雅楽演奏会

20111022

昨日、皇居の秋季雅楽演奏会に行ってきました。
懇意にさせていただいているmatsumoさんに、こういうのがあるよと教えてもらい、7月に応募し
結果、見に行くことができました。
10月21日(金),22日(土)及び23日(日)の三日間で、午前10時30分開演と午後2時30分開演の日に二回です。
私は、昨日の午前10時30分からのを観てきました。

9:30開場ということだったので、9:15ころに指定の大手門に行くと、もう受け付けは開始されていて行列ができていました。列に並びながら、ふと見ると震災のときにくずれたのでしょう、櫓の白壁がかなり剥がれていました。
111021gagaku01.jpg


左の方を見ると石垣も大がかりな修復工事をしていました。
111021gagaku02.jpg


受付を済ませると、自由席なので会場までずんずん歩いていきました(笑)
会場の隣に「桃華楽堂」が見えます。あの中に入りたいなあと、いつも思います。
111021gagaku03.jpg


会場は桃華楽堂の隣の「楽部」という建物です。
(演奏会終了後退場してきて撮ったもの)
111021gagaku04.jpg


会場です。わくわくしましたね(笑)
111021gagaku05.jpg


二階のほうが良いんじゃないかと思いついて、上がりましたが回廊のまわりに1列席があるだけで、すでに満席になっていました。残念。
向かって左のコーナーのところで前から3列目。まあまあの位置が確保できました。
立派な舞台に目を奪われます。
111021gagaku06.jpg


真っ白な砂石が敷き詰められている(お白洲?(笑))ところに椅子を並べた席です。
111021gagaku07.jpg


最初は 【管絃】 で、演奏曲目は、黄鐘調音取(おうしきちょうのねとり)、喜春楽き(しゅんらく)、拾翠楽(じっすいらく)でした。

雅楽の素養のない私は、ただただ感心しながら聴いているだけでした。
これから勉強しないといけない。

次いで休憩をはさんで、【舞楽】 でした。
大陸系の「舞楽」は、左方の舞(中国系)と右方の舞(朝鮮系)に大別されるそうで、今回は、左方は「裏頭楽(かとうらく)」,右方は「長保楽(ちょうぼうらく)」が演じられました。

裏頭楽は:
この曲は,唐(618年~907年)の李徳祐の作と云われています。
唐では、百年に一度、無数の毒虫が飛来して人を害したと伝えられており、人々は錦・羅・絹綾などの布で頭を包んで(裏頭して)虫を払い、この曲を奏してこの虫を悉く駆除したことがこの曲名の由来であると云われているそうです。
我が国では天皇御元服の後宴に,あるいは皇太子元服の節会に演奏したと云われています。
この舞は,左方の四人舞で,舞人は襲装束の右肩を脱いで舞います。
111021gagaku17.jpg


YouTubeで探してみると、「万歳楽」という左方の舞が衣装が同じ、舞台も宮内庁学部で、ほぼ同じ調子の曲、同じ感じの舞なので、「こんな感じ」ということで見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=nHhl1MgAlik&feature=related

長保楽は:
「保曽呂久世利」を「破」の曲とし,「加利夜須」を「急」の曲として,一條天皇の長保年間(999年~1004年)に,この二曲を一曲にまとめたもので,その時の年号を曲名にしたと云われています。
右方の四人舞で,舞人は蛮絵装束に冠を着用して舞います。
YouTubeで探したのですが、右方の舞はまったく見つかりません。
似た衣装の画像がこれです。
111021gagaku18.jpg


装束の右肩を脱いで舞います。着物が白で筒先が赤く、きれいな装束でした。
舞も、比較的ダイナミックなもので見ていて飽きませんでした。

演奏会1時間半はアッと言う間に済んでしまいました。
宮内庁楽部の演奏会は初めてでしたが、厳かな感じで良かった。
機会があるたびに観に来たいと思いました。

演奏会が終わって外に出たのですが、今日は閉園されていて大手門と楽部をつなぐ通路しか歩けません。
園内は、まったくの無人です。
111021gagaku08.jpg


それでも、大手門までの道筋をのんびりと歩きました。
冬桜がきれいに咲いていました。
111021gagaku09.jpg


111021gagaku10.jpg


111021gagaku11.jpg


「シュウメイギク(秋明菊)」という花、知りませんでしたがなかなか良い花ですね。
この花のところに「ヒュウガミズキ」という表示があったので、そうだと思って記事に書いたら、この記事を読んだ方から正しく教えていただきました。
こういうの助かります。ありがたいですね。
111021gagaku12.jpg


111021gagaku13.jpg


松の緑が気持ちいい
111021gagaku14.jpg


中の門跡の石垣
111021gagaku15.jpg


百人番所
111021gagaku16.jpg



(了)

スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちわ

おっ、私と同じ日の同じ時間のコンサートに行かれたのですね。私は舞台に向かって右の方の後ろから3列目ほどの所に座ることができました。それにしても、人数を入れるためでしょうが、あの椅子、小さすぎますよね。もう少し大きければと思います。

曲目ですが、昨年は歌もあったのですが、今年は無かったのが残念です。それにしても、折角だったら、桃華楽堂でやって欲しいですよね。


matsumoさん

コメントありがとうございました。
ほんとに残念でした。
以前から、機会があればご挨拶したいなと
表いましたから。
あの椅子、1時間半だから、なんとか我慢できましたが。
なんとかしてほしいですね(笑)
ほんとに桃華楽堂でやってもらえたら、
どんなに嬉しいか。

偶然とはいえ

こんばんは

昨日matsumoさんのブログで拝見し、今日は四季歩さんと
日頃ブログでお世話になっているお二人が、同じ演奏を
聴かれているなんですごい偶然ですね。

引き寄せる何かがあるような気がしました。

メタボパパさん

コメントありがとうございます。
そうなんですよね。
私もびっくりしました。

これからも、仲良く盛り上げていきたいと
思っています。
メタボパパさんとも、これからも仲良く
お願いします。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop