レオナール・フジタ展

20090111

090111fujita01.jpg

上野の森美術館に「レオナール・フジタ展」に行ってきた。
このあいだ会ったときに、これに行くと言ったら、
娘二人も付き合ってくれた。

「猫目のふじた」で有名な、藤田嗣治の絵は好きなほうで、
よく見ていた。

今回も「乳白色のフジタ」で有名な絵がたくさん出ていた。

題:二人の友達
090111fujita04.jpg

乳白色の地と線描で描かれた絵は、彼の独創であり、
いつ見ても素晴らしいと思う。

花が登場する絵を紹介しておこう。
題:花の洗礼
090111fujita02.jpg


今回、「レオナール・フジタ」という名での展覧会の趣旨は、
洗礼を受けてレオナール・フジタという名になった彼が建てた、
「平和の聖母礼拝堂」の紹介があったから。

内部の壁画やステンドガラスは全部藤田が描いたもので、
素晴らしいものだ。

聖母子が描かれた祭壇
090111fujita03.jpg


藤田が作った、礼拝堂の模型やら、
壁画の下絵を祭壇のように飾ってあるアトリエを再現してあったり、
壁画の下絵も沢山展示されていて、
これはぜひ、フランスまで礼拝堂を見にいきたいなと思った。


見終わって、どこで食事しようかと娘たちと話しながら歩いていて。
西洋美術館が、2月からのルーブル展準備のため休館していて、
それならば、あそこにあるレストラン「すいれん」が空いているんじゃないかと。

行ってみたら、大正解(嬉)
空いていて、のんびり食事できた。
あそこの料理は、美味しいので今までがっかりしたことは無い。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop