ヘッドフォン・アンプ・LUXMAN P-1u購入

20110108

昨日秋葉原で購入したヘッドフォン・アンプが今日届いた。
また音が良くなったので喜んで聴きながら、これを書いている。

ヘッドフォン・アンプが必要な理由は、オーディオに詳しい方ならご存知と思う。
インピーダンスが低い質量のあるスピーカーを大音量で駆動するパワーアンプと、インピーダンスが高い軽量な振動系のヘッドフォーンを小音量で駆動するヘッドフォーンアンプは目的が異なるので当然設計が根本から違ってきます。
アンプのヘッドホン出力があるんじゃないの? と思う人がいると思いますが、
ここには普通、スピーカーへの出力端直前から分岐したものに抵抗を一本入れて出力を下げ、ヘッドホン端子としています。
実はこれがくせもので、ドン!と百分の一くらいに出力下げてしまったら、音の襞がどうなるんでしょう。音質を劣化させているんですよね。
ヘッドホンを鳴らすのにスピーカーを駆動させるような大出力はいりません。つまり、繊細な音質のための専用の小出力のアンプが一番よいのですね。

それで、1年前SACDプレーヤーを買う時、一緒にヘッドフォン・アンプも買おうと検討しました。
そしたら、マランツのSACDプレーヤーのヘッドフォン出力回路が専用に設計されたもので優秀で、特集記事で、こういう選択肢もあるよと、マランツのSACDプレーヤーのヘッドフォン出力を推奨している記事もありました。
で、ヘッドフォンで聴くときはマランツのSACDプレーヤーから聴くことにして、マランツを購入したわけです。
いまはこれで我慢して、いずれラックスマンの「P-1u」を買おうと。

それで、苦節1年(笑)
ついに我が家の大蔵大臣の許可が下り、昨日喜んで飛んで行ったという訳。
秋葉原に行ったのは、以前ヘッドフォン特集の本を見たときに紹介されていて、今回ぜひのぞいてみたいお店があったから。
そのお店は「ダイナミックオーディオ5555」という。
http://www.dynamicaudio.jp/

入ってみると、一階はすべてヘッドフォンで占められている。ズラッとヘッドフォンが並んでいる姿は壮観である。
購入する機種は、もう決まっている。ラックスマンの「P-1u」である。
だって同じ価格帯で競合機種が無いのだから。
いわば「孤高の機種」
私が探せた範囲では最強です。
せっかくだからと思いCDを持参していたので、「P-1u」が試聴できるか聞いてみた。
さすが専門店、ちゃんと試聴用にセットされていました。
試聴のゆったりしたチェアが何台も並んでいて、たぶん休日は混みあっているんじゃないかと思いました。
ヘッドフォンは、ゼンハイザーのHD800で聴くことにした。
これは、次に狙っている機種。
いやあ、素晴らしくて震えが来ました。

あとは値段と在庫の確認。
前夜にアマゾンで166,000円だということは確認している。
提示された値段は、それよりも下回っていた(Good!)
在庫は、1台だけあるという。

もう、ここで買っても良いという気持ちだったが、いちおうヨドバシカメラ秋葉原に回った。
「P-1u」は展示されていて、値段もポイントを考えれば、まあまあといったところ。
だが、在庫が無いという。係員がメーカーに電話してくれたが、メーカーにも在庫なし。
なので、いつ入荷になるか見当つかないと云う。

あわてて、「ダイナミックオーディオ5555」に飛んでいって購入しました(笑)

で、今日届いて、さっそくセットして聴いています。

いまレイアウトをあれこれ考えていて、とりあえず乱暴だけれどSACDプレーヤーの上に置いちゃいました。
110108luxman01.jpg


厚さは薄いが、幅と奥行きは、まったくマランツと同じ。
110108luxman02.jpg


中央に「LUXMAN」のロゴが輝いてます。
110108luxman03.jpg


「P-1u」は、パラレル・プッシュプル構成の強力なパワートランジスターによる純A級2W/8Ωのハイパワー回路に加え、Luxman独自の高音質帰還回路ODNFを採用しています。
ハイファイアンプでは特性を改善するために、出力の一部を入力側に戻す(フィードバックする)仕組みを持たせますが、LuxmanのODNFはこのフィードバックを出力の歪成分だけに限定することで、その仕組みが持つ、初期反応の遅れや帯域による音色の不統一感などの短所を一蹴してしまうもの。歪以外の音声信号にはフィードバックがかからないため、音楽の立ち上がりの遅れが無く、低音域から高音域までタイミングと音質が揃ったスムーズな出音が特徴です。

聴いて、やはり分解能が抜群。各楽器の音がいままでより鮮明に。そして「静寂感」が増した。
音が「浮いて」聴こえる。音の立ち上がり、消えが速いから、そう感じるのだろう。

微細でデリケートな演奏表現を、とことん感じ入っています。
綺麗な音ですね。素晴らしく自然に、癖がなく、クリアサウンドを響かせてくれています。

今いろんなCDを引っ張り出して、いろんな音を確認していますが、楽しくてたまりません(笑)


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちわ

ヘッドフォン・アンプのご購入、おめでとうございます。それにしても、16万円強のヘッドフォン・アンプですか、すごいですね! 私もヘッドフォンアンプは持っていますが、大昔に雑誌の記事を元に作ったものですので、かかった費用は、多分、1万円程度だったと思います。ただし、私は外ではmp3プレーヤー+ヘッドフォンですが、家ではスピーカーでしか聴かないので、そのヘッドフォンアンプはほとんど使用していませんが。

それにしても、真空管アンプを含めて、A級アンプって、気分的にいいですよね。ただし、B級やD級アンプとは異なり、常に最高電力を使ってしまうので、省エネにはなりませんが。私が使っているエレキットの真空管アンプは勿論、A級アンプですが、もう1台のマランツのアンプ、これはA級とB級が切り替えられるものなのですが、A級アンプとして使っています。

matsumoさん

コメントありがとうございます。

私は、逆にヘッドフォン派です。
ほんとはスピーカーのほうが解放感があって、
いいんですけどね。

やはりA級アンプはいいと思います。
ラックスマンのブランドも誇れるものだと思います。

真空管もお持ちなんですね。
すごい。
やはり、だいぶ年季が入ってますね。

おめでとうございます

こんばんは

新しいオーディオ機器が入ると本当にウキウキしますね。
うれしい気持ちが文章から溢れています。

夜遅くに聴いていると「うるさい!何時だと思ってるの」
と怒鳴られてしまうので、一時期検討したことがあるの
ですが、それならこっちも欲しいと目移りし、結局買えず
仕舞いです。

メタボパパさん

とても気に入って、ウキウキしてます(笑)

メタボパパさんのスピカーは半端じゃなくて、
ものすごい高級品なので、
ヘッドフォンなんて、つけてられないと思います。

ほんとは、そういう環境とものすごいスピーカーが
欲しいです(笑)

No title

購入検討にP-1uを検索していたらこのサイトを見つけてしまい、CDデッキが自分と同じマランツのSA-15S2で思わずクスッと笑ってしまいました。初めまして。

今はSA-15S2のヘッドホンジャックにBeyer T1を直刺しで使っています。SA-15S2とP-1uの組み合わせで音そんなに違いますか。参考になります。買おうかなぁ、、

アンプの消費電力の話が出ていたのでLUXMANのサイトを見たら9W~19Wとのこと。テレビやデスクトップパソコンは普通に100W以上消費しますから綺麗な音での音楽鑑賞はずっと省エネですよ。

くろ猫さん

コメントありがとうございます。
P-1u検討中ですか。
私は、これを購入して悩みはなくなりました(笑)
だって最高峰ですからね。
これに文句言っても代わりが見当たらないという。
音場の広がりが違います。
ぜひぜひ試聴をおすすめします。
好みの音によって、やはり違いがあると思うので。

消費電力に関しては、いかんせんヘッドフォンという
小さいものを動かすわけですからね。
当然ですよね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop