湯島天神

20120302

2/27に、梅を撮りに行きましたが、一緒にいろいろな写真を撮ってきたので、それをアップします。

湯島天神は、社伝によれば、雄略天皇2年(458年)1月、雄略天皇の勅命により天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)を祀る神社として創建されたと伝えられている。南北朝時代の正平10年(1355年)、住民の請願により菅原道真を勧請して合祀した。この時をもって正式な創建とする説もある。当の湯島天満宮では458年創建としている。
徳川家康が江戸城に入ってから徳川家の崇敬を受けた。江戸時代には多くの学者・文人が訪れ崇敬を集める一方、享保期には富籤の興行が盛ん(江戸の三富の一つ)になり庶民に親しまれた。
泉鏡花の「婦系図」の舞台として、演劇に映画に歌謡曲に「湯島の白梅」の名を高らしめた。

JR御徒町から行ったので、夫婦坂から入りました。
120301yushima01.jpg


正面からだと、「正面鳥居」から入ります。
鳥居の起源については、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天の岩屋にお隠れになった際に、八百万の神々が鶏を鳴かせましたが、このとき鶏が止まった木を鳥居の起源であるとする説などがあります。
これは、銅製の明神鳥居ですね。
120301yushima02.jpg


120301yushima03.jpg


もう一つ「唐門」があります。
120301yushima04.jpg


門扉に牛の彫刻がありました。
120301yushima05.jpg


唐門の前に、立派な「珪化木」が置いてありました。奉納されたものでしょう。
120301yushima06.jpg


本殿の建築様式は権現造である。合格祈願でしょうか、列をなしています。
120301yushima07.jpg


狛犬が屋台に挟まれてしまって、可哀想でしたね。
120301yushima08.jpg


120301yushima09.jpg


宝物殿の壁に、いろいろな神話などのの彫刻が、可愛い図柄で飾ってありました。
120301yushima10.jpg


正面入り口の上は、唐子が梅の紋を支えています。
120301yushima11.jpg


「因幡の白ウサギ」
120301yushima12.jpg


「海彦、山彦」
120301yushima13.jpg


「弁慶と牛若丸」
120301yushima14.jpg


天神様といえば、牛ですね。
120301yushima15.jpg


120301yushima16.jpg


場所が場所だけに、ものすごい「合格祈願の絵馬」の山。このような山が5ケ所ありましたよ。
120301yushima17.jpg


120301yushima18.jpg



スポンサーサイト

コメント

No title

創建が458年とは古いですね!
古事記の発刊よりも古いですね。
東京近郊に住んでいたときは御徒町には何度も行ったのですが、湯島天神には行ってないです。悔しい。行っとけばよかったです。

No title

四季歩さん、こんにちは

大昔は湯島天神から1km位の所に住んでいたので、子供の頃からここには行っていたこともあり、逆に、細かいことは知らないことが多いです。四季歩さんの書かれたものを読んで、なるほど、そうだったのかと思いました。

梅園は大昔はもっと荒れた感じでしたが、今はかなり整備されています。その上、最近では梅園をつぶして、日本庭園風のものを作りましたし、神子さん達がいる所も、結構、新しく作られたものですね。それにしても、あそこの絵馬の数はすごいですよね。

コメントありがとうございます

kurt2さん
私も、20何年も東京近郊に住んでいて、
最近ですからね、湯島近辺に行くようになったのは。
あの辺には、やはりいいお店も多いですね。
現在開拓中です。

matsumoさん
以前、あの辺に住んでいたとは!!
いいところに住んでいましたね。
もっと広いところかと思っていました。
でも仕方ないですよね。
なにしろ場所が場所ですからね。

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop