小岩井農場(2)/宮沢賢治ゆかり

20100505

今日でゴールデンウィークも終わり。
新しいPCの立ち上げも、今日「ホームページビルダー14」をインストールして、転送設定など設定が済んで、試しに新しいPCの写真をプロフィールのページに載せてアップロードしてみて、問題なく実行できたので、やれやれ。
今回一番苦労したのはメールソフト。
ウィン7には標準でメールソフトが用意されていず、「ライブメール」を使わせようとしているらしい。
だが私は、いままでネットメールとして利用したことがあったが、あのインターフェースがどうも気に入らなかった。
それで有料ソフトの「シュリケン」をインストール。
ところがメールがつながらない。
一日くらい悩んで、一時はサポートに以前のPCからお助けコールをしようかと覚悟した。
それもなんとか片付いて、「シュリケン」を使っているが、これはなかなか良い。
迷惑メールの学習機能もかなりグッド。使い勝手もよろしい。

さて、4月24日に行った、小岩井農場のレポート。
宮沢賢治の詩碑から、昨日の雨のせいでぬかるんでいる道を歩いて30分ほど。
ついに「一本櫻」のところに。
残念ながら、まだつぼみも膨らんでいなかったが、それでもそのたたずまいには感激した。
樹齢100年くらい。
堂々とした立ち姿にはしびれた。
背後の岩手山もほとんど姿を隠していたのが残念。
100505koiwa01.jpg


本来はこういう写真を撮りたかったのだ。
購入してきた絵葉書の見事な「一本桜」。
100505koiwa02.jpg


「一本櫻」との別れを惜しみながら帰る途中、道端に水芭蕉が咲いているのに気がついた。
あまり本数は無いが、ちょっとしたわずかな湿地に咲いていた。
100505koiwa03.jpg

100505koiwa04.jpg


どこを見渡しても、広々とした牧草が広がっていて、気持ちいいことかぎりなし。
100505koiwa05.jpg


赤い屋根が素敵な「小岩井乳業」の建物
100505koiwa06.jpg



また「まき場園」に戻ってきたときには、歩き疲れて汗だく。
新鮮な牛乳とソフトクリームの美味しかったこと。

バスの時間をまちながら、家へのお土産を購入。
「牛肉のソーセージ」、「燻製チーズ」、「ぬるチーズ」、どれも美味しかった。



櫻行脚トップページ(桜の一覧)には、下記クリック
http://www.lares.dti.ne.jp/~taka-ino/sakuratop.html


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop