尾瀬とテニス

20101017

テニス仲間の4人で、昨日一日尾瀬に遊びました。
こちらを5時に出発、関越高速の沼田インターを降りて、尾瀬戸倉経由で鳩待峠に8時に着いた。
150台収容ということで、心配してなかったが、行ってみたら満車(泣)
聞いたら、未明3時半に満車なると(アゼン)
尾瀬でご来迎、朝もやの尾瀬の写真を撮るため未明にここから歩いていく人が多いということだ。
一瞬パニくったが、そこから15分くらい下ったところにある、宿泊予定のホテルに車を置き、そこからバスで再び鳩待峠に。
ここから標高が800M低い「山の鼻」まで山道を1時間下る。
「山の鼻」から、尾瀬ケ原が始まっている。

鳩待峠⇒山の鼻⇒牛首分岐⇒竜宮⇒ヨッピ吊橋⇒牛首分岐⇒山の鼻⇒鳩待峠
の6時間コースを歩いた。
最後の、山の鼻⇒鳩待峠は、1時間とちょっと登るので、バテバテだったが、尾瀬を堪能した。

101016oze01.jpg


101016oze02.jpg


101016oze03.jpg


宿泊は、尾瀬戸倉にある「尾瀬高原ホテル」
このホテルの前からバスに乗れるので、便利なところだ。

夜は、一人が持ち込んできた中国の銘酒(45度)で酒盛り。

で、今日は9時から12時までテニス。
なにせ4人しか居ないから、代わってくれる人が居ない(笑)
休み休みだが、6セットマッチのゲームを6試合やった。
最後はヨレヨレ(笑)

ホテルに戻って風呂で汗を流して帰途についた。

私は、ずっと腰痛に悩まされていて、やっと2日前くらいに腰がスッキリしたところ。
普通なら不安感から、行くのを止めていたろう。
だが、なにせ今回は都合が悪い人続出で、4人しか揃わなかった。
私が抜けたら、テニスできなくなっちゃうので強行(汗)。
尾瀬は、様子を見ながら歩いて、腰に問題でたら私だけ先に帰る話をしていたが、最後まで一緒に歩けた(嬉)
今日もテニス、6試合もやってのけてしまった(嬉)

どうやら、腰は完治したようだ。
嬉しい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop