大丈夫か心配

20110312

ついに恐れていたことが起こった。
福島原発で爆発。
すでに放射能漏れは云々されているが、大事に至らないで欲しい。

原子力の安全については危惧していた。
いままで、政府・行政、電力会社が「原子力は絶対安全」とキャンペーンを展開するたび、本当かなと思っていた。
電力会社は営利企業である。
原子力利用を「絶対安全」にするため、コスト高にあえぎ、会社がつぶれそうだ、という話を聞いたことがあるだろうか。
「原子力施設」を本当に不沈艦にこしらえていたのだろうか。
これは、私のように企業で働いた経験があれば、すぐにわかることである。
ましてや、現代は非常にシビアな世の中である。
「絶対に安全」なんて望めるべくもない。
サルでもわかることである。

今回の震度は、想定外なのだろうか。
海岸に建てていて、津波は想定外?

「絶対に安全」と豪語するなら、今回のレベルは想定内のはず。

また、何らかのシステムに携わっていた人なら、システムの安全がいかにもろいのか知っているはず。
強固に構築したシステムでも、ボルト一本で、もろくも崩れることがある。

政府・行政の責任は重い。
営利企業の言う「原子力は安全」を鵜呑みにして、その上にアグラかくなんて、目下のほか。

原子力の「万一の事故」というのは悲惨なのだから、
原子力施設の立地条件を厳しくし、近くに人が住まないようにするのは、政府・行政の責任なのだと思う。


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちわ

原子力発電は見掛け上(見掛け上と言うのは、廃炉になった後の管理を考えないので)、安いので使っているのだと思いますが、このテイタラク、あまりにひどいですよね。その上、政府とか、原子力保安院は、わかっていることの1割程度しか発表していないようにみえますし、発表も遅すぎです。例の中国漁船(実際は漁船ではなく、中国政府の船のようですが)事件の発表を思い出させる対応です。その上、今は3号機もおかしくなっているようですし。そもそも。水素爆発と言っても、その水素がどこから来たのかと考えると、普通、原子炉容器から漏れてきたと言うしかないですよね。それを全く説明しませんし、また、記者達からの質問も無かったと思います。それにしても、冷却に時間がかかりすぎる感じがしますが、おそらく、ウランの核分裂を終了させても、燃料棒には他の放射性元素があり、これが発熱を続けているのでしょうね。これについても全くの説明が無いから、全く訳がわからない状態になっています。

また、明日からは各家3時間程度の停電を実施するとか。まずは、パチンコ屋、カラオケ屋、遊園地、新宿歌舞伎町等の遊戯・娯楽施設は24時間停電等、生活に直接関係ない施設から始めるべきだと思いますが。

それにしても、現在はデータサーバ等、止めたらその後大変になるものが多数、動いていますので、管理者、大変でしょうね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。

こういう場合の鉄則は、情報開示を早くということですよね。
疑心暗鬼がいちばんいけないと思います。

まあ、いままでの国会運営から見て、
期待するのが無理かもしれませんが。

でも、被害に合われた人は、やりきれないですよね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop