群雄割拠/女子カーリング

20110214

昨日、カーリングの全日本最終日の結果を知って驚いた。本橋麻里(24)が主将を務めるロコ・ソラーレ(LS)北見(北海道)か、チーム青森だと思っていたら、長野代表の中部電力が優勝!
私が育った土地は軽井沢の隣町。したがって軽井沢にはすごく愛着がある。
その軽井沢に長野オリンピックの時に会場となった立派なカーリング場がある。しかし、今までチーム青森の牙城を崩せず長野のチームが優勝したことは無かった。
それだけに、ついにやったかと、うれしくて仕方ない。

まずは中部電力が決勝で勝ったシーン。
“美しすぎるカーリング選手”市川美余(21)が、会心の一撃を生んだ。3―3の同点で迎えた第8エンド。サークル内に中部電力のストーン3個がひしめく中、V6を狙うチーム青森・山浦麻葉(26)=村上新町病院=のラストショットは、中心にピタリと止まる第1ショット。このピンチにサード市川がラインを読み切ると、スキップ藤沢が青森の第1ショットだけをはじき出すミラクルショットを決め3得点。試合を決めた。
110214carling02.jpg


110214carling03.jpg


110214carling04.jpg


 読みが当たりVを呼び込んだ市川は「接戦続きで(大会が)早く感じた」と端正な顔立ちから笑みをこぼした。力強いガッツポーズを決めた藤沢も「余計なことを考えず投げた。優勝できてうれしい」と笑った。
 中部電力カーリング部は09年4月に創部。同年8月に現メンバーが結成された。
軽井沢町出身の市川美余(21)と佐藤美幸(21)、清水絵美(20)を勧誘。2年連続でジュニア世界選手権代表に選ばれた北海道北見市出身の藤沢にも声をかけた。
4人全員が社員。市川と清水は上田営業所、佐藤と藤沢は佐久営業所で事務職に就く。
通常は午後5時に社業を終え、軽井沢の練習拠点で連日2時間。大会2か月前の強化期間は一日4時間の氷上練習で鍛えた。また、昨年10月にはカナダへ1か月間の武者修行。7勝14敗と負け越したが、その経験を今回生かした。

新旧交代が女子カーリング界に訪れた。前回3位で平均年齢20歳の中部電力が、バンクーバー五輪代表3人を擁するチーム青森に快勝。今秋のパシフィック選手権代表の座をつかんだ。

トリノ、バンクーバー両五輪代表の本橋麻里(24)が主将を務めるロコ・ソラーレ(LS)北見(北海道)は、準決勝でチーム青森に6―8で敗れるなど3位。
110214carling01.jpg

 準決勝でチーム青森に敗れるなど3位に終わったLS北見・本橋の言葉に、暗さはみじんもない。「10試合戦ったが、悔いの残る試合はなかった」。昨年8月に新チーム結成。本橋以外の4人中3人が昨年の北海道選手権優勝メンバー。その実力を発揮し1次リーグは7戦全勝。しかし決勝トーナメントは「メンタル面の強さが順位の1、2、3位に表れた」と本橋は冷静に分析した。

チーム青森の近江谷も健在だ。
110214carling05.jpg


で、中部電力、チーム青森、ロコ・ソラーレ(LS)北見の3強ということになるのだが、次回オリンピックということになると、ここにもう一つ強力なチームが存在する。

札幌国際大のチームだ。
カーリングに詳しい人なら、「常呂高校」と言えば、あのチームかと思い出すはず。
一昨年、昨年と日本選手権の決勝でチーム青森を苦しめた。特にバンクーバーオリンピック出場がかかった昨年の試合は延長までもつれ込んだ末に敗れている。

このあいだ、スポーツ大陸「絆を信じて」という番組で取り上げていた。
4人は小学生の頃からカーリングを始めチームを結成し、中学になって1人入れ替わって、現在まで同じメンバーで活動している。
中学からずっと一緒の常呂高校(北見市常呂町)のメンバーの4人が、そろって札幌国際大へ進学し、既に世界の大会で活動している。
彼女達がここまで力をつけたのはコーチの小林さんの存在が大きい。中学のときに強くなりたくて彼女たちがコーチを頼んだ人だ。やっぱりいいチームにはいいコーチがいるんですよね。
大学のほうも、常呂高校チームの小林博文コーチを専属の技術指導員として委嘱し、同大のスポーツ人間学部の教員らも協力して指導している。
結果は着実に出している。
・ユニハーシアード日本代表選考会優勝
・日本ジュニアカーリング選手権優勝
番組では、ハイライトだったパシフィック・ジュニア選手権大会決勝で、韓国を破った10エンドの逆転のスロー。
緊張感たっぷりの一投でした。
逆転のスローは、自軍のストーン(青)をはじいて相手のストーン(黄)に当て、相手のストーンを外に出すというもの。
それが実現して、飛び上がって喜ぶメンバーたち。
110214carling06.jpg


110214carling07.jpg


番組では、明るくカーリングを楽しんでいる大学生の女の子と試合でのこの勝負強さのギャップ。
小さい頃から見ている小林さんが選手を信じ、優勝した時に浮かべた涙。
実にいいチームなんですね。
そして、スキップの吉村紗也香を筆頭として、4人ともかわいらしくてこれは間違いなく人気が出そう。
華のあるチームです。


ということで、4強です。
そして、それぞれのチームに、華となる人がいて・・・・・・

カーリングは、ものすごく面白くなってます。

それにしても、全日本選手権、どうしてテレビで放送しなかったのか理解に苦しむ。
去年、あんなにカーリングに沸いたのに。



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちわ

なるほど、中部電力の4人は、会社の仕事の後に練習ですか。やはり、こういうのがアマチュア・スポーツだと思います。昨今は、会社に席を置くが、実際は仕事をせずに、スポーツだけをやっているのではと思う人達が大部分ですので。

テレビの件は、昨今のつまらないバラエティ番組のことを考えると、あってもおかしくはないと思いますが、問題はスポンサーが付いて、ペイできるかですね。いっそのこと、カーリング協会?あたりが、自主的にインターネットTV中継でも行えばと思います。家庭用のTVカメラを3台ほど据え付けて、画面切り替えで行えば、それほど、費用がかからなくて実現できると思いますが。

matsumoさん

コメントありがとうございます。

本当に、メジャーでないスポーツの選手は
大変です。
まあ、自分の好きなスポーツを続けられる
のが、何より励みなんでしょうね。

放送は、おっしゃるように、これから
どんどん変わると思いますね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop