FC2ブログ

猿田彦大神(文字)庚申塔/埼玉県川口市鳩ケ谷

20210214

所在地:埼玉県川口市鳩ヶ谷本町1丁目6−2 鳩ケ谷氷川神社境内
撮影日:2019年12月18日

今回の庚申塔は、鳩ケ谷の総鎮守・氷川神社の境内にあります。
210213saruta01.jpg


塔身:角柱型
主尊:猿田彦大神(文字)
日月:なし
脇侍:三猿
造立年代:寛政12年(1800)

塔身は角柱型。
屋根で保護されている。
210213saruta02.jpg


210213saruta03.jpg


銘文:
向かって右側面に 「寛政十二庚申歳 鳩谷講中」
210213saruta04.jpg


主尊として「猿田彦大神」の文字が刻まれている。
210213saruta05.jpg


三猿は、左右の猿は横を向いて、
右から「見ざる・聞かざる・言わざる」である。
210213saruta06.jpg


猿田彦を主尊とする庚申塔は、関東ではあまり見られなく珍しい。
2015年に、北九州に旅行した時に調べてビックリしたのは、例えば熊本県ではほとんどが猿田彦で、そのほとんどが文字塔であった。
青面金剛は少なく、そのほとんどが文字で、青面金剛の像をきざんだのは、私が参考にしたリストでは数例しか無かった。
地方によって違うのだな、と感じ入ったのを覚えている。
今回は、逆に関東では珍しい猿田彦を主尊にしている例である。


「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

猿田彦大神庚申塔ですか。

今まで5回位、行ったことがある赤羽駅近くの「赤羽八幡神社」には、「猿田彦庚申塔」と呼ばれている2基の庚申塔があります。ただし、2基共、猿田彦部分は文字ではなくて像で、見た感じでは、普通の庚申塔と変わらない感じで、猿田彦の特徴である高い鼻は無しです。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
赤羽八幡神社ですか、ありがとうございます。
まだ行ってませんね。
都内に行けるようになったら、すぐに行きたいと
思います。
もしかしたら、神らしい扮装をしているかもしれません。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop