ダブルディライト

20120130

120130double01.jpg


120130double02.jpg

作出:1977年 アメリカ
花弁色:クリームに赤の覆輪
咲き方:四季咲き
芳香の強さ:強香
花形:剣弁高芯咲き

1985年世界バラ会議にて殿堂入り。作出からわずか8年での殿堂入りというスピード出世だそうです。

開花後時間が経つと、クリーム色から赤に染まっていく。
開き始めると、あたりに甘いダマスク系の香りを放ちます。
花色の味わいと、しかも強い香りがあるので、「ダブル・ディライト=二重の喜び」と名付けられた。
香りは嗅ぐだけで酔っ払ってしまいそうな芳醇なフルーツ香です。

2010年6月 旧古河庭園にて


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちわ

私は人の名前を含めて、名詞が中々覚えられないのですが、デジカメ時代になって便利なことは、花の名前も、お寺の名前も住所も、デジカメに記録しておけることです。フィルム式カメラの時代にはそんなことはできずに、せいぜい、メモしておく程度で、後で、何の写真だっけと言う状態になることが多々あったのですが、現在は、例えば、旧古河庭園に行くとすると、まずは、「旧古河庭園」の看板、そして、バラ園に行くと、まずは、全体、そして、部分、部分の撮影になりますが、必要があれば、バラの名前を撮影し、そして、そのバラの撮影となります。デジカメはいくら撮っても、ほぼ0円で済むと言うのは、ビンボーな私には多大なる恩恵ですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
デジカメになっても、以前はメモリーの容量の問題もあり、
名前をメモしながら撮ってました。
その時代は、赤いバラを撮ったら、次は白、そしてまた赤
とか、あとでわかりやすいように工夫したものです。
今思うと、懐かしいですね。
今は、メモリーの容量が十分なので、名前のプレートなどを
撮ってから、花を撮ってます。
楽になりましたよね(笑)
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop