FC2ブログ

讃岐国・金刀比羅宮の狛犬⑥

20210104

所在地:香川県仲多度郡琴平町字川西892番地1金刀比羅宮旭社前黄銅鳥居
撮影日:2020年3月23日

「青春18キップの旅2020春」にて金刀比羅宮に参拝したときに撮影した狛犬です。

金刀比羅宮については、既に記事があります。

その記事を見る


金刀比羅宮では、私は12組の狛犬を確認しましたが、今回の狛犬が6番目となります。

今回の狛犬は旭社の前を通過して、黄銅鳥居の脇に居ます。
210104oudou01.jpg


210104oudou02.jpg


年代:明治2年(1869)
材質:石造
型式:出雲・丸台座丸尾型

この狛犬の特徴は、台座が円盤であること。
これが、ありそうで無いのですね。
出雲発祥の型です。

右側が阿形獅子。
丸台座の上に蹲踞している。
210104oudou03.jpg


210104oudou04.jpg


210104oudou05.jpg


たてがみに巻き毛があり獅子。たてがみは長く肩の下まで流れている。
伏せた耳が長い。
眉が濃く、鼻が大きいので、埋もれた奥目を怒らせている。
頬髯、顎髭長い。
鼻の下すぐに歯列をむき出している。牙は目立たない。
表情は怒った顔で威嚇している。
210104oudou06.jpg


210104oudou07.jpg


左が吽形獅子
丸台座の上に蹲踞している。
210104oudou08.jpg


210104oudou09.jpg


たてがみに巻き毛があり獅子。たてがみは長く肩の下まで流れている。
伏せた耳が長い。
眉が濃く、鼻が大きいので、埋もれた奥目を怒らせている。
頬髯、顎髭長い。
口をギュウッと閉じて、牙をのぞかせている。
表情は怒った顔で威嚇している。
210104oudou10.jpg


210104oudou11.jpg


前足は長くて、真っ直ぐにピンと直立。指が長くて爪も立派。
身体の体毛は豊かで、足の走り毛も立派に表現されている。
210104oudou12.jpg


210104oudou13.jpg


尾は背中に付いて丸まって立っている。
豊かな毛が枝分かれして大きな巻き毛になるが、全体として丸まっている。
210104oudou14.jpg


210104oudou15.jpg


この狛犬は、出雲型である。
出雲型には、「構え型」、「丸台座型」、「丸尾型」があり、今回のは、「丸台座型」と「丸尾型」の特徴を備えている。

丸台座型は、出雲地方以外では奈良東大寺の近くの氷室神社で確認しているが、調べたら氷室神社のは未紹介なので、このブログでは出雲地方以外の例としては初出となる。
この狛犬の顔も出雲特有のものである。



狛犬の記事一覧を見る


スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

確かに、台座が円形なのは見たことがないですね。また、片方の台座、ボタンみたいな花が綺麗に残っていますね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
出雲型とか、地方特有の型がわかってくると、
その地方以外の場所で発見すると、
こんなところにも、と嬉しくなります。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop