ヴェネツィア/ゴンドラ

20101127

いよいよゴンドラで水の上に。
4人ひと組で乗り組みますが、ラッキーなことに歌手付きの舟にあたった(嬉)
歌手は3つの舟ににつき一人でした。
101127vene01.jpg


ほんとに、海抜ゼロというのがよくわかる。
101127vene02.jpg


水路はとても狭い
101127vene03.jpg


壁の左官工事も水の上でしていました。
101127vene04.jpg


カンツォーネを朗々と唄っていると、陸の上の人も聞き惚れていました。
101127vene05.jpg


橋の上から「チャオ!」なんて声かけられます。
それが美人だったら・・・・・・もちろん嬉しい(笑)
101127vene06.jpg


大運河「カナル・グランデ」に出ました。
101127vene07.jpg


このへんは、ゴンドラがひしめき合っています。
101127vene08.jpg


「リアルト橋」まで来ました。
その後、また乗り込んだところまで戻りましたが、たっぷりとゴンドラの楽しさは堪能しました。
101127vene09.jpg



2005年10月7日 撮影

スポンサーサイト

コメント

No title

イタリアは行ったことのない国ですが、一生に一度は訪れてみたい国ですね^^
写真を拝見してるとますますそう思います。
「チャオ」などと声かけられるなんて、気さくでいい国ですね。
四季歩さんのお勧めの都市はどこですか?
やはりヴェネチアですか?それともミラノですか?

No title

四季歩さん、こんにちわ

歌手付きのゴンドラと言うことは、日本で言うと、川のライン下りの時に、船頭さんが民謡を歌うようなものなのでしょうね。

それにしても、この水位だと、何かあったら、すぐに水がつきそうな感じですね!

コメントありがとうございます

kurt2さん
イタリアはいいですね。
事情が許せば、また飛んでいきたいところです。
真っ先に行きたいのは、やはりベネツィア、
次いでフィレンツィエ、次にミラノの順でしょうか。

matsumoさん
歌手つきのゴンドラ、とても楽しかったです。
また乗りたい!

水位は、いまでも深刻です。
私たちは午後2時ころ発ってきましたが、そのころ
サン・マルコ広場は、そころじゅうから水が噴き出して
きていました。
サン・マルコ広場には、そのため高いスノコの通路が置いてあります。
水没している時間は、そこを通るんですよ。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop