FC2ブログ

百太夫神/日本の神々の話

20210301

記紀には登場せず、民族信仰の神である。

私は、谷川健一氏編集の『民衆史の遺産 第六巻巫女』のなかで、傀儡師(傀儡子)が信仰する神として知った。
調べてみると、福男で有名な西宮神社の末社百太夫神社に祀られている。末社といっても本殿の左奥深くに鎮座しているとのことで、西宮神社では大切に扱われている神である。

『日本の神様読み解き辞典』によると、百太夫神といのは朝鮮の「万神」で、八百万の神を司祭していた覡(げき 男巫子)のことであり、八幡信仰に習合して日本に渡来し、変形したものであるという。
なぜ傀儡師の信仰するものとなったかは定かではないが、おそらく操り人形が朝鮮から入ってきたものであることと結びついているらしい。

傀儡子というのは、平安中期からさかんに史上に散見する特殊な放浪の芸能集団をいう。様々な呪術を使い人形を使うことや、傀儡女が「妖媚」をうること、「今様・古川柳・足柄」などの諸雑芸に堪能であった。
放浪遊行の賤民であったが、その演ずるところの諸芸能は中央貴族の寵愛すること異常なくらいで摂政関白藤原道長をはじめとして、また後白河院の『梁塵秘抄』にもしばしば登場する。
なんだか、ヨーロッパのジプシーをほうふつとさせる印象である。

中世芸能集団というのは、様々なかたちが見える。歩き巫女、白拍子、御前、厳島の内侍、瞽女、口寄せではイタコ、「オシラガミ」巫女、傀儡師(傀儡子)、傀儡女など。
長野県小県郡の「禰津の巫女」は、戦国時代真田氏の忍びを勤めたという話だが、明治時代まで「口寄せの巫女」として活発に活動していた。

やがて操り人形を扱う傀儡師のような集団がなくなると、その信仰も形を変え、疱瘡神、子供の疫病除けの神として信仰されるようになったようだ。
また、吉原にも新町にも島原にも祀られていて、長きにわたって遊女の篤い信仰の対象となってきた。
そしてまた、道祖神の一つともいわれている。



日本の神々記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop