ピンク・サマースノーとあれこれ

20110317

私は、あえてブログの活動を続けます。
被災地以外の人間は、元気に活動して被災地をバックアップするべきだと思うからです。


今日は、阪神大震災に遭った女性トラック運転手、森本佳代子さんの話を届けます。
森本さんは、仕事でトラックを運転していましたが、
姫路からの帰り路、助手席の二歳の男の子にミルクを飲まそうと、
高速を下りたとたんに地震にあい、
命拾いをしました。高速を直進した仲間のトラックは
落ちた高速道路で即死。

死体やケガ人を運び、夕方に疲れて工場街に入ったら、
おおぜいの人におにぎりや水をもらい、生き返ったという。
自宅で一休みした森本さんは命拾いした自分に、
何かできることはないかと考え、
服や下着八百万円分を買ってトラックで被災地に配ったそうです。
はいていた靴も小学生の女の子にあげ、
帰り道のトイレにはだしで入ったそうです。

阪神震災後の森本さんは、
震災後10年にわたり、救援活動を続けました。
その様子が、映画やテレビ番組始め、新聞や雑誌によって報道され、
体験を聞かせて欲しいとの声に、救援活動のカンパ集めとして、
各地で講演活動をしました。
また、高校英語教科書に取り上げられたことから、
震災を知らない世代にも少なからぬ反響をを呼び起こしました。

そして、ボランティア団体を作り、被災者の中でも、
高齢者の独居世帯の人達の為に、
電話による緊急通報システムを1500台設置しました。
今は700台に減っていますが、
今も数人のメンバーが24時間体制で待機しています。
その費用は、森本さんの講演などによるカンパ集めが欠かせないとのことです。

震災当時幼かった高校生達が、
教科書によって震災の悲劇と森本さんの活動を知り、
その感想を綴った手紙を全国から寄せるようになり、
その中からクリスマスに被災者へ贈るクッキーを焼く運動が拡がり、
今も心を込めて焼かれたクッキーが森本さんの元へ届けられています。
 このクッキーはカンパのお礼としても使われて、講演の席などでは、
被災者と支援者をつなぐ、心の架け橋となっています。

以上、森本さんのブログより、要約。


これからは、私のショボイ個人の話(笑)
今日の計画停電は12時20分から。
暖房がないため、日の当たる場所で過ごしました。
久しぶりに「太陽のめぐみ」を実感しましたね。とてもポカポカと暖かでした。

昨日、カミさんに頼まれ買い物に出て愕然としました。
スッカラカンの棚が多い。
お米、ティッシュペーパ―、ろうそく、電池などなど
たぶん「明日は我が身」の不安からでしょう。
その気持ちはわからないではないですが、
被災地では、一日にオニギリ一個でしのいでいるケースも多いです。
こちらで、あまりに買い占めたら被災地に回らなくなる心配があります。
みんなで、ちょっとずつ我慢しても、結果は大きく変わるでしょう。

助け合い、思いやりの心が大切だと思う。


ピンク・サマースノー

110317summer01.jpg

系統  ClF クライミングフロリパンダ
作出年 不明  
作出国 日本
作出者 伊丹ばら園
花色  淡いピンク
花径  中輪
香り  微香
開花性 一季咲き
樹形  つる

とげの少ない人気の白バラ「サマー・スノー」の枝変わりで、ピンク色の花を咲かせます。
花色は徐々に淡くなり、満開の時は2色の花が入り乱れて咲いているかのように見えます。
「サマー・スノー」と同様の性質をもち、初心者でも育てやすい品種です。

これは2001年に、今は無き「向ヶ丘遊園」で撮ったものです。
そのとき表示されていたのが「サマー・スノー」でしたが、今回調べてみるとサマー・スノーは純白ですね。
110317summer02.jpg


私が撮ったのは「ピンク・サマースノー」が正しいようです。


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちわ

森本さんの話は初めてききましたが、素晴らしいですね!! 政治家達に読ませてあげたいです。

私も昨日、久しぶりにコンビニに入ったら、パンやおにぎり等が全く無いのには唖然としました。また、本日は家の近所のガソリンスタンドに給油待ちの車が10台位待っていて、それがガソリン輸送車待ちのようでした。

向ヶ丘遊園は、大昔はミス・インターナショナル等のモデル撮影会があったので、よく行きました。勿論、バラ園にも行きましたし。あのバラ園、現在は川崎市立?のバラ園になっており、昨年、撮影に行きましたが、昔より面積も広くなっており、また、形式と言うか、設備というか、ともかく、以前と大きく変わっていました。なお、入場料は無料でしたが、開園が10時半だったか、ともかく、ものすごく遅いのには参りました。

matsumoさん

コメントありがとうございます。

向ヶ丘遊園は、薔薇の写真を撮りはじめて
神代植物園に次いで、2番目に行ったところだから。
どんなふうに残っているのか、
今年はぜひ行ってみます。

ありがとうございました。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop