FC2ブログ

一面六臂青面金剛庚申塔/埼玉県川口市

20210225

所在地:埼玉県川口市 川口市文化財センター近く路傍
撮影日:2019年12月18日

埼玉高速鉄道・川口元郷駅前から川口市文化財センターに向かう岩槻街道の路傍にある。

ブロックで作られた壁龕の中に五基の石仏が納められ、完全なものは今回取り上げる右から二番目の庚申塔と、一番左側の地蔵尊のみである。
210225kawaguchi01.jpg


塔身は舟形光背。
210225kawaguchi02.jpg


210225kawaguchi03.jpg


銘文は、向かって右側面に「大正九年五月一日 造〇」、
左側には奉納金と奉納者名が刻まれている。
210225kawaguchi04.jpg


塔身:舟形
主尊:一面六臂青面金剛立像
日月:なし
主尊の特徴:丸に十字の光背、総髪、三眼、邪鬼を踏んで立つ。
本手:合掌
他の手:法輪、弓、矢、三叉剣。
脇侍:邪鬼、三猿
造立年代:大正9年(1920)

青面金剛は、邪鬼を踏んで立つ。
光背が丸に十字形と、変わった形をしている。
210225kawaguchi05.jpg


髪は総髪。
三眼。
眉を上げてはいるが、憤怒といった感じでなく、こちらに問いかけているような表情。
210225kawaguchi06.jpg


210225kawaguchi07.jpg


手は六本で、本手は合掌。
他の手は、法輪、弓、矢、三叉剣を持つ。
通常は三叉鉾だが、いかにも短くて剣にしか見えないので「三叉剣」とした。
210225kawaguchi08.jpg


踏んづけられた邪鬼は、牙を持った猛獣の表情。まだ降参はしていない。
210225kawaguchi09.jpg


邪鬼の下に刻まれた三猿は、いわゆるダイヤ型だが、手の指とかまだ判る状態。
右から「見ざる、聞かざる、言わざる」である。
210225kawaguchi10.jpg


この庚申塔大正9年と新しく、造形がよくわかる状態。
考えてみるとちょうど100年前に作られたものである。
光背が極めて独特な形をしている。
青面金剛の形としては、標準的な合掌型。
邪鬼の顔が面白い。



「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

この庚申塔は大正時代と割と新しいもののせいか、保存状態が良いですね。加えて、彫りが深いのも良いです。加えて、光背も面白いですし。一瞬、キリスト教と関係あるのかなあと思ってしまいました。それにしても、この顔、特徴的で、どこかで見たような気がしますが錯覚なのでしょうね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
こういう保存状態が良いのを見つけると、
とても嬉しくなります。
誰に似ているのでしょうか・・・・・??
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop