国立西洋美術館/上野

20100620

アップしようとして、見たら全体像がわかる写真が全然無い。
よく行くのにね。

地獄の門については、素晴らしいので撮ってあった。

『神曲』地獄篇は、作者にして主人公のダンテが古代ローマの詩人ウェルギリウスに導かれて、地獄を巡るという内容である。「地獄の門」は、この地獄の入口にかかる門であり、『神曲』地獄篇第3歌の冒頭は、門の頂に記された銘文から始まっている。

オーギュスト・ロダンの未完の作品に、前述の「地獄の門」をテーマとして制作された、巨大なブロンズ像『地獄の門』がある。「考える人」はこの門を構成する群像の一つとして造られたもので、単体作品としても独立して高く評価されている。このロダン作「地獄の門」は、上野恩賜公園の国立西洋美術館をはじめ、世界に7つが展示されている。
100620zigoku01.jpg


100620zigoku02.jpg


100620zigoku03.jpg


100620zigoku04.jpg


100620zigoku05.jpg



レストラン「すいれん」
この美術館に来たときだけでなく、上野に来た時にはたいてい利用するお気に入り。
西欧料理が中心で、料理が美味しいのと、中庭の眺めが落ち着いていて素晴らしい。
100620suiren01.jpg


「すいれん」からの中庭の眺め
100620suiren02.jpg




奇しくも、美術館の前庭にある地獄の門も、館内とはいえ「すいれん」も催しのチケット無しで行けるところだった(笑)。

2002年9月 撮影

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop