ドラマ「テンペスト」

20110718

BSプレミアムで、琉球王国を舞台にした「テンペスト」の放送が、17日の夜から始まった。
沖縄出身の作家・池上永一さんの小説が原作だが、これを読んでとても面白かったので記事にしている。
http://tamtom.blog44.fc2.com/blog-entry-624.html

ヒロインの真鶴/孫寧温(そん・ねいおん)を、沖縄出身の仲間由紀恵さんが演じている。
舞台の「テンペスト」も仲間由紀恵さんが演じているし、やはりぴったりきている「はまり役」だと思う。

楽しみなのが、中国宦官で悪役の徐丁垓に・・・・まさかのGACKT(ガクト)である。

徐丁垓は原作ではかなり下品で悪いヤツだが、GACKTが演じるとどうなるんだろう。
最近テレビに出まくりで、この役を語っているが、上杉謙信役の役とは違い、この悪役を楽しみに演じるようだ。
とても楽しみではある。

第1話は、19世紀の琉球王国、嵐の中で生まれた女の子は、男児を望んだ父親に名前を与えられず、自分に「真鶴」と名付ける。成長した真鶴(仲間さん)は、孫家復興を願う父親とその期待の重さに逃げ出した義兄のために性を偽り、「寧温」として、男性だけに許された王府の官吏登用試験を受け、見事合格する。尚育王(高橋さん)は、聡明な寧温に信頼を寄せ、王府の財政改革を命じる……という展開だった。

見ていて、沖縄の真っ青な空と海。首里城の赤。首里城を飾る龍。
好きな沖縄が舞台だから、それだけでも見ていて楽しかった。
本を読んでいても、とても楽しく見れたから、このドラマ作りは成功していると思う。

これから、毎週楽しく見れそうだ。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop