ブラックティ

20081124

081124blacktea.jpg

岡本勘治郎という方が作出した薔薇。

私が出た大学には園芸学部があったが、その前身の園芸高等専門学校をこの方が出ていることを知り、とても嬉しかった。
関東大震災が起こった大正12年に在学中とあるから、大々先輩である。

そして卒業後1年間、これも私の大好きな京都府立植物園に勤めている。
その後5年間フランスとイギリスに園芸の勉強のために留学する。
ここで薔薇を専門とすることに決めたようだ。
帰国後、京都伏見の桃山に「桃山花苑」を開設する。

第二次大戦後、京阪電鉄にバラ園の開設を任され、「ブラックティ」や「高尾」など、現在もなお栽培され続けている人気品種を作出した。

「ブラックティ」は、1973年に発売されると同時に若い女性を中心に大人気となり、現在も切り花として花店で購入することができるロングセラーである。

岡本勘治郎さんは、バラの系統と歴史を解説した「実際園芸」に連載記事「薔薇の研究」を書いたが、
私が敬愛してやまない「ミスターローズ」鈴木省三さんも、これを読んでバラ育種への想いを駆り立てられたとあった。




スポンサーサイト

コメント

こんばんは♪ お久しぶりです。

ブラックティ・・濃い紅茶色の薔薇ですね。
我が家にも花つきの悪いCLのブラックティーが1本ありましたが・・・。

北側のフェンスに植えてあったのを南西側に昨年植え替えました・・・日当たりが
ブラックティーを生き返らせました♪

今は素敵な色あいの花を咲かせてくれています(^^V)

四季歩さんは園芸学部のご卒業なのですか?

貴男の花の写真にはいつも癒されています。
どうもありがとう。

ありがとう

薔薇爺さん
ブラックティ、生き返ってなによりですね
(嬉)
そういうのは嬉しいですよね。
薔薇のほうも嬉しかったと思いますよ。

私は工学部でした。
クラブで園芸学部の人とも一緒でしたね。

アールグレイさん
喜んでいる人がいるのは、
とても励みになります。

これからも、できるだけアップして
いきますね。

四季歩さん、こんばんは!

遅ればせながら出張、お疲れ様でした。
私の友人の子は、そのミスター・ローズの母校に通っています。
その高校にはバラ園もあって、PTAのバラの同好会もあるそうですよ。
そのバラ園、ちょっと見てみたい気もするけれど・・・

バラ、植え替えの時期になりましたね。
ふー、大変だわ。

そうきちさん

ありがとう。

その話は、私も本で読みましたよ。
PTAの方が、毎年手入れをしている様子が
書かれていました。
ミスターローズも参加していたそうですよ。

来年の喜びのために、
植え替え頑張らないとね(笑)
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop