久延彦(くえびこ)神社・大直彌子(おおたたねこ)神社

20170525

青春18キップの二日目、大神神社、狭井神社参拝のあと、出雲屋敷跡など山の辺の道を歩いて、桧原神社に参拝。
その後、いま来た山の辺の道を狭井神社直前まで戻って、久延彦神社に向かいました。

狭井神社直前に、久延彦神社に向かって折れる道があります。
170525kueoota01.jpg


そこに入って行くと、大神神社の「笹ゆり園」でした。
170525kueoota02.jpg


摂社率川神社の「三枝祭」は、その起源も古く、文武天皇の大宝元年(701)制定の「大宝令」には既に国家の祭祀として規定されており、大神神社で行われる鎮花祭と共に疫病を鎮めることを祈る由緒あるお祭り。
昔、御祭神姫蹈韛五十鈴姫命が三輪山の麓、狭井川のほとりにお住みになり、その附近には笹ゆりの花が美しく咲き誇っていたと伝えられ、そのご縁故により、後世にご祭神にお慶びいただくために酒罇に笹ゆりの花を飾っておまつりする様になったと言い伝えられています。

国が行うお祭りとして重んぜられた三枝祭は、平安時代には宮中からの使いが御供えの幣物や神馬を献上するなど、非常に丁重な祭祀が行われましたが、後世いつの間にか中絶していたのを明治十四年再び古式の祭儀に復興され、現在に及んでいます。
このお祭りの特色は、黒酒、白酒の神酒を「罇(そん)」「缶(ほとぎ)」と称する酒罇に盛りその酒罇の周囲を三輪山に咲き匂う百合の花で豊かに飾り、優雅な楽の音につれて神前にお供えする事です。又神饌は古式に則り美しく手が加えられ、折櫃に納めます。そして、柏の葉で編んで作ったふたをして、黒木の御棚と言う台にのせて宮司自らがお供えします。

三島由紀夫の「豊穣の海」第二巻「奔馬」で、大神神社に参拝し、「三枝祭」に参加した本多が、松枝清顕の生まれ変わり、飯沼勲と出会うシーンは、三千本という沢山の百合の花のイメージと共に、今でも鮮明に蘇ってくる。

園地が休めるようになっている。
170525kueoota03.jpg


170525kueoota04.jpg


山の辺の道に置かれている歌碑の歌を集めてあった。
170525kueoota05.jpg


170525kueoota06.jpg


また、ちょっと「笹ゆり園」の間を行くと、久延彦神社の後ろに到着。
170525kueoota07.jpg


【久延彦(くえびこ)神社】
大神神社末社
鎮座地:奈良県桜井市大字三輪字若宮山
参拝日:2017年3月23日

一旦降りて、入り口から入り直した。
170525kueoota08.jpg


大神神社末社
170525kueoota09.jpg


入り口には、「注連柱」があり。
170525kueoota10.jpg


参道を行くと、上がり口に一の鳥居あり。
170525kueoota11.jpg


竹林の中を上がっていく。
170525kueoota12.jpg


途中に二の鳥居あり。
170525kueoota13.jpg


社殿
170525kueoota14.jpg


社殿内部
170525kueoota15.jpg


ご祭神は、久延毘古命

祭神の久延毘古命は、「かかし」のこと。
『古事記』によると、少名毘古那神がはじめて出現した時、誰も知らなかった少名毘古那神の名を知っていた神であり、知識の神として崇敬されている。
170525kueoota16.jpg


「知恵ふくろう」という立派なフクロウが奉納されていた。
私も、「ふくろう=不苦労」ということで、ふくろうには目が無いので、ありがたく参拝。
170525kueoota17.jpg


170525kueoota18.jpg


知恵の神ということで、絵馬もたくさん奉納されていた。
170525kueoota19.jpg


久延彦神社の前が、展望台になっていた。
170525kueoota20.jpg


170525kueoota21.jpg


残念ながら竹藪などに阻まれて、私が確認できたのは二上山と畝傍山だけだった。

二上山
170525kueoota22.jpg


畝傍山
170525kueoota23.jpg


久延毘古神社の石段の参道を下りて、右手の方向に進むと「大直禰子神社」があります。

【大直禰子(おおたたねこ)神社(若宮社)】
大神神社摂社
鎮座地:奈良県桜井市大字三輪字若宮
参拝日:2017年3月23日

境内入口の鳥居扁額には「若宮社」と記されている。
170525kueoota24.jpg


170525kueoota25.jpg


奈良時代には「大神寺」、明治までは「大御輪寺」と呼ばれていた寺があった。
明治になって、御本尊の十一面観音像は聖林寺へ移され、三重塔も破壊されたが、本堂は当社本殿として残った。
もともとは、大田田根子を先祖とする一族「三輪君」のお寺であった。
一族の氏神の神社もここにあったという。
崇神天皇の時代から、三輪山の神が「大物主神」として国家の神となり、三輪一族が奉斎する役目を担った。
三輪一族というのは、ここに早くから土着した出雲族だと思われる。その一族が奉斎していたのが三輪山の神(蛇神)であり、蛇神は縄文の神である。

「若宮」という名称については、全国にある「若宮」を整理すると三つの意味があるという。
(1)幼少の皇子、皇族の子
(2)本社の分霊を奉斎したもの
(3)はげしく祟る霊

そのどれかであるか、については大神神社に参拝したときに求めた『三輪山の神々』という本の中で「大田田根子」や「若宮祭祀」について書かれているのですが、私の浅学ではまだ整理がつきません。
ただ、どこの神社でも年中祭祀の中で「春祭り」と「秋祭り」は、最も重大な祭りだと言っていいと思いますが、大神神社の春祭は、この若宮の神を本社に遷して行われるそうで、この若宮がとても重要な位置を占めているのがわかる。

「祟り」という点では、もともと「大物主神」は祟る神として祀られているが、その祟りとは、天孫族に制圧された出雲族の祟りと思えなくもない。

「大直禰子」という書き方だが、『古事記』では、意富多多泥古だし、『日本書紀』では大田田根子である。
不思議に思って調べてみた。
「大直」については、「大直日神(オオナオヒノカミ)」がヒットし、「異常でけがれた状態をただしなおす神」だそうだ。
「禰子」とは禰宜の子孫であると解釈する。
大直禰子とは、つまり「異常でけがれた状態をただしなおす禰宜の子孫」のこと。


参拝を進めます。

明治45年奉納の狛犬
170525kueoota26.jpg


170525kueoota27.jpg


手水鉢
170525kueoota28.jpg


社殿
本殿(国の重要文化財・鎌倉時代)は、明治の神仏分離まで、神宮寺だった大御輪寺の本堂で、方五間(28.09?)、一重入母屋造、本瓦葺。もともと仏殿であったが、堂内に早くから、三輪明神の王子(若宮)が生身入定の説話が生まれていた。
170525kueoota29.jpg


170525kueoota30.jpg


説明
170525kueoota31.jpg


参拝します。
170525kueoota32.jpg


内陣は、よく見えません。
170525kueoota33.jpg


向かって右の、鏡がかけられた真榊
170525kueoota34.jpg


向かって左の、剣がかけられた真榊
170525kueoota35.jpg


ご祭神は大田田根子命。
大神神社祭神の大物主命の神孫にあたり、崇神天皇の勅により、大神神社の祭祀を司った神主であり、三輪氏の始祖として崇敬されている。

社殿の右前に「御饌石」があります。
170525kueoota36.jpg


170525kueoota37.jpg


〇大神神社末社・御誕生所社
ご祭神:鴨津見美良姫命(大田田根子(おおたたねこ)の母神)
170525kueoota38.jpg


本殿はなく磐座である。
170525kueoota39.jpg


〇大神神社末社・琴平社
ご祭神:大物主神
170525kueoota40.jpg


170525kueoota41.jpg



これで、大神神社とその摂末社、計画したもの全ての参拝を終え、二の鳥居前で美味しいお昼を食べた後、一駅隣の巻向駅に移動しました。
三輪駅からの三輪山。
やはり、美しい山です。
170525kueoota42.jpg



「神社巡拝」に飛ぶ



お気に入りの場所一覧に飛ぶ



妙義神社

20170523

鎮座地:群馬県富岡市妙義町妙義6
参拝日:2017年5月10日

歴史クラブの春季定例見学会で、世界遺産・富岡製糸場、城下町小幡を見学した後、当社に参拝しました。

銅鳥居
170523myogi01.jpg


それまで何とか天気が持っていたのだが、ここにきてとうとう雨が降り出した。
170523myogi02.jpg


少し上った所に社号標があり。
旧県社
170523myogi03.jpg


170523myogi04.jpg


妙義神社は奇岩と怪石で名高い妙義山の主峰白雲山の東山麓にあり、老杉の生いしげる景勝の地を占めている。
創建は「宣化天皇の二年(今から千四百余年前)に鎮祭せり」と社記にあり、元は波己曽の大神と称し後に妙義と改められた。
そもそも妙義と云う所以は、後醍醐天皇に仕へ奉りし権大納言長親卿、此の地に住み給いて明明魏魏たる山の奇勝をめで、明魏と名づけしものを後世妙義と改めたと思われる。
古くより朝野の崇敬殊に篤く、開運、商売繁盛の神、火防の神、学業児童の神、縁結びの神、農耕桑蚕の神として広く世に知られ、関東、甲信越地区より参拝するものが多い。

江戸時代は歴代将軍を始め、加賀の前田公外諸大名の崇敬篤く、中古よりは上野東叡山の宮、御代々御兼帯御親祭の神社となりその御宿坊を宮様御殿叉は単に御殿とも称した。
この御殿よりの、東面の景色は素晴しく、前庭の植え込みは何れも低く地をはうようにつくられ、関東平野を一望に集め借景庭園として見事なものである。

本殿拝殿を初めとする境内の諸建造物は、今から三百余年前から二百年前の間の建造物にして、江戸時代建築の趣をもった壮麗なもので、老杉の巨木鬱蒼たる神域に、輪奐の美を連ね、高さ十メートルの旧御殿下の石垣をはじめとする各所の石垣はその技工の巧なること比い無く、諸建造物、青銅の大鳥居と共に、文化財に指定されている。
-『平成祭データ』-

境内図
170523myogi05.jpg


総門前の石段を上がる。
170523myogi06.jpg


170523myogi07.jpg


〇総門<安永2年(1773) 重要文化財>
旧石塔寺の仁王門であった。
170523myogi08.jpg


170523myogi09.jpg


170523myogi10.jpg


170523myogi11.jpg


ここの彫刻も華麗。
170523myogi12.jpg


170523myogi13.jpg


〇石垣
総門の右手にある石垣が見事。
江戸半ばに妙義山の安山岩で築造。県重要文化財。
上に見えるのが「旧宮様御殿」
170523myogi14.jpg


170523myogi15.jpg


また一段上がる。
170523myogi16.jpg


右手には、「旧宮様御殿」に通じる石段があるが、今日は寄りませんでした。
170523myogi17.jpg


左手には境内社。

稲荷社
170523myogi18.jpg


和歌三神社<玉津島神社(稚日女尊・息長足姫尊・衣通姫尊)、人丸神社(柿本人麿)、住吉神社(底筒男命・ 中筒男命・表筒男命・神功皇后)>
170523myogi19.jpg


更に、妙義神社の大杉の跡がある。
昭和四十六年に倒壊した元国指定天然記念物。
170523myogi20.jpg


170523myogi21.jpg


ここから、また石段を上がる。
170523myogi22.jpg


〇銅鳥居<寛文8年(1668) 県重要文化財>
170523myogi23.jpg


鳥居の根元の装飾が面白い。
170523myogi24.jpg


【波己曾社(はこそしゃ)】
明暦2年(1853) 県重要文化財
建立当初から約100年は、現在の御本社エリアに鎮座していた。
昭和44年に現在地に移築し大修理、建立当初の姿に復元された。
170523myogi25.jpg


3月の初めに下見に来たときには、修復中で見られなかったが、今回綺麗な姿で見ることができた。
こちらも、綺麗なものだ。

拝殿
170523myogi26.jpg


170523myogi27.jpg


170523myogi28.jpg


拝殿内部
170523myogi29.jpg


拝殿横の装飾
170523myogi30.jpg


170523myogi31.jpg


本殿
170523myogi32.jpg


170523myogi33.jpg


170523myogi34.jpg


本殿背後の外観
170523myogi35.jpg


170523myogi36.jpg


波己曽社横の厳島神社。
(3月7日下見のときの写真)
170523myogi37.jpg


石の太鼓橋
170523myogi38.jpg


3月7日下見のときの写真
170523myogi39.jpg


御本殿に至る165段の石段。
170523myogi40.jpg


エッチラ、オッチラ登っていくと、巨木の根のせいで石段がめくり上がっている。
170523myogi41.jpg


随身門
170523myogi42.jpg


豊石窓神(とよいわまどのかみ)
170523myogi43.jpg


こちには虎の皮を敷いている。
170523myogi44.jpg


櫛石窓神(くしいわまどのかみ)
170523myogi45.jpg


こちらは豹の皮を敷いている。
170523myogi46.jpg


内側には、青鬼と赤鬼が頑張っている。
それぞれ、腰に虎の皮と豹の皮を巻いている。
170523myogi47.jpg


170523myogi48.jpg


随身門をくぐって、ちょっと横にずれて唐門に通じる石段を上がるが、ここで後ろを振り返ると、大パノラマが広がっている。
この日はあいにくの雨なので、眺めは良くなかったが、3月7日の下見のときの写真を載せておく。
170523myogi49.jpg


唐門に通じる石段を上がる。
170523myogi50.jpg


【唐門】
宝暦6年(1756) 重要文化財。
妻を唐破風にした銅葺き平入りの門で、周囲は彫刻で埋められ、その素晴らしさは著名である。
170523myogi51.jpg


細部の彫刻が素晴らしい。
170523myogi52.jpg


袖の彫刻が、クリアパネルで覆われているので、撮るのが難しい。
170523myogi53.jpg


天井には見事な龍の絵があり。
170523myogi54.jpg


内側の彫刻も素晴らしい。
170523myogi55.jpg


170523myogi56.jpg


【御本社(本殿・幣殿・拝殿)】
宝暦2年 重要文化財
権現造りで、龍や鶴、竹林七賢人など多くの素晴らしい彫刻が各所にみられる。
本殿は、拝殿と共に黒漆塗り銅葺き入母屋造りであり、拝殿は正面に千鳥破風をおき、その前に唐破風の向背屋根を張り出している。
※吉宗の贅沢禁止令によって、金箔を使用した華美な権現造りは以後造られなくなった。妙義神社はその直前に完成していたため、妙義神社が最後の作例となっている。

拝殿
170523myogi57.jpg


御本社拝殿北側には神餞所(宝暦六年・重文附)が附属する。
170523myogi58.jpg


向背屋根の唐破風。
170523myogi59.jpg


向拝屋根正面の彫刻
170523myogi60.jpg


向背柱木鼻部分の彫刻
170523myogi61.jpg


向背柱にも繊細な彫刻が施されている。
170523myogi62.jpg


社号額
170523myogi63.jpg


拝殿内部にも、華美な装飾が溢れている。
170523myogi64.jpg


幣殿正面
170523myogi65.jpg


拝殿天井には花鳥風月が描かれた格天井。
170523myogi66.jpg


外回りの、華美な彫刻を見ていく。
170523myogi67.jpg


金箔を貼った、華麗な海老虹梁。
170523myogi68.jpg


彩色された手挟みの彫刻
170523myogi69.jpg


右脇障子の彫刻「竹林七賢人」
170523myogi70.jpg


左脇障子の彫刻「竹林七賢人」
170523myogi71.jpg


拝殿外欄間の彫刻は、彫刻に使用された板が厚いもので、彫刻に深みがあり、見事。
170523myogi72.jpg


170523myogi73.jpg


170523myogi74.jpg


170523myogi75.jpg


170523myogi76.jpg


本殿
170523myogi77.jpg


幣殿から本殿にわたる外部の装飾が素晴らしい。
170523myogi78.jpg


170523myogi79.jpg


170523myogi80.jpg


本殿後方の天狗社。
170523myogi81.jpg


170523myogi82.jpg


本殿の横に石があるが、礎石だろうか?
どうも、磐座ではないかと思われる。
170523myogi83.jpg


本殿屋根の横の装飾も素晴らしい。
170523myogi84.jpg


170523myogi85.jpg


神餞所玄関の装飾
170523myogi86.jpg


御祭神は、日本武尊(倭建命)
配祀神は、菅原道眞公 権大納言長親卿、豊受大神(あるいは 丹生都姫命)

古くは波己曾明神と称し、『三代実録』の貞観元年(859)三月二十六日に、「授上野國正六位上波己曾神從五位下」とあり『上野国神階帳』に「従二位 波己曾大明神」とある古社。

妙義山の中の白雲山周辺の地は「七波己曾」と呼ばれ、山麓に波己曾神社が分布して、丹生都姫命を祀っていたらしい。本来、当社も波己曾神を主祭神としていたが、いつの頃か、別に妙義大権現が成立して、本社となり、波己曾神は境内社に遷された状態になったようだ。

ということは、当社の元の主祭神、地主神は丹生都姫命であり、『平成祭データ』などには祭神の中に名が記されているのだが、境内の由緒では、豊受大神となっている。

また、妙義山の中の金洞山には、倭建命を祀る中之嶽神社が鎮座。さらに、妙義山の中の金鶏山には、菅原道眞を祀る菅原神社が鎮座しており、当社は、これら妙義山の三山(白雲山・金洞山・金鶏山)の神々を合わせ祀った状態になっている。


北門から「女坂」を下りながら、境内社に参拝。
170523myogi87.jpg


北門を出た左手に、磐座があり、中に祠が祀られている。
170523myogi88.jpg


170523myogi89.jpg


ここから、境内社が点在している。
170523myogi90.jpg


水神社
170523myogi91.jpg


愛宕社
170523myogi92.jpg


そこから少し下ったところに磐座があり、石祠が祀られているが、祭神は不明。
170523myogi93.jpg


170523myogi94.jpg


そこから女坂を下って、正面石段(男坂)と合流して、参拝は終了。
170523myogi95.jpg


世界遺産・富岡製糸場、城下町小幡、そして妙義神社と回って来た、歴史クラブの定例見学会も無事に終了し、満足して帰途につきました。


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



「神社巡拝」に飛ぶ



桧原神社(倭笠縫邑)

20170514

鎮座地:奈良県桜井市三輪字桧原
参拝日:2017年3月23日

青春18キップの二日目、大神神社、狭井神社参拝のあと、出雲屋敷跡など山の辺の道を歩いて、ここに到着。

山の辺の道を大神神社の方から来ると、この入り口になる。
170514hibara01.jpg


境内に入ってから、正面の入り口に回った。
大神神社と同じく、注連柱が立つ。
170514hibara02.jpg


社号標
式内社 大和國城上郡 卷向坐若御魂神社 大 月次相嘗新嘗、大神神社摂社
170514hibara03.jpg


170514hibara04.jpg


この神社には、二つの系統の神統があることがわかる。
170514hibara05.jpg


170514hibara06.jpg


私がここまで足を延ばしたのは、ここでは大神神社と同じ三つ鳥居を介して三輪山を拝することができるとあったからである。
ここが「倭笠縫邑(やまとかさぬいのむら)」の地であることは、頭になかったので、大事な場所に来れたことに感謝した。

まずは、三つ鳥居を拝して、三輪山に参拝。
170514hibara07.jpg


170514hibara08.jpg


大神神社摂社として、社殿は無いが、
御祭神は、天照大神若御魂神、伊弉諾尊、伊弉册尊

〇豊鍬入姫宮(とよすきいりひめのみや)
ご祭神:豊鍬入姫命
170514hibara09.jpg


170514hibara10.jpg


170514hibara11.jpg


 桧原神社は、万葉集などに「三輪の檜原」と数多くの歌が詠まれた台地の上にある。大和国中が一望できる絶好の場所に位置し、眼下に箸墓の森が見え、二上山の姿も美しい。 かってこの付近は大和の笠縫邑と呼ばれた。そのため境内には「皇大神宮倭笠縫邑(やまとのかさぬいのむら)」と書いた大きな石碑が立っている。

 檜原台地に建つ桧原神社は、大神神社付近の摂社群の中では、最も北に位置している上に社格も最も高く創建も古い。天照大神が伊勢神宮に鎮座する前に、宮中からこの地に遷され、この地で祭祀されていた時代がある。伊勢神宮へ遷されると、その神蹟を尊崇して、檜原神社として引き続き天照大神を祀ってきた。そのため、この神社は広く「元伊勢」の名で親しまれている。

第十代・崇神天皇は、木(紀)国造である荒河刀弁の娘・遠津年魚目目徴比売を妻として 豊木入日子命と豊鉏入日売命の男女二人をもうけられた。 豊木入日子命は上毛野の君、下毛野の君等の祖となった。 豊鉏入日売命は、伊勢皇太神宮の祭主となった。

『日本書紀』崇神天皇6年条によれば、百姓の流離や背叛など国内情勢が不安になった際、天皇はその原因が天照大神(のちの伊勢神宮祭神)・倭大国魂神(のちの大和神社祭神)の2神を居所に祀ったことにあると考えた。そこで天照大神は豊鍬入姫命につけて倭の笠縫邑(かさぬいのむら)に祀らせ、よって磯堅城の神籬を立てたという。一方、倭大国魂神は渟名城入姫命につけて祀らせた。

皇女豊鍬入姫命はさらに大宮地を求めて丹波、大和、紀伊、吉備などの各地を巡り、 ついで第十一代・垂仁天皇の御代、皇女倭姫命が代わって大御神さまにお仕えし、 大御神の永遠にお鎮まりになるべき大宮地を求めて、各地を苦心してご巡幸されたのち、 「この地は、朝日夕日の来向ふ国、浪音の聞えざる国、風音の聞えざる国、弓矢・鞆の音 聞えざる国、大御神の鎮まります国ぞ」 と申されて、垂仁天皇二十六年九月、伊勢の五十鈴川上の現在の地にお鎮まりなった。
その後、代々皇女が神宮の司祭に選任されている。

『古事記』では、豊鉏比売命(豊鍬入姫命)は伊勢の大神の宮を祀ったと簡潔に記されている。

砂利の境内は清潔というか清廉な雰囲気。
170514hibara12.jpg


瑞垣のすぐ前には、北白川房子氏の歌碑があります。
170514hibara13.jpg


170514hibara14.jpg


170514hibara15.jpg



檜原神社からは、古来から大和の国人々から聖なる山として崇められた「二上山(にじょうざん)」の姿が美しく見られます。檜原神社からはほぼ真西の方角にあたり、春分・秋分の日の頃には、二上山の雄岳と雌岳の間に夕陽が沈むため、神聖視されてきました。
170514hibara16.jpg


参道に立つと、注連柱の間から二上山が、うっすらと見えた。
170514hibara17.jpg


170514hibara18.jpg


170514hibara19.jpg



前川佐美雄氏(日本芸術院会員)の歌碑
春がすみ いよいよ濃くなる真昼間の なにも見えねば 大和と思え
170514hibara20.jpg


170514hibara21.jpg


池田黙々子氏歌碑
「観月や 山の辺道を 桧原まで」
170514hibara22.jpg


170514hibara23.jpg



これで、桧原神社の参拝を終え、できるだけ大神神社の摂末社に参拝するため、来た山の辺の道を大神神社の方に引き返しました。


「神社巡拝」に飛ぶ



お気に入りの場所一覧に飛ぶ



狭井神社

20170506

鎮座地:奈良県桜井市三輪1422
参拝日:2017年3月23日

青春18キップの旅二日目、素佐男神社、大神神社のあと、山辺の道を歩いてここに到着。

社号標
170506sai01.jpg


式内社「狭井坐大神荒魂神社五座」。
病気平癒の神社。
狭井神社は狭井川の畔にある大神神社の摂社で、正式な名前は「狭井坐大神荒魂(さいにいますおおみわあらみたま)神社」という。本社の荒魂をお祭しており、延喜式神名帳に記されている古社。
古より「華鎮社」と称された。

社伝によれば、創祀は垂仁天皇の時代とされている。大神荒魂神(おおみわのあらみたまのかみ)を主神として祀り、大物主神、姫蹈鞴五十鈴姫命、勢夜多多良姫命および事代主神を配祀している。荒魂(あらみたま)とは、荒ぶるような猛々しい働きをもって現れる霊魂のことである。戦時や災時などにあたって現れ、祭祀(さいし)を受けることによって和魂(にぎみたま)の性質に変わる。

狭井神社は、鎮花祭(はなしずめまつり)が行われる神社として昔から有名であり、「花鎮社」ともいう。鎮花祭りは、俗に「くすりまつり」ともいい、毎年4月18日に大神神社とこの狭井神社で執り行われる重要な祭りで、その起源は崇神天皇のとき、全国に疫病が流行したが大田田根子を召して祭神の大物主神を祭ったところ疫病が止んだことにあるという。実際は、春になって花の花粉が飛散する陽気の頃はさまざまな病気が流行するので、これを鎮めるために祀ることから起こったのだろう。

『延喜式』の鎮花祭記述
170506sai02.jpg


鳥居
170506sai03.jpg


境内は思ったよりはるかに広い。
170506sai04.jpg


皇后陛下の歌碑があり。
170506sai05.jpg


170506sai06.jpg


170506sai07.jpg


手水舎
170506sai08.jpg


170506sai09.jpg


一段上がって、拝殿前に。
170506sai10.jpg


やはり、ここも注連柱があり。
170506sai11.jpg


拝殿の唐破風の檜皮葺の意匠が美しい。
170506sai12.jpg


170506sai13.jpg


拝殿
170506sai14.jpg


拝殿内に「華鎮社」の社額がかかっている。
170506sai15.jpg


拝殿内部
170506sai16.jpg


本殿は屋根がかろうじて伺えるだけ。
170506sai17.jpg


ご祭神:
主祭神は、大神荒魂神(おおみわのあらみたまのかみ)
配祀は、大物主神、姫蹈鞴五十鈴姫命、勢夜多多良姫命、事代主神。

大神神社摂社なので、神紋はやはり「三本杉」
170506sai18.jpg


薬井戸・狭井に向かう入り口に、ご神水を使用した「水琴窟」がありました。
170506sai19.jpg


170506sai20.jpg


これに耳を近づけると、澄んだいい音色がしていた。
170506sai21.jpg


〇薬井戸・狭井
170506sai22.jpg


170506sai23.jpg


170506sai24.jpg


たくさん蛇口がありました。
見ていると、けっこう頻繁に土地の方がキャリアを引いて水をいただきに来ています。
170506sai25.jpg


私たち旅人にも、安心してご神水をいただけるよう、減菌されたコップが用意されていました。
170506sai26.jpg


170506sai27.jpg


お水をいただくと、何とも言えない清浄な味に感じられました。
美味しい水でした。

御神体である三輪山への登拝口が境内にあります。
但し、三輪山は御神体であり山そのものが神域であるため、軽率な気持ちで入山することは出来ない。(明治に渡るまで「神域」として一般の入山禁止であった。)登拝料を払い受付より渡されるたすきを首にかけるなどの厳守すべき規則があり、それを了承した上で登拝することが義務づけられている。なお、入山中は撮影・飲食は禁止である。

三輪山の標高は467.1mです。その山頂に高宮神社があり、信仰者の登頂を認めている。登拝口は拝殿の右側にある。社務所に願い出て、住所・氏名・入山時間・性別を記入し、登拝口で祓いをすませれば、木綿襷を肩にかけて誰でも登頂できる。ただし、往復とも指定された一本道だけを通ること、禁則地域には絶対立ち入らないことなど厳しい制約が課せられる。途中に急な坂道もあり、普通の人なら頂上まで1時間はかかるとのことである。なお、登頂は有料である。

私の今回の旅は、サブテーマに出雲族の痕跡探しを挙げており、出来るだけ広範囲を廻りたいので、登頂は我慢した。次回はぜひ登らせていただきたいと思っている。

登山口
170506sai28.jpg


170506sai29.jpg


170506sai30.jpg


170506sai31.jpg


170506sai32.jpg


170506sai33.jpg


「鎮女(しずめ)池」
170506sai34.jpg


鎮女(しずめ)池のほとりに、三島由紀夫氏の「清明」碑がある。
170506sai35.jpg


170506sai36.jpg


170506sai37.jpg


170506sai38.jpg


説明の中にある、摂社率川神社の「三枝祭」は、その起源も古く、文武天皇の大宝元年(701)制定の「大宝令」には既に国家の祭祀として規定されており、大神神社で行われる鎮花祭と共に疫病を鎮めることを祈る由緒あるお祭り。
昔、御祭神姫蹈韛五十鈴姫命が三輪山の麓、狭井川のほとりにお住みになり、その附近には笹ゆりの花が美しく咲き誇っていたと伝えられ、そのご縁故により、後世にご祭神にお慶びいただくために酒罇に笹ゆりの花を飾っておまつりする様になったと言い伝えられています。

国が行うお祭りとして重んぜられた三枝祭は、平安時代には宮中からの使いが御供えの幣物や神馬を献上するなど、非常に丁重な祭祀が行われましたが、後世いつの間にか中絶していたのを明治十四年再び古式の祭儀に復興され、現在に及んでいます。
このお祭りの特色は、黒酒、白酒の神酒を「罇(そん)」「缶(ほとぎ)」と称する酒罇に盛りその酒罇の周囲を三輪山に咲き匂う百合の花で豊かに飾り、優雅な楽の音につれて神前にお供えする事です。又神饌は古式に則り美しく手が加えられ、折櫃に納めます。そして、柏の葉で編んで作ったふたをして、黒木の御棚と言う台にのせて宮司自らがお供えします。

延喜式に書かれている「三枝祭」
170506sai39.jpg


私は、三島由紀夫の小説はあまり親しんではいないが、絶筆となった「豊穣の海」シリーズは、前評判が騒がれたこともあり全て初版で買って、三島由紀夫の小説の中で唯一愛読しているものだ。
大神神社に参拝し、「三枝祭」に参加した本多が、松枝清顕の生まれ変わり、飯沼勲と出会うシーンは、三千本の百合の花のイメージと共に、今でも鮮明に蘇ってくる。

鎮女(しずめ)池には、大神神社末社市寸島姫神社がある。

〇大神神社末社・市杵島姫神社
ご祭神:市杵島姫命
170506sai40.jpg


170506sai41.jpg


170506sai42.jpg


ここでも、卵が供えられている。
170506sai43.jpg


しばらく、鎮女(しずめ)池のほとりで休んだ後、「出雲屋敷」跡に向かって、山辺の道を歩き出した。
170506sai44.jpg



「神社巡拝」に飛ぶ



お気に入りの場所一覧に飛ぶ



大和国一之宮・大神神社

20170501

鎮座地:奈良県桜井市三輪1422
参拝日:2017年3月23日

青春18キップの旅の二日目、ホテルで朝食後JR奈良駅8:00発の桜井線に乗り、三輪駅8:25に降り立ちました。
いよいよ奈良大和の三輪・巻向地域の旅のスタートです。

三輪駅から、大神神社と反対方向に向かい、大鳥居に向かいます。

さすがに大鳥居はデカイ!!
170501oomiwa01.jpg


大鳥居と三輪山
170501oomiwa02.jpg


昭和59年10月13日 昭和天皇陛下行幸を記念、ご在位60年を奉祝し、この大鳥居が建立された。
高さ 32.2m、柱間 23.0m、柱の直径 3.0m、本体総重量 180トン というもの。

圧倒されます。
170501oomiwa03.jpg


170501oomiwa04.jpg


大鳥居から真っ直ぐ道が二の鳥居に向かっているが、それからちょっと外れて、大鳥から100mほど歩くと、一の鳥居がある。

社号標
式内社 大和國城上郡 大神大物主神社 名神大 月次相嘗新嘗、大和國一宮、旧官幣大社
別称を「三輪明神」・「三輪神社」とも。
170501oomiwa05.jpg



神武東征以前より纏向一帯に勢力を持った先住豪族である磯城彦が崇敬し、代々族長によって磐座祭祀が営まれた日本最古の神社の一つで、皇室の尊厳も篤く外戚を結んだことから神聖な信仰の場であったと考えられる[1]。旧来は大神大物主神社と呼ばれた[2]。

三輪山そのものを神体(神体山)としており、本殿をもたず、江戸時代に地元三輪薬師堂の松田氏を棟梁として造営された拝殿[3]から三輪山自体を神体として仰ぎ見る古神道(原始神道)の形態を残している。三輪山祭祀は、三輪山の山中や山麓にとどまらず、初瀬川と巻向川にはさまれた地域(水垣郷)でも三輪山を望拝して行われた。拝殿奥にある三ツ鳥居は、明神鳥居3つを1つに組み合わせた特異な形式のものである。三つ鳥居から辺津磐座までが禁足地で、4~5世紀の布留式土器や須恵器・子持勾玉・臼玉が出土した。三輪山から出土する須恵器の大半は大阪府堺市の泉北丘陵にある泉北古窯址群で焼かれたことが判明した。

全国各地に大神神社・神神社(美和神社)が分祀されており、既に『延喜式神名帳』(『延喜式』巻9・10の神名式)にも記述がある。その分布は、山陽道に沿って播磨(美作)・備前・備中・周防に多い。

例年11月14日に行われる醸造安全祈願祭(酒まつり)で拝殿に杉玉が吊るされる、これが各地の造り酒屋へと伝わった。

国史には奉幣や神階の昇進など当社に関する記事が多数あり、朝廷から厚く信仰されていたことがわかる。貞観元年(859年)2月、神階は最高位の正一位に達した。また、『延喜式神名帳』には「大和国城上郡 大神大物主神社 名神大 月次相嘗新嘗」と記載され、名神大社に列している。

現代においても、今上天皇が複数回参拝(皇太子時代を含む)しており、美智子皇后は毎年4月に催される「鎮花祭(はなしずめのまつり)」に心引かれたという。

神階:
六国史における神階奉叙の記録。いずれも神名は「大神大物主神」と記される。
嘉祥3年(850年)10月7日、正三位 (『日本文徳天皇実録』)
仁寿2年(852年)12月14日、従二位 (『日本文徳天皇実録』)
貞観元年(859年)正月27日、従二位勲二等から従一位勲二等 (『日本三代実録』)
貞観元年(859年)2月、正一位勲二等 (『日本三代実録』)

木製の一の鳥居
170501oomiwa06.jpg


神橋は渡れず、脇を通る。
170501oomiwa07.jpg


大鳥居からの道と合流、車道の脇に砂利の参道がある。
170501oomiwa08.jpg


JR桜井線の踏切を渡る。
170501oomiwa09.jpg


二の鳥居に到着。
170501oomiwa10.jpg


ここまできて、今日の巡拝の都合上、先に素佐男神社に参拝しました。
記事はアップしてあります。

素佐男神社から二の鳥居に戻って来て、いよいよ大神神社に参拝。

境内図
170501oomiwa11.jpg


二の鳥居の斜め前に「幽玄」と書かれた木札があります。
この文字は、大神様を深く信仰なさった福田青山師の筆になりもの。
傍書には「探幽入玄談玄口不開不言大教言外の教即随神の大道也」とあります。
福田青山師は、明治13年和歌山県那賀郡岩出町に生まれ昭和42年、88才で亡くなられているが、社会に貢献することを徳とされた方。
170501oomiwa12.jpg


二の鳥居
170501oomiwa13.jpg


掲額には「三輪明神」とある。
170501oomiwa14.jpg


気持ちのいい参道をいきます。
170501oomiwa15.jpg


神橋
170501oomiwa16.jpg


「祓戸神社」で禊をしてから参拝します。
170501oomiwa17.jpg


170501oomiwa18.jpg


〇夫婦岩
170501oomiwa19.jpg


170501oomiwa20.jpg


170501oomiwa21.jpg


手水舎
170501oomiwa22.jpg


ご祭神大物主神が蛇神であることから、巳の口から水が出ている。
170501oomiwa23.jpg


○しるしの杉
三輪の七本杉の一つであり、保存されている。
言い伝えでは、勢州奄芸郡の猟人が異女に逢って妻にし一児を儲けた。その後、母子の去った所は分からないという歌がある。
恋しくは尋ねてもみよ我が宿は三輪山もと杉たてる門
夫はこれを尋ね求めて神木の本で会い、三人同じく神となった。当社の祭に勢州奄芸郡の人が来て執行するのはその縁による。
(『国花記』による)
170501oomiwa24.jpg


この石段を上がると拝殿前広場だが、石段の右に「衣掛の杉」がある。
170501oomiwa25.jpg


〇衣掛の杉
170501oomiwa26.jpg


170501oomiwa27.jpg


170501oomiwa28.jpg


石段を上がる。
170501oomiwa29.jpg


石段の上には、通常の鳥居とは違った、三輪神社独特の「注連柱(しめはしら)」が立つ。
170501oomiwa30.jpg


注連柱をくぐると、拝殿前の広場です。
170501oomiwa31.jpg


170501oomiwa32.jpg


拝殿の右前に「巳の神杉」があります。
物主大神の化身とされる白蛇が棲むことから名付けられたご神木。樹齢500年とも言われる。蛇の好物の卵が参拝者によってお供えされている。
170501oomiwa33.jpg


170501oomiwa34.jpg


やはり、神々しい樹です。
170501oomiwa35.jpg


170501oomiwa36.jpg


170501oomiwa37.jpg


170501oomiwa38.jpg


大好物の卵が供えられている。
170501oomiwa39.jpg


拝殿
江戸時代中期、寛文4年(1664年)の造営。大正10年4月30日重要文化財指定。
170501oomiwa40.jpg


170501oomiwa41.jpg


170501oomiwa42.jpg


170501oomiwa43.jpg


170501oomiwa44.jpg


私たちは普通、柏手(かしわで)と礼拝で参拝するが、三輪の周辺では拝殿前に御幣が供えられていて、参拝者が自分で御幣を振って浄めてから参拝が出来るようになっている。
そのようにしている方がわりと多かったが、私は慣れぬことはするほうでは無いのでしなかった。
170501oomiwa45.jpg


檜皮葺きの厚いこと。
170501oomiwa46.jpg


170501oomiwa47.jpg


当社には本殿はなく、三輪山(三諸山)を祀る神社。
三輪山は典型的な神奈備山で、山中には幾つかの磐座がある。
また、拝殿奥に、社伝に「一社の神秘なり」と記された三つ鳥居があり、そこから奥は禁足地となっている。

三つ鳥居は、希望すれば拝観できるようだが、時間の関係もあり、大神神社を特集したテレビ番組で見ているので省略しました。

ご祭神:
主祭神は、大物主大神 (おおものぬしのおおかみ、倭大物主櫛甕玉命ともいう)

大物主神は蛇神であると考えられ水神または雷神としての性格を合わせ持ち稲作豊穣、疫病除け、酒造り(醸造)などの神として特段篤い信仰を集めている。また日本国の守護神(軍神)、氏族神(三輪氏の祖神)である一方で祟りなす強力な神(霊異なる神)ともされている。

ご配神は、大己貴神 (おおなむちのかみ)と少彦名神 (すくなひこなのかみ)。

祭神の伝承:
記紀には、次の記述がある。大国主神(大己貴神)は少彦名神とともに国造りをしていたが、大国主が、「お前は小さな神だな」と愚弄したために国造りなかばにして少彦名神は常世に帰ってしまった。大国主神が「この後どうやって一人で国造りをすれば良いのだ」と言うと、海原を照らして神が出現した。その神は大国主の幸魂奇魂(和魂)であり、大和国の東の山の上に祀れば国作りに協力すると言った。その神は御諸山(三輪山)に鎮座している大物主神である。

崇神天皇5年から疫病が流行り民が死亡し、同6年には、百姓流離し国に叛くものがあって、憂慮した天皇は、天照大神と倭大国魂神を祀るが安からず、天照大神を豊鍬入姫命に託して笠縫邑に祀り倭大国魂神を渟名城入媛命に託して祀るが髪が抜け落ちてやせ細り祭祀が出来なくなった(崇神記六年条)。 同7年2月、巫女的な性格を持つ皇女倭迹迹日百襲媛命に憑依して、大物主神を祀れば平らぐと神懸りし、その後、天皇に大物主神が夢懸りして現れ、その神託に従って同7年11月に物部連の祖伊香色雄(いかがしこを)に命じ、磯城彦後裔である三輪氏の祖である茅渟県(ちぬあがた)陶邑(東陶器村)の意富多多泥古(大田田根子)を探し出して祭祀主として大物主神を祀らせた。その結果、国内が鎮まり、五穀豊穣して百姓が賑わった(崇神記七年二月辛卯条)。

倭迹迹日百襲媛命は聡明で未来を予言することができた。崇神天皇の命により北陸道を平定しようと出発した将軍の大彦命が道中で不思議な童歌を詠う少女に出会った。大彦命はただちに引き返して天皇に報告した。これを聞いた倭迹迹日百襲媛命は武埴安彦命と吾田媛の反逆を予言した。武埴安彦命らによる反乱は大彦命・彦国葺命らによって討伐された。 その後月日は流れ、倭迹迹日百襲媛命は大物主神の妻になった。しかしこの神はいつも夜にしか姫のところへやって来ず姿を見ることができなかった。百襲姫は夫にお姿を見たいので朝までいてほしいと頼んだ。翌朝明るくなって見たものは夫の美しい蛇の姿であった。百襲姫が驚き叫んだため大物主神は恥じて三輪山に帰ってしまった。百襲姫はこれを後悔して泣き崩れた拍子に、箸が陰部を突き絶命してしまった(もしくは、箸で陰部を突き命を絶った)。百襲姫は大市に葬られた。時の人はこの墓を箸墓と呼んだ。

さらに『日本書紀』によると、雄略天皇六年、天皇は少子部連スガル(蜾蠃)に、三輪山の神が見たいので、捕って来いと命じたところ、少子部連スガルは三輪山に登り大きな蛇を捕えてきて、天皇にお見せした。
天皇は斎戒していなかったため、大蛇は雷のごとき音をたて、目を輝かせてたという。

このように、当社祭神大物主神は蛇神であり、雷神である。

また、大物主神は密かに陶津耳命の娘・活玉依姫のもとへ通い、活玉依姫が妊娠。
父母は怪しんで、針を苧玉巻(おだまき:糸を巻く玉)につけ、神の裳にかけさせた。
明朝、その糸を辿ると、三諸山に行き着いた。
糸を巻いて輪にしたものが三丸(三輪のこと)残っていたので三諸山と号し、三輪という。


神紋は、「三本杉」と「三つ輪」
170501oomiwa48.jpg


170501oomiwa49.jpg


勅使殿
170501oomiwa50.jpg


大神神社参拝はこれで終え、摂末社参拝に向かいます。
その範囲が広大で、「山野辺の道」に沿って行うことになります。

「くすり道」を上がります。
薬の神様・狭井神社さいじんじゃへの参道で薬業関係者奉納の薬木・薬草が植えられている。
170501oomiwa51.jpg


170501oomiwa52.jpg


「山野辺の道」に出ました。
170501oomiwa53.jpg


170501oomiwa54.jpg


「医薬の神さま」の碑
170501oomiwa55.jpg


170501oomiwa56.jpg


「くすり道」から「山野辺の道」に出たところから、一旦大神神社の方に戻り、摂社・活日神社に参拝。

【摂社・活日神社】
ご祭神:高橋活日命
170501oomiwa57.jpg


170501oomiwa58.jpg


170501oomiwa59.jpg


170501oomiwa60.jpg


そして、狭井神社の方向に進み、摂社・磐座神社に参拝。

【摂社・磐座神社】
ご祭神:少彦名神
鳥居の向こうには社殿がありません。神の鎮まる磐座をご神座とし、薬の神様である少彦名命を祀ります。
磐座信仰の根付く三輪山には、奥津磐座・中津磐座・辺津磐座と呼ばれる磐座群が鎮まります。三輪山の麓に位置する磐座神社の磐座は、辺津磐座の一つということになります。
170501oomiwa61.jpg


170501oomiwa62.jpg


170501oomiwa63.jpg


170501oomiwa64.jpg


170501oomiwa65.jpg


更に「山野辺の道」を歩き、摂社・狭井神社に出ました。
摂社・狭井神社は次の記事となります。



「神社巡拝」に飛ぶ



お気に入りの場所一覧に飛ぶ



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop