庚申バラ

20081015

081015koushin.jpg


こうしんばらと読む。
「かのえのさる」の都度花が咲くから、が名前の由来だそうです。
つまり60日に一度は花が咲く。

学名からロサ・キネンシスないしロサ・シネンシスとも呼ばれる。

野バラは、古くは「常陸風土記」や「万葉集」に「ウマラ」の名でうたわれ、「枕草子」や「源氏物語」にも「さうび(薔薇)」の名で登場する。
藤原定家「名月記」の建暦三年(1213)に「長春花」という名で庚申バラが登場している。これが、バラが日本の文献に登場する最初だという。
スポンサーサイト

trackback

ミスターローズ その3 :心象スケッチ(新)

先日の3連休は土曜日は前回の滴の新宿御苑、日曜日は神代植物公園のバラフェスタ、月曜日は代々木公園のバラと薔薇三昧の連休だったんです。 というわけで、たくさん撮影してきました。 今回から、神代植物公園のバラを中心にバラ特集が続きます。 神代植物公園には274

コメント

イバラの国
当地 茨城県の由来
約1,200年前の奈良時代に書かれた「常陸国風土記」の中で、「黒坂命という人が、古くからこの地方に住んでいた朝廷に従わない豪族を(イバラ)茨で城を築いて退治した。または、その住みかを茨で防いで退治した」という話が書かれています。
 この「(イバラ)茨で城を築いた」または「(イバラ)茨でふさいだ」というところから、この地方を茨城(いばらき)と呼ぶようになったといわれています。

県花は薔薇なんですよ♪

今回のブログは「ラ・ボエーム」と薔薇ですので覗いてみて下さい(^^)

おはようございます

庚申薔薇って名前の付け方が、とても日本的ですよね。皇居東御苑でも咲いているのでよく見かけます。

神代植物公園のバラフェスタに行ってきました。たくさんの薔薇があり、京成バラ園の表示になっていましたが鈴木省三さん作出の薔薇も多数、咲いていましたよ。数回に渡って紹介するつもりです。
トラックバックさせていただきます。

薔薇が好き

薔薇爺さま
そうですよね。
言われてみればそうだ(納得)

茨城県に良いバラ園があることは聞いて
いるのですが、まだ行ってません(汗)
こんどぜひ訪問します。

ブドリ様
神代植物園は、車で1時間くらいの距離なので、
よく行きますよ。
あそこのバラ園がいちばん私には
なじんでいます。
近くの雑木林も実にきもちがいいし。
アップ楽しみです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop