金沢(2)

20110813

8月7日の続き。
金沢城石川門から広坂通りに戻ってくると、金沢の名産店を2軒のぞいた。
110813kana01.jpg


九谷焼、加賀友禅、加賀水引など。
私は九谷焼の風鈴を探したのだが、無くて焦った。


休みたくなったので、輪島塗のお店「能作」に入り、4Fにある甘味処「漆の実」で一服。
今年は写真を撮らなかったので、去年の写真です。
110813kana02.jpg


器がほとんど輪島塗で、とてもいい感じです。
110813kana03.jpg


元気が出たところで、去年ぶらぶらしている時に「こんなのが出来ている」と気が付いていた、「金沢能楽美術館」に入りました。
能面、能衣装などを展示しています。
110813kana04.jpg


110813kana05.jpg


能舞台の再現
110813kana06.jpg


もちろん、色々な能面が展示してあり面白かった。
110813kana07.jpg


この時は花をテーマにした能衣装が展示されていた。
110813kana08.jpg


これで、広坂通りの散策は切り上げ、ホテルにカミさんと娘を降ろして、私はレンタカーを返しに金沢駅の近くに。
ホテルは、4,5年ずっと、香林坊にある「東急エクセルホテル金沢」。なんといっても地の利が良いので他のホテルには泊まれなくなった。
歩いて行けるところに、武家屋敷町、尾山神社、広坂通り、文学館、二十一世紀美術館、県立美術館、兼六園、金沢城など。
頼んでおくと、ツインルーム2部屋を、間のドアを開放して、つなげて利用できるようになっているのもありがたい。
家族はホテルで一服したあと、すぐ近くの大和デパートの地下で土産物の買い出し。
私はレンタカーを返した後、金沢駅でタクシーに乗る前に駅ビルの中の土産物店街で九谷焼の風鈴を探して、ようよう見つかりゲット(嬉)
土産物の買い出しをしている家族に合流して私も欲しいものを。
今年は、お土産に能登名物の「いしる」で漬けた魚を買って帰りました。美味しかった(嬉)

ホテルに戻って休んだ後、近江町市場がある「武蔵が辻」の近くにある加賀懐石のお店「壽屋」で夕食。
110813kana09.jpg


110813kana10.jpg


部屋は「群青の間」の小部屋でした。壁が群青に塗られていて、落ち着いていてよかった。
110813kana11.jpg


110813kana12.jpg


加賀懐石も創作料理風で新鮮な感じがした。
110813kana13.jpg


とても美味しかったので、満足して帰ろうとすると、玄関に涼しい風が吹いていた。
110813kana14.jpg



武蔵が辻の壽屋で美味しい加賀懐石を満喫したあと、タクシーでホテルに帰る途中、思いついて尾山神社の前で降りてお参りした。
ここのステンドグラスを夜に見たかったので。
この神社は、前田利家と「まつ」の夫妻を祀っているもので、当初金沢城の東に卯辰八幡社を建て、ここに合祀したが、幕末には荒廃してしまっていた。
それを明治6年に改めて創建し、社号を尾山神社としたもの。ステンドグラスを設けた神門は重要文化財。

神門
110813kana15.jpg


神門の注連縄をくぐって本殿に
110813kana16.jpg


本殿にお参り
110813kana17.jpg


お参りしたあと、神門から帰る前にステンドグラスをパチリ
110813kana18.jpg


これで、今回の金沢の旅は終わり。
翌日8/8は、16時に介護施設にショートステイしていたカミさんの母親を引き取らないといけないので、
ホテルで朝食後、金沢駅で買いそこねた土産物を買って、10時に特急「はくたか」に乗り、新幹線を乗り継いで帰るだけなのだ。

今年も、同じような場所を歩き回ったが、2ケ所新しいところも見たし、美味しいものを沢山食べたので満足でしたね。


私のホームページの「北陸の都・金沢」も御覧ください。
http://www.lares.dti.ne.jp/~taka-ino/kanazawa.html





スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちわ

おっ、兼六園とひがし茶屋街は、今回は行かれなかったのですね。茶屋街は京都の祇園より雰囲気が良いと思いました。尾山神社は行きましたが、神門とステンドグラスには全く気が付きませんでした。

「壽屋」の「群青の間」の引き戸がいいですね。多分、風通しがよくなる作りなのだと思いますが、こういうの、初めて見ました。

No title

四季歩さんは毎年のように金沢に行けてうらやましいです。

私は一度行っただけなので、またそのうちゆっくり見て回りたいです。

お茶屋の部屋の群青とか赤とか金の壁(赤とか金とか、白秋みたいですね)が不思議としっとりしていて、金沢の文化にちょっとだけ触れたような気がしました。

あと、武家屋敷街のたたずまいも好きです。二十一世紀美術館ではランチがおいしいのですか?私はティータイムだけしましたよ。

四季歩さんはいいお店をいろいろご存じですね。食事もおみやげも旅の楽しみのひとつですものね。女性には特に。

渾然一体

こんばんは

金沢は行ったことがないのですが、伝統的な町並みの中に近代的な
建物がうまく溶け込んでいるのですね。
家族が出かけて、ニコニコしているくらいなら、一緒にこういう場
所に行くべきだったかと反省です。
もう少し、落ち着いてからかな。

コメントありがとうございます

matsumoさん
結婚して以来、ウン十年金沢に通っていますからね。
兼六園は、最初に一生懸命通ったところで、もう飽きて
(笑)
そのころのカメラはフィルムだし・・・・
ひがし茶屋街は、去年食事しました。
今年は「主計町茶屋街」か「にし茶屋街」にしようかなと
思ったのですが、いちばん良さそうなお店にしたわけです。

Jさん
二十一世紀美術館に行かれた、ということは最近ですよね。
金沢はいい街です。またぜひ行かれることを、
お勧めします。
事前の案内は、まかせてください。
結婚して以来、ウン十年金沢に通っていますからね。
良いところはたくさん知っていますよ。
武家屋敷も、私ももちろん好きです。

メタボパパさん
男は、どうしてもドライバー、荷物係り、プランナー、
下働きばかり多くなりますが、
でも、家族旅行はいいものだと思いますよ。
(笑)
そのうち女の子は、そばに寄ってこなくなりますからね。
今のうちですよ(笑)
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop