それいけ、ジーヴス/P・G・ウッドハウス/森村たまき訳

20111129

111129zeeves.jpg

図書館の英国文学のところに、「それいけ、ジーヴス」とか「比類なきジーヴス」なんて元気なタイトルの本が十何冊も並んでいるので目立つ。
しかしタイトルから「何なんだ、これは」と思って、今まで手を付けなかった。
しかし、この間フッと手が伸びて借りてきて読み始めたら、ちょっと病み付きになった(笑)

古典である。ウッドハウスのジーヴスシリーズと言えばイギリスでは女王陛下もお楽しみだという、典型的かつ最強の英国執事もの。
ジーヴスとバーティのコンビは、英国にあってはシャーロック・ホームズと並び称されるほど人気があり、テレビ・ドラマ化もされているそうだ。

 時はエドワード朝、ロンドンでも指折りの名門ウースター家で折り紙付きの「バカ者」だと評判のバーティが巻き込まれる様々な問題を、鮮やかに解決して平穏を取り戻してくれるのが「執事の中の執事」ジーヴスなんである。

金持ちのご婦人、女学校、公爵、山の中に住むのが好きな友人・・・ウースターを取り巻くいろいろな人たちが「自分の価値観」を押し通して引き起こす、とっても平和な大問題をジーブスが解決していきます。


ある短編では、とある事情でバーティーのフラットを友人に貸す事になります。当然ジーヴスも「友人の執事」として貸す事になります。成り行き上、たった一人でホテルに追いやられるバーティー。当然、アホっ子は一人では何も出来ずに途方にくれます。
『寂しいホテルに一人佇み、白ネクタイを自分で結ぼうとして、やっと生まれて初めて僕は・・・・
ジーヴスをいつも一種の自然現象のみたいなものと考えていた事に・・・・気付いて愕然となっちゃうんですね。
ジーヴスいないと、何もできない自分に愕然。翌日ジーヴスがやってきた時は「懐かしさのあまり僕は崩壊せんばかりになった」とか言っちゃってます。
かわいいんですよ、ご主人様が(笑)

ある短編ではバーティーが突然「田舎に屋敷を買って、姉の娘達と一緒に暮らす!」と言い放ちます。ジーヴスは無表情に聞いてますが、心穏やかではありません。
離職の危機が到来しちゃったんですよ!!
なので悪魔の一計を案じます。
ご主人様を、格調高き女学校に放り込みます。いたずら好きな女学生と厳格な女教師に翻弄されるバーティ。
当然、ご主人様を「女の子嫌い」にする方向に仕向ける策略(笑)
大変すばらしいサドっぷりです。バーティー様は泣きそうです。


ウッドハウスの「ジーヴス」を読むと、ほっとしますね。
主人公のバーティと執事ジーヴスとの、知人・友人を回る騒動に完膚なきまでの知略を持ってジーヴスが対処する。その見事さはユーモアという言葉があるとすれば、まさにこれがそうだと思わせる。
世の中バカが居て利口が居て成り立つんだという。
読むとほんわかして、ほっとしますね。

確かに、ジーヴスが切れ者ですごいんだけれども、この本の魅力はバーティの人の好さが際立ってる点だと思う。
バーティ自身が「バカ者」であることに甘んじてる、というか満足してるわけで。
彼を単に家柄と育ちがいいだけの無能者だと思ってはいけない。
語り担当がこのバーティなわけで、ドタバタな状況や「ちょっとイカれた」周囲の人物たちよりも、このバーティの語りによるところが大きい。生産的なことは特にせず、基本的な教養の高さを敢えて浪費しつつ平和で静かな日常を愛していると言い、一族のアガサ伯母はじめ上流階級でも庶民階級でもひどい言われようの扱われようでも一向に気にしないその徹底した生き方は、むしろ清清しい。
そして・・・・・・・・うらやましいのだ!! (笑)



スポンサーサイト

コメント

No title

とても面白そうな本ですね。
イギリス人は、女王陛下をはじめみんなユーモア好きみたいですね。

ウッドハウスのこのシリーズを読んだことはありませんが、ほかの多くのイギリスの小説も皮肉の混じったユーモアに満ちていますね。

主人公たちのほんわか愛すべき性格に、読み終えて癒されるのでしょうね。

No title

四季歩さん、こんにちわ

そう言う本があるのですね。初めて表題を聴いた本です。著者の姓、ウッドハウスになっていますが、もしかして、ジェン・オースティンが好きな人なのかなあと思いました。オースティンの小説「エマ」の主人公の名前がエマ・ウッドハウスですので。

執事を中心とした映画ではアンソニー・ホプキンス及びエマ・トンプソンの出演作「日の名残り」と言うのが有名ですが、残念ながら観たことはありません。後、「スパイダーマン」でも執事が活躍しますね。

貴歌劇だと「カールマン:チャールダッシュの女王」の中で、執事が結構、活躍します。

そう言えば、秋葉原だったか、池袋だったかに執事喫茶とか言うのがあって、「お帰りなさい、お嬢様」と言って迎えて、店を出る前には「お乗馬の時間です」と言う話を思い出しました。

コメントありがとうございます

Jさん
考えてみれば、イギリスものには多いですよね。
確かに。
ほんわかしているし、「よき時代」がうらやましく
なりますね。
一度でいいから、執事なるものをこき使ってやりたい(笑)

matsumo さん
「エマ」、「日の残り」、いずれもまだ読んでません。
ジェン・オースチンには何か引っかかるものがありますね。
今度読んでみます。
「執事喫茶」、面白そうですね。
男の私が行っても、かしずいてくれるのかな(笑)
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop