盛岡(1)/宮沢賢治ゆかり

20100507

4/24の報告の続き。
小岩井農場からバスで盛岡駅に戻ってきたのが、12時ちょっと過ぎ。
昼食は、駅前の地下食堂街で冷麺。やっぱり盛岡では冷麺でしょ。
帰りの新幹線は、盛岡発16:10の「やまびこ」で指定を確保。
盛岡駅の駅前広場には、石川啄木の碑(ふるさとの山に向ひ て/言ふことなし/ふるさとの山はありがた きかな)があり、ちょっとその前で休憩と午後の作戦。
100507mori01.jpg


時間があったら行こうと思っていた岩手銀行旧本店に行くことにする。ここが一番駅から遠いので、こっちを先にした。地図を片手にずんずん歩いた。

途中の街なかに「馬具屋」さん発見!
こういうお店があるのかと驚いたが、よく考えると盛岡は「ちゃぐちゃぐ馬っこ」の町ではないか。さすがだね。
100507mori02.jpg



中津川に沿って岩手城跡地の下の遊歩道を遡っていく。前方に中ノ橋が近づいて来る。その橋の 右手に赤レンガ作りに緑の屋根の美しい建物 が見える。岩手銀行旧本店である。
100507mori03.jpg



旧盛岡銀行である岩手銀行中ノ橋支店は、 市街地の中心部に位置し中津川・中の橋と一体となって盛岡の代表的な景観を形成しています。 東京駅の設計者である葛西萬司(1863~1942 盛岡市出身)が設計しており、 外観が東京駅に似ています。明治44年に建てられたもので、赤レンガ造りに緑のドーム、 その輪郭はルネッサンス風の厳格さを現し、明治末期のレンガ組積造りは、 美しい絵画的効果を発揮し格調高くそびえています。
100507mori04.jpg


宮沢賢治もこの建物が気に入っていたようで 「岩手公園」という詩の最後に

弧光燈にめくるめき
羽虫の群のあつまりつ
川と銀行木のみどり
まちはしづかにたそがるる


と記しています。

平成6年に、民間企業の業務用店舗で現在使用中のものとしては、わが国で初めての重要文化財に指定されました。
100507mori05.jpg



中津川の橋を渡ると、テレビ岩手の庭があり、川との間の遊歩道にベンチがあったので、そこで対岸の岩手銀行旧本店を眺めながら休憩。

汗がひいたところで、テレビ岩手の庭の中央に実に美 しい半裸婦像がたっているとの事前調査の情報に従って眺める。
盛岡の作家、舟越保武氏の代 表作「杏」である。端正でみずみずしい美しさにあふれている。
100507mori06.jpg




また駅まで戻るのだが、ちょっと疲れたので帰りはバスに乗った。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop