秩父・清雲寺の枝垂れ桜

20110402

埼玉県秩父市荒川上田野690、2008年4月5日撮影
エドヒガンザクラ、樹齢600年

深い山間にある奥秩父・荒川村。その東南、秩父札所二十九番長泉寺の近くにある清雲寺には、県の天然記念物に指定されているシダレザクラがある。 
現在、清雲寺は住職のいない寺であるが、境内に咲くこのシダレザクラを目当てに訪ねる人も多い。ちなみにこのサクラは清雲寺を開いた梅峰香禅師が植えたものと伝えられている。 
樹齢約600年と古く、最近ではやや樹勢に衰えが感じられるが、数十メートルにわたる枝張りにはやはり目を見張るものがある。銘桜として誉れ高いだけあって、満開時にはまるで花の傘を広げたような優雅なたたずまいを見せる。
奥秩父の山寺で静かに時を刻みつづける老木は、銘桜の名に恥じない枯れた味わいだ。
また、この寺の境内には桜が多数植えてあり、いろいろな桜が咲き誇っている姿は圧巻。

お寺に入っていくといろいろな桜が咲いているが、やはりお目当ての桜は風格があり、すぐに分かる。

全景
140217thithibu01.jpg


下から見上げると、ほんとうに花笠のようだ。
140217thithibu02.jpg


140217thithibu03.jpg


140217thithibu04.jpg


やはり樹齢600年というのは、堂々たる幹を見て納得。
140217thithibu05.jpg


盛んに咲いている部分は、まるで無数の花あられ。
140217thithibu06.jpg


ふりあおぎ、花傘に包まれる。
140217thithibu07.jpg


お寺全域が見事に、優雅な花衣に包まれている。
140217thithibu08.jpg


お地蔵さまも笠に覆われて幸せそうだ。
140217thithibu09.jpg


紗のベールが見事に下がっている。
140217thithibu10.jpg


奥秩父山峡の春景色。こんな景色を眺めていると、ほんとうに癒される。
140217thithibu11.jpg


140217thithibu12.jpg


おまけ
清雲寺で桜を撮り終わり満足して帰途につき、のんびり車を走らせていたら道端にカメラマンが並んでいた。
何だろうと思って車を止めると線路の脇。「ははあ」と思って私も撮ることにした。
熊谷と秩父の間を、土日だけSLを走らせているのだ。

おかげで桜とSLの、良い取り合わせの写真をゲットすることが出来た。
140217thithibu13.jpg


140217thithibu14.jpg


やはり煙がすごいね。石炭の匂いが懐かしかった。
140217thithibu15.jpg



櫻行脚トップページ(桜の一覧)には、下記クリック
http://www.lares.dti.ne.jp/~taka-ino/sakuratop.html




スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちわ

秩父34観音は全部まわったことがありますが、多分、清雲寺は行ったことがありません。ホームページの方も見せていただきましたが、境内全体が桜色に染まって、中々、良さそうな感じのお寺ですね。

行きたい感じはしますが、現在の計画停電の状態では、秩父まで行っても戻って来られないこともありそうなので、残念ながら恐くて行けそうもないです。来年に期待です。

matsumoさん

コメントありがとうございます。

すごいですね。
秩父札所を全部回ってしまったなんて。
さぞ、良かったと思います。

今週あたりの感じでは、停電は大丈夫ではないかと
思います。

ですが、不安は残りますよね。
仕方ないですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop