富山に帰省

20110809

8月6日から8日、富山に帰省して、金沢などで遊びました。
帰省はいつものルート。大宮→上越新幹線→越後湯沢→特急「はくたか」→高岡。
ところが!
かなり以前に切符を取っておいて安心していたら、6日に大宮で新幹線に乗ったときに、越後湯沢からの特急「はくたか」が、7/30の豪雨で六日町で不通となっている旨アナウンスがあり、真っ青(汗)!?
幸い、特急「はくたか」が長岡始発に変更されているので、そのまま新幹線で長岡まで乗っていけば、特急「はくたか」が待っているから、と車掌の説明でホッとした。
高岡に25分遅れで15:20に到着。長岡経由と大回りになったが、さほどの遅れでなくて良かった。
が、帰りは確保しておいた新幹線には間に合わないため、高岡駅で8日帰りの新幹線、長岡からのキップを取りなおした。
直後の新幹線は、既に満席。次の新幹線が席は飛び飛びだが確保できて助かった。

高岡駅前で、レンタカーを借りて、まずは高岡で「おばあちゃん子」だったカミさんの祖母の墓参り。
それから福光の実家に向かう。

この辺は、「散居村落」
富山県のパンフレットから。
110809toyama01.jpg


左が我が家。「かいにょ」と言って大きな樹で周りを囲んであり、夏でも庭は日陰なため、わりと涼しく過ごせます。
散居村落のため、隣の家が100mくらい先。
110809toyama02.jpg


無住にしているので、まずは家の無事を確かめる。
親戚が会席料理に使用したいというので、半分を貸していて、そのため普段も家に風は通っているのでまあまあ大丈夫です。
で、そのあと家の墓参りをして、この日は終了。
カミさんの母親のショートステイに預ける時間が10時で、それから出て来るので、一日目は移動と墓参りだけで終わります。

家に泊まろうとすると、掃除が大変なので、家には泊まらず(汗)
ホテルに泊まるんです(笑)


二日目、8月7日。
まず、久しぶりに瑞泉寺に行きたいという娘の希望で、車で20分ほどの井波に。

瑞泉寺は、真宗大谷派の寺院で、東本願寺の「井波別院」です。
明徳元年(1390)本願寺第5代綽如上人が後小松天皇勅願所として開基しました。

戦国時代には、上杉謙信、織田信長も手を焼いた、加賀、越中一向一揆の本陣となったため、伽藍は堅牢な石垣に囲まれています。
また、瑞泉寺の建物の彫刻は、瑞泉寺が立てられる際京都から彫刻師を呼び、その指導で各所の彫刻は井波の職人が彫刻したため、木彫刻工業が盛んな街になっています。

入り口の堅牢な石垣
110809toyama03.jpg


110809toyama04.jpg


勅使門があり、格式の高さがわかります。
110809toyama05.jpg


勅使門の有名な彫刻、「子落としの獅子」
110809toyama06.jpg


山門もデカイ
110809toyama07.jpg


山門の、竜の彫刻
110809toyama08.jpg


仙人の彫刻
110809toyama09.jpg


山門の二階(絵葉書から)
110809toyama10.jpg


本堂も大きい
110809toyama11.jpg


境内は広くて落ち着いています。
110809toyama12.jpg


本堂の回廊
110809toyama13.jpg


向背手挟の彫刻
110809toyama14.jpg


大蟇股の彫刻「牡丹に獅子」
110809toyama15.jpg


本堂と太子堂の間
110809toyama16.jpg


太子堂の回廊。太子堂も大きい。
夏の伝統行事として、聖徳太子絵伝の絵解き説法で有名です。
110809toyama17.jpg


「獏」の彫刻
110809toyama18.jpg


この日は、いい空でした。
110809toyama19.jpg


門前の町を散策
110809toyama20.jpg


彫刻師のお店が並びます。
110809toyama21.jpg


立派な看板
110809toyama22.jpg


若い職人さんが「菅原道真公」を彫っていました。
5月の節句に飾ります。
また室内に、彫刻作品が並んでいます。
ここには、彫刻の日展作家が沢山いるのです。
110809toyama23.jpg


この看板もいい
110809toyama24.jpg


至る所に、彫刻が飾られている。
110809toyama25.jpg


このお店も良い感じですね。骨董品のお店でした。
110809toyama26.jpg


珍しくて、きれいな紫陽花が飾ってありました。
110809toyama27.jpg


これで、井波の散策は終わり、車で金沢に移動しました。

(次回は金沢を報告)





スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちわ。

天気、良さそうですね。その頃の都内は午後になると雷と言う状態でした。

さて、上越線の不通ですが、私は今年の夜行列車「ムーンライトえちご」は今年はどうなっているのかと思ってJR東日本のページをチェックした時に知りました。これ以外に、只見線なんかも一部区間が止まっているようです。

以前も書いたような気がしますが、福光町は私の母の出身地です。駅からあるいて15分位の所の町中ですが、もう育った家はなく、別の人達が住んでいるようです。

井波と言えば彫刻と母がよく言っていますが、今でもすごい街みたいですね。

No title

四季歩さん お帰りなさい。
よい旅行ができてよかったですね。

私は初めてこの屋敷林(かいにょというのですね?)を見たときの感動が忘れられません。もう20年も前のことですが、夫と車で北陸地方を旅していて砺波平野でこの風景を見たのです。

緑の海に浮かぶたくさんの美しい小島、そんな風に感じました。奥様の故郷はこんなすてきなところなのですね。

金沢の報告も楽しみにしています。

コメントありがとうございます

matsumoさん
もちろん!
お母上のことで、私はmatsumoさんにとても親近感が
あるんですよね(笑)
福光はとてもいい所ですから。
それを知っているだけで、十分です。

豪雨のニュースは、大変だなとちゃんと見ていたのですが
それが自分が確保していた切符に思い及ばず(汗)

Jさん
散居村落をご存知でしたか。
とても嬉しいですね。
20年前に、車で北陸は大変だったと思いますが、
その分楽しかったと思いますね。

冬なんかは、とても寂しいんですが。
でも、良い知恵だと思っています。
前田藩の隠し領地だったために、こうなっていたようです。
我が家は、名主だったので、前田藩の書類が色々
残っています。
金沢も良かったですよ。
記事を期待していてください。

富山

四季歩さん、こんにちは!
富山は五箇山と氷見には行ったことがありますが、四季歩さんの奥様のご実家も素敵なところですね。かいにょというのはとっても素敵!私の小さい時からのあこがれは家の周りが木で囲まれていることなんですもの。

瑞泉寺や周辺の彫刻の数々にはただただすごいと感動です。今度いつ行けるかわかりませんが観光スポットに是非入れたいです。

素敵な記事をありがとうございます。

パスピエさん

コメントありがとうございます。
五箇山もいいですよね。
「こきりこ節」が最高です。
氷見は魚が美味しくて。町の中に綺麗じゃないけど
漁師さんが通ってる食堂があって、
そこの料理が最高です。

井波は、機会があったらぜひ訪ねてください。
絶対満足されると思います。

福光のご出身なのですね!仕事で一度おとずれたことがあります。夜遅くに着いて、翌日も夕方仕事をおえるとすぐに発ったものですから、町をみてまわる時間はありませんでしたが、落ち着いたいい町のように感じました。
宿のTVで町内の番組が映りまして、吉江中学校の吹奏楽部がハンガリーに演奏旅行に行った映像を放送していました。吉江中は吹奏楽の有名校で、全日本吹奏楽コンクールの常連ですよね。

ゆうさん

コメントありがとうございます。
福光は、落ち着いていていいところだと思います。
あまり名所はありませんが。
棟方志功が滞在していたので、作品が多くのこっていますが。
あと、金沢の隣町なので金沢が近いことでしょうか。
吉江中学は、カミさんの出身校ですね。
カミさんから、そんな話は全く聞いてませんでした(笑)
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop