第5番日吉不動尊金蔵寺/関東三十六不動めぐり

20110519

昨日、ここにお参りしました。
関東36不動のガイドブックに載っている地図では心もとなかったので、グーグルマップを印刷してきたので迷わずにすみました。
さすが慶応の最寄駅。駅の辺は学生ばかり目立ちます。
東横線「日吉」駅から歩いて7,8分でしょうか。

この寺は、弘法大師の甥にあたる天台宗第五代座主・智證大師円珍和尚が東国教化の途中、当地に立ち寄り、地形の比叡山に似ることを機縁として一宇を建立したのに始まる名利である。
円珍はさらに自ら大聖不動明王の御尊像を刻んで中心となる堂に安置し、比叡山と同じく日吉社(山王社)を勧請してその鎮護となした。こうして堂宇を建立し、不動明王を御本尊とする寺院を開基したのである。
「日吉」という当地の地名も、このとき金蔵寺の鎮守として円珍が勧請した日吉社に因むという。
 古来「東三井寺」或いは「新三井寺」と称され、鎮護国家祈願の勅願寺であった。
110519konzou01.jpg


入口から境内に入ると、右側に派手な水天堂があります。
柱には竜、4面の破風には、このような獅子、獏の彫刻がある。
110519konzou02.jpg


110519konzou03.jpg


本堂の前にも派手な灯篭があります。そこには、「一隅を照らす」と書かれていました。伝教大師最澄の「一隅を照らす、これすなわち国宝なり」という言葉からですね。
110519konzou04.jpg


110519konzou05.jpg


本堂に向かいました。鐘と一緒に大念珠が下がっています。
本堂にお参りしたあと、奥さんのお奨めで、大念珠も回してお祈りした。
110519konzou06.jpg


御朱印を頂こうと思い、庫裏に行くと住職の奥様らしき人が本堂を開けてくださったので、本堂でお参りをさせていただく。
本堂には、釈迦三尊、不動明王そして寿老人が祀られている。
また、お堂には不滅の法燈があると聞いていたので、どれがそれか教えてもらいお参りしました。
比叡山延暦寺の開山時に最澄が灯した一筋の炎が伝わっています。
110519konzou07.jpg


110519konzou23.jpg


それから奥様にことわって、自由に境内を見て歩いた。
「六地蔵」も立派な建物に祀られていた。
110519konzou08.jpg


関東地方には珍しいキリシタン燈籠。江戸時代初期のもので、織部燈籠とも称する。
高さ1.5mもある大きなもの。
110519konzou09.jpg


本堂左にある弁天堂。ガイドブックによると、横顔に毘沙門天と大黒天の顔を持つ三面弁財天が祀られている。建物の彫刻がすごい。
110519konzou10.jpg


110519konzou11.jpg


110519konzou12.jpg


110519konzou13.jpg


弁天様と龍。繋がりは分かりませんが、この辺りの農業の豊作祈願(雨が降り、日照りを防ぐ)のためでしょうか?

更に奥に進み、奥の院に向かいます。途中にいろいろと祀られている。
110519konzou14.jpg


日吉山王権現
110519konzou15.jpg


土地の人が奉納した不動明王
110519konzou16.jpg


それから、もうちょっと山道を登っていくと、奥の院。
110519konzou17.jpg


110519konzou18.jpg


奥の院にも不動明王が祀られていました。
110519konzou19.jpg


奥の院がある山頂の辺は、樹が立て込んでいてほとんど見通せなかった。
110519konzou20.jpg


境内に降りてきて、本堂前の松に「横綱武蔵山の遺愛の松」とあるのに気づきました。
調べてみると、昭和10年横綱武蔵山が四国巡業で記念に四国のマツを持ち帰った4本のうちの1本。隣が武蔵山の実家だそうで、金蔵寺に寄進したものだった。
110519konzou21.jpg


45貫目の「ちから石」がありました。 168.75kgあります。
今でいうウェイトリフテイング。境内に力自慢が集まって力くらべをしたのでしょうか。
ツルツルの石だから、大変だ。
110519konzou22.jpg



あれっと思ったのは、御守や授与品をお見かけしなかった。
向かいに幼稚園を経営していたし、普段はお堂が閉まっているみたいなので、完全に檀家寺でしょうか。
三面弁財天(三面弁才天)の御影札など授与したら、きっと全国的に人気が出そうな気がしますが・・・・

スポンサーサイト

コメント

No title

ずいぶん立派なお寺ですね。
こんなに立派なのに参詣するひとが殆んどいないのですか?勿体ない感じです。四季歩さんみたいな趣味のひとがたくさんいるといいのにね。

派手な水天堂や灯篭、弁天堂などは中国?っぽいけど、奥の院のほうは素朴でいいですね~。

日吉って

こんにちは。

日吉って、あの東横線の日吉ですよね?
徒歩7~8分でこんなに閑静な場所があるんですか!?@@;;
私の中では、緑に包まれた石畳の写真がツボです。
一日中すごしてもいいような気がします。。。

No title

四季歩さん、こんにちわ

中々、良いお寺ですね。彫刻が多いのが気に入りました。特に弁天堂の彫刻は素晴らしいですね。

弁財天と龍の関係ですが、弁財天は古代インドでは川の神で、龍は川の流れのイメージから神の使いと考えられていたので、水と言うくくりで共通しているようですね。ですから、九頭龍財財天や白龍弁財天なんて言う神様もいらっしゃるようです。

コメントありがとうございます

Jさん
そうですよね。
特に「不滅の法灯」、めったにお目にかかれません。
このお寺ができたときには、東の三井寺との位置づけ
だったことを考えると、もっと・・・・
と思いますね。
かなり派手なのは、中国の神仙思想みたいなのが
入ったのでは。

渡 章魚禰(たこ)さん
そうですよ、あの日吉です(笑)
慶応の。
ちょっと奥に入ると、わりと高級な住宅が
並んでいますね。
そうですね、裏山がいい感じですよ。

matsumoさん
こういうの、お好きですか。
最初、権現作りかと思ったんですが、
違いますね。
中国とか、タイとか。
そういう感じが濃いですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop