高尾山薬王院火渡り祭に参加してきました

20110313

詳細な記事は、拙ホームページにあります。
http://www.lares.dti.ne.jp/~taka-ino/takaohiwatarisai.html

今日、高尾山で火渡り祭があるというので、大惨事に対して気休めにしかならないかも知れませんが、火伏の行事ということで、参加してきました。

まだ、大分時間前ですが、会場にはたくさんの人が詰めかけていました。
110313takao01.jpg


行が始められるにあたって、主催者側から今回の大地震の被災者に対する鎮魂の言葉があり、参加している方全員がその気持ちで参加していたと思います。

最初にお払いがありました。
マサカリで
110313takao02.jpg


弓矢で
110313takao03.jpg


火がつけられて、まず周りを「梵天札」を差した御神輿が火の回りを廻って浄められます。
この梵天札は、この日この会場でだけ発行される「火伏せ」のお守りとして授与されます。
110313takao04.jpg


火は燃え盛ります
110313takao05.jpg


3、40分くらい燃えていたでしょうか、燃え尽きてきました。
110313takao06.jpg


火渡りのために、はだしになります。
110313takao07.jpg


先頭の行者が塩をまいて浄めて、渡りはじめます。
110313takao08.jpg


110313takao09.jpg


一般の人も大勢渡りました。
110313takao10.jpg


火渡りのあと、薬王院の大阿闍梨から祝福を受けます。
110313takao11.jpg


詳しくは、後日記事にしますが、「行」ということなので、厳かな雰囲気の中行われて、参加していて本当に浄められた心地がしました。
貴重な経験でした。
やはり、東北の大地震の被災者の方々に対する気持ちが常にありましたね。


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちわ

高尾山の方に行った際、ポスターを見ていたので、この行事が3月にあることは知っていましたが、昨日だったとはすっかり忘れていました。昨日は列車ダイヤもおかしくなっていたと思いますので(本日(3/14)はもっとひどいようですが)、思い出しても行かなかったと思います。

それにしても、この火渡り、足裏に汗が出て、それがクッションとなるので火傷しないとの話を読んでいますが、私にはとても渡る勇気はありません!

matsumoさん

コメントありがとうございました。

この日は日曜日だったので、それほど
電車はひどくなかったと思います。
私は高尾駅前まで車で行き、高尾から京王高尾山口まで
一駅乗りました。

私は、写真を撮り終わってから、ばたばたと走って渡りました。
もうねそんなに熱くはなかったですね。

No title

四季歩さん、
こんばんは!
この火すごいですね!
実は先日この記事リアルライムで見ていたのにコメントもせずに読み逃げしちゃったの。
でも、こういうのはいいと思いました。
ものすごく浄められる感じがしたっていうの、わかります。
世界中、いろんなところを旅したっていう知人が前に言ってたんですけど、「日本ほど浄まった国は無い」って。
だから(今の危機的状況も)私はだいじょうぶなんじゃないかと思っています。
先日は「日本にはまだ天祐がある」っていうメールがきました。
こういうの、外国人にはわからないでしょうけど、日本人にはそれだけで通じてしまうものがある、と思いませんか?
早く危機的状況を脱したいですね。

そうきちさん

コメントありがとうございます。

そうなんですよね。
私も、つくづく思うことあります。
清浄な国だなあって。

今回も、海外の諸国で称賛されているらしいですね。

これで、世界もまた日本を見直してくれるかな。
そして、早く復興に向けて頑張っていきたいですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop