FC2ブログ

讃岐国・金刀比羅宮の狛犬⑧

20210125

所在地:香川県仲多度郡琴平町字川西892番地1金刀比羅宮遥拝所
撮影日:2020年3月23日

「青春18キップの旅2020春」にて金刀比羅宮に参拝したときに撮影した狛犬です。

金刀比羅宮については、既に記事があります。

その記事を見る


金刀比羅宮では、私は12組の狛犬を確認しましたが、今回の狛犬が8番目となります。

今回の狛犬は、賢木門をくぐった先、石段653段右側に遙拝所があります。
遙拝所とは、皇廟(伊勢の神宮)や皇陵を遙拝する所です。流造・銅板葺の神籬殿と、切妻造・銅板葺の拜殿からなります。ともに明治13年(1880)の建築です。
210125youhai01.jpg


この中に、今回の狛犬が居ます。
中には入れないため、限られた方向からしか見ることは出来ません。

年代:天明元年(1781)
材質:石造
型式:出雲・丸台座型

この狛犬の特徴は、台座が円盤であること。
これが、ありそうで無いのですね。
出雲発祥で、出雲以外では私は奈良東大寺の近くの氷室神社で一つ発見しただけで、ここ金刀比羅宮に2組もあるとは(驚)
金刀比羅宮では黄銅鳥居のところのものに続き2例目、出雲地方以外では3例目となります。

出雲地方の狛犬は、ほとんどが「来待石(きまちいし)」という凝灰質砂岩が使われています。
砂岩故に風化が激しく、また水分を含みやすいため苔が多く付着しています。

右側が阿形獅子。
円盤の台座の上に乗っている。
前足は直立。後足は蹲踞。
210125youhai02.jpg


210125youhai03.jpg


たてがみに巻き毛があり獅子。
伏せた耳が長い。鼻ヒゲが横に長く流れている。
鼻は扁平で大きい。鼻の穴も扁平。目はかなりの奥目。
口の部分は欠落しているようだ。
風化が激しく苔むしているが、表情は穏やかな感じ。
210125youhai04.jpg


210125youhai05.jpg


左が吽形獅子
円盤の台座の上に乗っている。
前足は直立。後足は蹲踞。
210125youhai06.jpg


210125youhai07.jpg


たてがみに巻き毛があり獅子。
伏せた耳が長い。
鼻は扁平で大きい。鼻の穴も扁平。目はかなりの奥目。
閉じた口の感じは推定できるが、下アゴや顎髭は欠落しているみたいだ。
風化が激しく苔むしているが、表情は穏やかな感じ。
210125youhai08.jpg


尾はよく見えないが、背中に沿って扁平な感じで、丸尾とは違うようだ。
210125youhai09.jpg



私が出雲地方で撮ってきたものと比較しても、建立年代が一番古いので、珍しい丸台座型と相まって、とても貴重な狛犬である。
モロい来待石のため欠落もみられるので、人の近づけない遥拝所の中に避難させたのかなとも思う。
おかげで大事に守られているので、よかった。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは


駒犬の下座が円形なの、本日(1/27)、昨年11月に奈良に行った写真をチェックしていたら、東大寺のすぐそばにある「氷室神社」の駒犬がそうでした。今回の旅行では、随分、駒犬の写真を撮りましたが、円形だったのはこれだけだと思います。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
そうなんですよね。
私が自分の目で確認したのは、出雲地方以外では、
奈良の氷室神社、香川県の金毘羅様の2ケ所だけです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop