入ったものを紹介しておく。

光を三原色に分解するプリズム
201229musashino12.jpg


ハッピーフェイススパイダー
ハワイ島に生息すね5mmくらいの小さな蜘蛛。
展示品は拡大して3Dプリントしたもの。
201229musashino13.jpg


世界の奇虫大集合
201229musashino14.jpg


オオキバヘビトンボ
201229musashino15.jpg


人面カメムシ
201229musashino16.jpg


不思議な形の鉱石もいろいろと。
201229musashino17.jpg


〇ウサギノネドコ
京都、東京を拠点に「自然の造形美を伝える」活動を行っている。
201229musashino18.jpg


「放散虫」
放射状に張り巡らした骨格で周囲の海水と餌をキャッチする。
201229musashino19.jpg


「葉脈」
201229musashino20.jpg


〇新世界透明標本/富田伊織
埼玉県狭山市生まれ。北里大学水産学部在学中に研究用の透明骨格標本に魅せられ、独自に制作を開始した。
201229musashino21.jpg


生物の標本とは思われない、美しいフォメム。
201229musashino22.jpg


201229musashino23.jpg


201229musashino24.jpg


【エディットタウン】
テーマのもとに集められた本が並ぶ。
その前で椅子に腰かけて閲覧できる。
201229musashino25.jpg


大きなテーマ(文脈)は9つあるようだ。
201229musashino26.jpg


201229musashino27.jpg


その中に、いろいろなテーマで本がまとめられている。

これは武士の源平争乱に関して集めてある。
201229musashino28.jpg


これは、古代豪族に関して集めてある。
201229musashino29.jpg


自分に関心のあるテーマのところで、座り込んで閲覧していられる。
2時間でも3時間でも居られると思った。

【本棚劇場】
201229musashino30.jpg


スケールには圧倒される。
しかし、閲覧できるのは手が届く範囲。
201229musashino31.jpg


一定時間ごとに、プロジェクションマッピングのデモンストレーションがある。
201229musashino32.jpg


201229musashino33.jpg


【アートギャラリー】
米谷健+ジュリア展
201229musashino34.jpg


201229musashino35.jpg


201229musashino36.jpg


本棚劇場から通じる階段で4階から5階に上がる。

吹き抜けになっている本棚劇場を5階から見下ろす。
201229musashino37.jpg


【武蔵野ギャラリー】
〇武蔵野を愛した柳田国男と角川源義
201229musashino38.jpg


201229musashino39.jpg


柳田国男の「武蔵野」に対する深い関心は、1920年に書かれた「武蔵野の昔」によく表れている。
201229musashino40.jpg


角川源義邸は、善福寺川を南方に望む荻窪のゆるやかな斜面に建てられていた。
当時の杉並はまだところと゜ころに武蔵野の面影を留めていた。
201229musashino41.jpg


集合時間になったので、2階の出口に向かう。
出口近くの、ミュージアムショップ。
201229musashino42.jpg


夕食だが、ミュージアム内のレストランだと10名がまとまってスムーズに入れると思えかったので、角川食堂にて食べることにした。社員食堂なので、メニューはランチのほうが充実している案配だったのだが、初めての人には好評だった。

夕食を終えて、外に出るとすっかり暗くなっており、30分のあいだ自由行動とし、各人が思い思いに夜景を撮影した。
201229musashino43.jpg


201229musashino44.jpg


201229musashino45.jpg


201229musashino46.jpg


201229musashino47.jpg


201229musashino48.jpg


201229musashino49.jpg


201229musashino50.jpg


201229musashino51.jpg


201229musashino52.jpg


201229musashino53.jpg


201229musashino54.jpg


201229musashino55.jpg


201229musashino56.jpg


これで、満足して帰途についた。

(了)


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



「お気に入りの場所」に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは


博物館と言うより、文字通り「秘宝館」と言う感じの所ですね。

ううん、図書館の部分、私の家もこの1/10の大きさの部屋があったら、本棚に持っている本の全てを並べられるのですが。


matsumoさん

コメントありがとうございます。

ほんとうに、私も本の置き場所の確保に
苦心しております。
デジタル化の世の中になったと、人は
云いますが、本は捨てられません。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop