芳純

20080914

080914Houjyun.jpg


資生堂の商品開発の主任が、
それまで海外から輸入していたバラの精油、香料の香りが、植物園やバラ園や花屋さんで嗅ぐ匂いと異なることから、現代バラの活きた香りを商品に生かせないかと思い、海外からミスターローズと称されていた鈴木省三さんと共同研究にとりかかる。
2万種あるといわれる現代バラから、研究のために選抜したバラは千種類以上におよんだという。
その結果、1986年に「ばら園フレグランスシリーズ」と銘打った、オーデコロンを中心にシャンプー、リンス、石鹸などを発売した。

一方鈴木省三さんは、香りに重点を置いて新しい品種「芳純」を作出した。
晩年、鈴木省三さんに作出したバラの中で何が一番好きかと聞かれ、「芳純だね」と答えたという。
この薔薇の香りは、ダマスク系の甘酸っぱい濃厚な香りと、ティー系のモダンな香りがほどよく溶け合った、上品さと優雅さを併せ持った、優しい香りの薔薇である。

資生堂のフレグランスシリーズに採用された香りは、嗜好調査の結果、「芳純」と「パパ・メイヤン」の香りが選ばれた。


スポンサーサイト

コメント

ブログですね

凄く落ち着いていいですね
秋の楽しみはありますか
テニスは最高に気持ちがいいですね
コーヒーを飲みながらJAZZいいです

こんばんは

四季歩さん、こんばんは。
遅くなりましたが、ブログ開設おめでとうございます。
四季歩さんらしい話題の数々、楽しみにしています。

バラの香りも、その種類によって違うのですね。
「芳醇」、いかにも甘く華やかなイメージです。
資生堂と言えば、以前好きなフレグランスがありました。
バラではないのですが(^^;
砂漠に咲くと言う沙棗(さそう)の花の香りでした。
オリエンタルな雰囲気で、清々しさと甘さがいい感じだったのです。
やはり、花の香りをまとうと言うのは、気持ちが浮き立ちます。

これから秋のバラの時期が待たれますね。

四季歩さん、こんばんは。

今晩はブログへコメント有難うございました(^^)

昨年 音大四年の3男が小澤征爾塾に参加し各地のコンサートに合唱で出演してきました。

又お立ち寄り下さい・・・(^^V)

ありがとうございます

はなみずき様
テニス、いつか一緒にやりたいですね。
JAZZでどんなのを吹いているのでしょうか。
聴きたいですね。


涼さま
沙棗(さそう)の花の香りですか。
とても良さそうな香りですね。
嗅がせてください(笑)
秋のバラを訪ねて、ガーデン・アルバに
行こうかな。


薔薇爺さま
なんと、音大!!
小澤征爾に・・・・・・・・・なんともはや
一緒に活動してたなんて。
すごい息子さんですね。
さぞや、これからが楽しみでしょうね。
これからよろしく、です。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop