高麗・聖天院の桜

20110414

4月6日のことですが高麗神社のあとで、すぐ近くの聖天院に行き高麗王若光の墓にお参りしました。
聖天院は、高句麗から渡来した高麗王若光の菩提寺として高麗川の左岸に建立された寺である。寺伝によれば、若光に従っていた僧の勝楽が、若光の冥福を祈るためにその念持仏だった聖天歓喜仏を本尊とする寺院を建立しようとした。だが、完成をみないで天平宝字3年(751)に没してしまったので、その後弟子の聖雲(若光の第三子)らが、勝楽の遺志を受け継ぎ一寺を建立した。

門前には、やはり将軍標(チャンスン)があります。
110414seiten01.jpg


立派な桜が門前に咲いていました。これは後ほど。
110414seiten02.jpg


風神、雷神の居る雷門です。
110414seiten14.jpg


110414seiten03.jpg


110414seiten04.jpg

雷門をくぐって入っていくと、石段に「これより有料」とあります。
この辺には珍しく拝観料を取るんですな、この寺は。

今日は高麗王若光の墓参りが目的なので、ここを右に行きます。
聖天院の境内なのか境内でないのか知りませんが、高麗王若光の墓には自由に行けます。
110414seiten06.jpg


110414seiten07.jpg


廟の中に、ほんとに小さい韓国王朝の人形が置かれていました。
かわいい。
110414seiten08.jpg


門前の桜は「ひがん桜」ですね。
110414seiten09.jpg


110414seiten10.jpg


110414seiten11.jpg


110414seiten12.jpg


桜の根元に、高浜虚子の句碑がありました。
110414seiten13.jpg

  山寺は 新義直言 ほととぎす



櫻行脚トップページ(桜の一覧)には、下記クリック
http://www.lares.dti.ne.jp/~taka-ino/sakuratop.html






スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちわ

「あれ、聖天院、有料だったっけ」と思って、ブログを調べてみたら、行ったのは2009.9.16で、私も有料区域には入らず、遠くから、高い場所にある建物を撮影しただけでした。

それにしても、寒桜の大木、綺麗ですね! 染井吉野よりもピンク色の分、余計に綺麗に見えると思います。




matsumoさん

コメントありがとうございます。

聖天院にも、来ておいでなんですね。
やはり有料の場所には入らなかったんですね
(笑)
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop