スーベニア・ド・アンネ・フランク

20081025

081023anne.jpg

「アンネ・フランクの形見」という薔薇。
神代植物園バラ園にて。

ベルギーの園芸家ヒッポリテ・デルフォルヘ氏(1905~1970)の手によって1955年に作出されました。
ヒッポリテ氏と息子のビルフリート氏は、1959年にオットー・フランク氏と出会い、アンネのために彼らが持っていた最も美しい種類の薔薇の一つを捧げたのです。

アンネのバラが最初に日本にやってきたのは1972年。
その前年に日本の合唱団がイスラエルを訪問したときに、レストランで偶然アンネ・フランクの父オットー・フランク氏に出会います。
「アンネの日記」のことはもちろん合唱団の方々も知っていましたので、その時から合唱団の方々とオットー氏との交流が始まりました。
そして1年後にはオットー氏の好意によりアンネのバラ10株が日本に送られました。
アンネのバラは正式な名前を「Souvenir d'Anne Frank」といい「アンネ・フランクの形見」と訳されています。
輸送事情の悪さから苗木の到着までに1ヶ月もかかってしまい、10株のうち9株が枯れ、1株だけが合唱団の一員で聖イエス会の創設者でもある大槻さんの庭に根付きました。
この1株がアンネのバラと日本を結びつける最初の1本となりました。

アンネのバラはその後、大槻さんと「アンネの日記」を読んだ学生たちの交流からその存在が広く知られるようになりました。
「私達もアンネのバラを育ててみたい!」という学生たちの希望を受け、オットー氏は更に10株のバラ苗を日本に送りました。
この苗を園芸家や学生たちが接木をして増やしていった結果、現在では日本中でアンネのバラが栽培されるようになりました。
平和学習、国際理解学習としてアンネ・フランクを取り上げた学生たちの多くが学校でアンネのバラを栽培しているそうです。

スポンサーサイト

コメント

オレンジの薔薇

薔薇仲間のお庭訪問に行ってきました。
オレンジ色の可愛いポリアンサロースを挿し木用に」もらってきました名前は「マルゴコスター」という薔薇ですコロコロしていてとても可愛い薔薇です・・・(^^)

「アンネの薔薇」大事にしたいですね。
昨年 大学病院に入院していたときアンネの日に看護学生がお手製のしおりを患者に配ってくれたのを思い出していました。
居は「酒と薔薇の日々」の心境ですねバーボンでJAZZナンバーを聴こうかな♪

薔薇爺さま

マルゴコスター、拝見してきました。
とてもよさそうな薔薇ですね。
いいと思います。

入院してるときに、そういうことあったんですね。
きっと心に感じられたことと思います。

私もクリスマスのときに入院してて、
病院のイベントにずいぶんと慰められましたよ。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop