第8番高尾山飯縄大権現(1)/関東三十六不動霊場

20101224

101224takao00.jpg

詳細な記事は、拙ホームページにあります。
http://www.lares.dti.ne.jp/~taka-ino/takaofudou.html


高尾山へは初めてのお参りです。しかもダイヤモンド富士の撮影も一緒に、と考えました。
ダイヤモンド富士が見られるのが、12月の20日から24日くらい。
先週の天気予報では火曜が天気良さそうということで予定していたところ、日曜の夕方天気予報を確認したところ、火曜は「曇りのち雨」となっていて焦りました。
天気が良さそうなのは木曜ですが、この日は12/23で祝日。いま高尾山は空前の大人気で、休日は押すな押すなの大混雑らしい。こんな日には行けません。
次いで天気の良さそうなのが12/20の月曜ということで、急きょこの日に変更して行ってきました。

いきなりケーブルカーを降りたところから始めます。
右手を見ると、なんと八王子ジャンクションが綺麗に見えました。中央高速と圏央道です。
私の家の最寄りの圏央道インターまで、あのジャンクションから30分、インターから我が家まで10分です。
101224takao01.jpg


たこ杉。
大杉が一夜で根を曲げて、道を開いたという伝説をもつ大樹。
101224takao02.jpg


その根元に「ひっぱり蛸」があり、なぜると良いことがあるとか。
101224takao03.jpg


浄心門。
ここからが、霊山高尾山薬王院の聖域となります。
101224takao04.jpg


101224takao05.jpg


ここからは、一切の殺生は禁じられます。虫を踏んでもダメですよ。
101224takao10.jpg


浄心門を入ってすぐに、神変堂があります。
修験道の開祖、役小角である「神変大菩薩」を祭っています。
101224takao07.jpg


狛犬の代わりに、妙童鬼と善童鬼が頑張っています。
奉納してある絵馬が下駄の形をしています。
101224takao08.jpg


101224takao09.jpg


参道の両側に、朱塗りの灯篭が整然と並んで、とても気持ちがいい。
101224takao06.jpg


「南無飯縄(いづな)大権現」の標石のところで道が分かれています。
左が「男坂」、右が「女坂」です。
101224takao11.jpg


「男坂」は、煩悩の数と同じ108段の石段
101224takao12.jpg


参道わきに、たくさんの句碑が並んでいます。
きれいな碑だったので、思わずパチリ
「奏都とは うれしき名かな 春の月」 古泉居
101224takao13.jpg


「我が精進 こもる高尾は 夏雲の 下谷うずみ 波となづさふ」 北原白秋
101224takao14.jpg


仏舎利塔の前に、本尊の「飯縄大権現」を模した像が立っていました。
お姿をまざまざと拝見できたのは有難かった。
101224takao16.jpg


101224takao15.jpg


高尾山薬王院の御本尊飯縄大権現(いづなだいごんげん)は、実に欲張りな、というか有難い神様である。
不動明王の仮の姿として衆生を救済する徳を備えた仏神ですが、本地の不動明王のほか、迦楼羅天、荼吉尼天、歓喜天、宇賀神と弁財天の五相合体をしたお姿をされています。
つまり、諸悪を根絶するため、忿怒の相を表した不動明王、くちばしと両翼を持ち、自在に飛行して衆生救済を施す迦楼羅(かるら)天、衆生に富貴を授け疾病を除き、夫婦和合の徳を施す心を持った歓喜天、白狐に乗り、先を見通す力を授ける荼吉尼天、さらに、五穀豊穣、商売繁盛、福寿円満、などを授ける宇賀神と弁財天のそれぞれの相を合わせ持った御本尊なのですね。

杉並木
高尾の天狗が腰をかけたという「天狗の腰かけ杉」がそびえ立ちます。
101224takao17.jpg


杉の合間から、下界が・・・・・八王子の街が見降ろせます。
101224takao18.jpg


いよいよ四天王門
101224takao19.jpg


101224takao20.jpg


持国天
101224takao21.jpg


増長天
101224takao22.jpg


多聞天
101224takao23.jpg


広目天
101224takao24.jpg



2010年12月20日撮影
(続く)
スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちわ

私の場合、高尾山はケーブルカーやスキーリフトを使わずに、登ります。すなわち、ケーブルカー駅左側の道をまっすぐ進むと右に病院がありますので、その前を通って、病院の裏あたりから山道に入り、少し、登ると、サル園の側に出ます(上の地図には載っていない道です)。後は、四季歩さんの行かれた道と同じだと思います。サル園の辺りの見晴らしの良い場所からは海も見えますので、私は大抵、そこからも撮影しています。

タコ杉のところは以前は金網が無くて撮影しやすかったのですが、根に触る人が多いためか、金網が付けられてしまいました。

matsumoさん

コメントありがとうございます。

私も、これから高尾山には通っていろいろと
楽しもうと思っています。
その中のひとつに、ケーブルカーを使わないで
登るのも入っています。

タコ杉は、見ていると金網の間から触る人が
今でもまだ居ますね(笑)
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop