築土(つくど)神社

20171015

所在地:東京都千代田区九段北1-14-21
参拝日:2017年5月31日

将門伝説にちなむ神社として参拝しました。
地下鉄九段下駅からあるいてすぐの所にあります。

交差点から築土神社に上がる坂の上がり口に標柱が立っている。
171015tukudo01.jpg


171015tukudo02.jpg


171015tukudo03.jpg


神社は高いビルの奥にある。
171015tukudo04.jpg


ビルの頂上には、大きな剣が屹立している。
171015tukudo05.jpg


神社入り口の鳥居
171015tukudo06.jpg


鳥居の社額
171015tukudo07.jpg


創建時の祭神・平将門に因み、武勇長久の神社として親しまれ、千代田区北の丸公園にある日本武道館の氏神でもある。 毎年正月に授与される勝守(かちまもり)は有名。

ご祭神は、現在は天津彦火邇々杵尊(あまつひこほのににぎのみこと)を主祭神とし、平将門、菅原道真を配祀する。

江戸時代の文献によると、当社内には平将門の首(頭蓋骨や髪の毛)そのものが安置されていたといわれ、数ある将門ゆかりの社寺の中で、将門信仰の象徴的神社となっていた。明治に教部省の指示により将門は相殿に格下げされ、現在は天津彦火邇々杵尊が当社の主祭神となっている。
戦災で当社が焼失するまで、将門の首を納めたという首桶、将門の肖像画(束帯姿)、木造の束帯坐像等が社宝として伝わっていた。昭和20年4月、戦災により社殿とともにそれらは焼失し、現在は一部の写真が残るのみである。
拝殿の装飾や絵馬などには、巴紋のほか平将門に因んだ繋ぎ馬(つなぎうま)の紋が使用されている。これは神社境内にある天水桶(文政元年)の彫刻を模したもので、築土神社の登録商標である(平成23年現在)。

歴史:
天慶3年(940年)6月、江戸の津久戸村(上平川村、現:千代田区大手町一丁目将門塚付近)に平将門の首を祀り、塚を築いたことから「津久戸明神」として創建されたという。
室町時代に太田道灌により田安郷(現:千代田区九段坂上)へ移転させられて以降は「田安明神」とも呼ばれ、日枝神社、神田明神とともに江戸三社の一つにも数えられることもあった(江戸三社のうち、日枝神社、神田明神以外は固定していない)。
元和2年(1616年)に江戸城の拡張工事により筑土八幡神社隣接地(現:新宿区筑土八幡町)へ移転し、「築土明神」と呼ばれた。
明治7年(1874年)天津彦火邇々杵尊を主祭神として「築土神社」へ改称する。
300年以上の間、筑土八幡神社と並んで鎮座していたが、1945年の東京大空襲によって全焼し、1954年、現在の九段中坂の途中にある世継稲荷境内地へ移転した。
平成6年(1994年)、境内地にオフィスビルを建設するとともに、鉄筋コンクリート造の社殿を新築。
平成18年(2006年)の築土祭では、安政6年(1859)の神田明神以来、実に147年振りに神輿渡御行列の江戸城入りを果たしている。

ビルの下の参道
171015tukudo08.jpg


ビルの下から抜けるところに、安永9年(1780)奉納の宝珠・角型狛犬が居る。
171015tukudo09.jpg


171015tukudo10.jpg


171015tukudo11.jpg


171015tukudo12.jpg


171015tukudo13.jpg


171015tukudo14.jpg


手水舎
171015tukudo15.jpg


拝殿
171015tukudo16.jpg


171015tukudo17.jpg


唐破風の上に鳳凰(?)が居る。
171015tukudo18.jpg


171015tukudo19.jpg


参拝所
171015tukudo20.jpg


社額
171015tukudo21.jpg


社殿の背後に回ると、本殿を拝することができる。
171015tukudo22.jpg


背後には、鹿のオブジェなどが置かれていた。
171015tukudo23.jpg


主祭神:
主祭神は天津彦火邇々杵尊
相殿神が、平将門公、菅原道真公

神紋は「右三つ巴」と「繋ぎ馬」
171015tukudo24.jpg


171015tukudo25.jpg


天水桶には将門公の「繋馬(つなぎうま)」が彫刻されているが、伝説では、将門が挙兵した時、突然空に一筋の稲妻が走り落下して黒馬に変わると、将門はこれに乗り戦場を縦横無尽に駆け巡ったとされる。「繋馬」は家紋や社紋として使用されることも多く、当社でも拝殿の門帳には「繋馬」を神紋として用いている。

境内社・世継稲荷(田安稲荷)
倉稲魂神を祭神として、嘉吉元年(1441)頃、飯田町に創建された稲荷神社である。当時はこの辺一帯を田安村といったことから、「田安稲荷」と称されていた。二代将軍秀忠が社に参内し「代々世を継ぎ栄える宮」と称賛し、これ以降「世継稲荷」と称されるようになったと伝えられている。元禄10年(1697)の大火で被害を受け翌年に再建した頃より、地域町人の守護神になっていった。享保15年(1730)以降、田安家の鎮守神としても崇拝された。また、文久2年(1862)に14代将軍家茂の正妻・和宮が子宝を願って参詣した。現代も子宝や後継者を願う人々に信仰されている。
171015tukudo26.jpg


171015tukudo27.jpg


171015tukudo28.jpg


171015tukudo29.jpg


171015tukudo30.jpg


171015tukudo31.jpg


171015tukudo32.jpg


力石
171015tukudo33.jpg


(了)


「神社巡拝」に飛ぶ



太平山(おおひらさん)神社

20171009

鎮座地:栃木県栃木市平井町659
参拝日:2017年8月30日

この日は、歴史クラブで催行する定例見学会「蔵の町・栃木市」の下見で訪れた。
この神社に参拝するには、東武日光線かJR両毛線の栃木駅からバスで「国学院栃木」まで行き、そこから1000段の石段を上がることになる。
それでは、足が覚束ないという人は、タクシーで境内までいくことが出来る。
そこまでは、という人は随神門前までタクシーで行き、そこからの230段の石段を上がることがお薦めだ。
171009oohira01.jpg


ここでは、1000段石段を下から上がって案内する。

バス停から歩いてすぐに、「あじさい坂」が始まる。
171009oohira02.jpg


二の鳥居(神明鳥居)
171009oohira03.jpg


この鳥居の横に、「六角堂」がある。
171009oohira04.jpg


天長2年(825)、比叡山延暦寺の天台座主慈覚大師の開創で、もとは太平山の別当寺、現在の太平山神社境内にありました。

江戸前期の寛永18年(1641)に、東叡山寛永寺の直末に補された天台宗の大寺で、三光院、報恩院、多門院、安楽院の四寺を支配していた。
ご本尊は、慈覚大師作と伝えられ、県内で最も古い木造彫刻の虚空蔵菩薩で、平成2年(1990)県指定有形文化財(彫刻)となりました。

その後、明治元年(1868)の神仏分離令により、太平山の旭岳(現在の太平少年自然の家敷地)に仮堂を建て移転しました。
この仮堂は、明治35年(1902)の暴風雨の際、堂宇が崩壊し、同年信徒有志の浄財により、現在地に京都頂法寺の六角堂を模し堂宇を建立したため、通称六角堂とよばれ、平成6年(1994)市指定有形文化財(建造物)となりました。

下から入り直します。
昭和20年奉納の狛犬が居ます。神仏習合の名残。
171009oohira05.jpg


171009oohira06.jpg


171009oohira07.jpg


171009oohira08.jpg


171009oohira09.jpg


六角堂
171009oohira10.jpg


171009oohira11.jpg


そこから坂を上がっていきます。
また神明鳥居があり。
この辺は、僅かな段差で石段となっているが、数えてみた結果、これも1000段に入っている(笑)
171009oohira12.jpg


上がっていくと、社号標、鳥居、神橋がセットになったところに出た。
171009oohira13.jpg


「大平宮」の額がかかった銅製明神鳥居
171009oohira14.jpg


171009oohira15.jpg


そこからまた上がっていくと、両側の藪の中に狛犬あり。
奉納年代は不明。
両方ともに阿形。
171009oohira16.jpg


171009oohira17.jpg


171009oohira18.jpg


171009oohira19.jpg


大きな杉の木が。
171009oohira20.jpg


171009oohira21.jpg


根元に秋海棠が咲いていた。
171009oohira22.jpg


ちょっとした踊り場に出た。
左手に行くと「太平沢園地」
171009oohira23.jpg


やっと、上のほうに赤い随身門が見えた。
171009oohira24.jpg


随神門に到着。
770段上がってきたことになる。
171009oohira25.jpg


随神門
171009oohira26.jpg


171009oohira27.jpg


現在は、表に随神が侍っている。
171009oohira28.jpg


171009oohira29.jpg


随神門をくぐると、天井には龍の絵が。
171009oohira30.jpg


171009oohira31.jpg


仁王さんは、以前と異なり裏側に回っている。
171009oohira32.jpg


171009oohira33.jpg


ここで、太平山神社の由緒を、神社の由緒書きから載せておく。
御鎮座略記:
太平山神社の歴史は、『諸神座記』をはじめとする多くの古文書によれば、第11代垂仁天皇の御代に、大物主神(おおものぬしのかみ)・天日一大神(あめのまひとつのおおかみ)が三輪山(現在の太平山)に鎮座されたときに始まると云われております。今からおよそ二千年も昔のことですが、太平山は非常に古くから信仰されていた山であったことが伺い知れます。
 太平山は「天長四年に慈覚大師が開山した山」として、今日に伝わっておりますが、『太平山開山記』によれば、「円仁(慈覚大師)は何年にもわたり太平山の入山を拒否されていたが、淳和天皇の御代の天長4年(827)、天皇の勅額を奉じることで、ついに入山を果たした」とあります。また、「太平山神社」という社号は、「天下太平を祈る社」として、勅額とともに淳和天皇から賜ったとも伝えられています。
 これ以降、太平山は神仏をまつる山となり、中世までには、神仏鎮まる御山として一大宗教の霊地となり、神社や寺院が八十余も遷座・建立されました。
 明徳2年(1392)には、後小松天皇から「太平山神社」の額を奉じられましたが、これら淳和・後小松両天皇の額は、天正13年(1585)の戦火で焼失してしまいました。
 戦国時代に「後北条氏と対立する上杉謙信が太平山から関東を臨んだ」という言い伝えが残っているように、関東平野を広く一望できる霊地に太平山神社は鎮座しております。天正年間に兵火によって社殿が焼失してしまう不幸がありましたが、近世の初期には速くも復興し、徳川幕府から朱印地を認められました。三代将軍家光の時代には、春日局が将軍のお世継ぎ誕生を祈願したことでも知られております。また、『雲上明鑑』『雲上明覧』には「下野太平山宮司」「野州 大平山神主」「野州 大平山別常」と記載されており、武家伝奏を通して朝廷に執奏する社でもありました。寛政年中(1789~1801)には「御願御抱場」とされるなど、民衆のみならず朝廷や幕府からも「天下太平を祈る社」として信仰されていました。
 太平山神社は、様々な歴史を経てまいりましたが、古い昔から、多くの人々の心を支え続けてきたのです。

御神徳記:
 太平山神社は瓊瓊杵命(ににぎのみこと)、天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)、豊受姫大神(とようけひめのおおかみ)をはじめ、多くの神様をお祀りしています。
 第53代淳和天皇の御代、風水害や疫病などで人々は苦しんでおりました。それに天皇は御心を痛められ、「下野国(今の栃木県)の霊峰三輪山(現在の太平山)に天下太平を祈る社を造営せよ」との詔を賜り、日の神であり太陽のように命を育む「天照皇大御神」、月のように人々に安らぎを与える「豊受姫大神」、星のように人生の道案内をしてくださる「瓊瓊杵命」、この「日・月・星」の御神徳をあらわす三座の神様をお祀りする社が造営されました。すると忽ち世の中は治まり、大いによろこばれた浮和天皇は、「太平山神社」の勅額を下賜されたのです。
 そして、もともと此地で劔宮(つるぎのみや)、または武治宮(ふじのみや)としてお祀りされていた神様は、奥宮として鎮まりました。
 以来、太平山に鎮座なされる神々は、「国を太平に治め、社会を平和に導き、家内の安全を守り、商業を繁栄に導き、人々を守護する祈願成就の神様」として万民の心を支え、篤く信仰されるようになりました。
 「おさめの神が鎮まります御山」である太平山には、御神徳あらたかな神々が鎮座しており、多くの祭典が執り行われ、人々の幸せを祈り続けているのです。


天日一大神(あめのまひとつのおおかみ)は、日本神話に登場する製鉄・鍛冶の神であることが注目される。

随神門のすぐ後ろに、狛犬が居たが、これは天保13年(1842)奉納のもの。
驚いたのは、右の阿形が逆立ちをして、左の吽形が構えている。
これは北陸の金沢を中心に分布している「金沢型」とまったく同じ姿勢だ。
しかし、「金沢型」は明治になってからと云われているから、こちらの方が早い。
この辺に同じ発想をした石工さんが居たということだろうが、驚いた。
阿形の逆立ちのほうが、一部壊れているのが痛々しい。
171009oohira34.jpg


171009oohira35.jpg


171009oohira36.jpg


171009oohira37.jpg


また、せっせと上がる。
171009oohira38.jpg


この辺は、けっこう傾斜がきつい。
今くぐってきた随神門を見下ろす。
171009oohira39.jpg


二代目横綱「綾川五郎治」受け止めの石
171009oohira40.jpg


171009oohira41.jpg


境内の石垣のところまで来た。
171009oohira42.jpg


銅の明神鳥居
171009oohira43.jpg


掲額には「三光神社」とあり。
後になって祭神となった三神を「三光」としたのだろう。
171009oohira44.jpg


最後の石段
171009oohira45.jpg


勅使門
171009oohira46.jpg


境内に到着
171009oohira47.jpg


手水舎
171009oohira48.jpg


ここは、拝殿は無く、本殿のみとなる。
171009oohira49.jpg


御祭神は、天照皇大御神、豊受姫大神、竣竣杵命

本殿前の狛犬は、宝珠・角型。
通常と異なり、右側に角を持った獅子が居る。
171009oohira50.jpg


171009oohira51.jpg


左側に、宝珠を載せた獅子。
171009oohira52.jpg


171009oohira53.jpg


171009oohira54.jpg


境内の案内図によって、境内社に参拝。
171009oohira55.jpg


ご神石
171009oohira56.jpg


交通安全神社
ご祭神:猿田彦命
171009oohira57.jpg


福神社
御祭神:恵比須神、大国主命
171009oohira58.jpg


蛇神社
御祭神:蛇神様(水神様)
171009oohira59.jpg


星宮
ご祭神:磐裂根裂神、天之加々背男命、天海水木土火金地
子易神社
ご祭神:木花開耶姫
天満宮文章學社
ご祭神:菅原道真公、莬道稚郎子命
171009oohira60.jpg


太平山稲荷神社
ご祭神:豊宇気毘売神
171009oohira61.jpg


三輪神社
ご祭神:大物主大神、大巳貴大神、少彦名神
171009oohira62.jpg


このお宮の横に立っている灯篭は、一つの石から出来ているとのこと。

足尾神社
ご祭神:日本武尊(天狗様)
171009oohira63.jpg


たくさんの下駄が奉納されていた。
171009oohira64.jpg


皇大神宮・稲荷神社・厳島神社・上宮神社・天満宮・大杉神社・織姫神社・浅間神社・愛宕神社・八幡神社
171009oohira65.jpg


神馬舎
171009oohira66.jpg


覗いて吃驚した。
金の神馬であった。
171009oohira67.jpg


171009oohira68.jpg


これで参拝を終え、下界を見下ろす。
天気が悪かったので、この程度しか見えないが、天気が良いと素晴らしい景色だろう。
171009oohira69.jpg


(了)


「神社巡拝」に飛ぶ



吾嬬神社

20170913

鎮座地:東京都墨田区立花1-1-15
参拝日:2017年9月10日

この神社に、いい狛犬が居るとの情報があり、この日参拝しました。
東武亀戸線「小村井」駅から明治通りを500mほど南下すると、福神橋のたもとにあります。

福神橋
170913azuma01.jpg


福神橋は北十間川にかかっており、福神橋から西を見ると、正面に東京スカイツリーが見える。
170913azuma02.jpg


この川筋が古代~中世の海岸線だったらしい。

吾嬬神社入り口に社号標。
170913azuma03.jpg


すみだの史跡散歩による吾嬬神社の由緒:
この地は江戸時代のころ「吾嬬の森」、また「浮州の森」と呼ばれ、こんもりと茂った微高地で、その中に祠があり、後「吾嬬の社」と呼ばれたとも言われています。この微高地は古代の古墳ではないかという説もあります。
吾嬬神社の祭神弟橘媛命を主神とし、相殿に日本武尊を祀っています。当社の縁起については諸説がありますが、「縁起」の碑によりますと、昔、日本武尊が東征の折、相模国から上総国へ渡ろうとして海上に出た時、にわかに暴風が起こり、乗船も危うくなったのを弟橘媛命が海神の心を鎮めるために海中に身を投じると、海上が穏やかになって船は無事を得、尊は上陸されて「吾妻恋し」と悲しんだという。
のち、命の御召物がこの地の磯辺に漂い着いたので、これを築山に納めて吾嬬大権現として崇めたのが始まりだと言われています。
降って、正治元年(1199)に北条泰時が幕下の葛西領主遠山丹波守に命じて、神領として300貫を寄進し社殿を造営しています。さらに、嘉元元年(1303)に鎌倉から真言宗の宝蓮寺を移して別当寺としています。これらによっても、当社の創建は相当古いものと考えられます。
なお、奥宮と称される本殿の裏手には狛犬が奉納されています。樹木の下にあって磨滅は少なく、安永2年(1773)の銘を持ち、築地小田原町(築地6・7丁目)、本船町地引河岸(日本橋本町)の関係者の奉納であることがわかります。かってはこの森が海上からの好目標であったこともうかがわせます。(すみだの史跡散歩より)

由緒書き
170913azuma04.jpg


入るとすぐ左手に、紀真顔高麗剣の歌碑がある。
文政12年※昭和40年9月破損にて再建
『高麗剣わざこそ歌の一風流を我たまひしと人強く磨けり』。
170913azuma05.jpg


紀真顔:
江戸後期の狂歌師,黄表紙作者。江戸の人。本名は北川嘉兵衛。別号は狂歌堂,四方歌垣(よものうたがき),俳諧歌場。数寄屋橋外の汁粉屋で,はじめは恋川好町(すきまち)の名で黄表紙作者。狂歌は四方赤良(よものあから)(大田南畝)に師事して判者を譲られ,四方側の領袖となる。狂歌四天王の一人。天明狂歌の第二世代として宿屋飯盛(石川雅望)と双璧をなすが,純粋天明調を首唱する飯盛に対し,狂歌を優美高尚なものにしようとして俳諧歌と呼んだ。

参道は、まっすぐ、やや下っている。
170913azuma06.jpg


神橋
170913azuma07.jpg


神橋を渡ると広場となり、石垣で高くなったところに社殿あり。
170913azuma08.jpg


石垣の下にも幾つか並んでいる。

古い社号標
170913azuma09.jpg


縁起を刻んだ石碑
170913azuma10.jpg


源延平の歌碑
『皇国はかみ代のままの道しあれことなる文のをしへ何せむ』
170913azuma11.jpg


石段を上がり、鳥居をくぐると、左手に手水舎あり。
170913azuma12.jpg


右には、楠がある。
170913azuma13.jpg


「神樟」の碑
170913azuma14.jpg


神木「連理の楠」。
墨田区の登録有形文化財。明治時代には幹周りが4~5mはあったというが、大正時代に枯れてしまった。この木の葉を煎じて飲むと、諸病に効くとされていたという。
説明
170913azuma15.jpg


170913azuma16.jpg


枯れた幹が、まだ残っている。
170913azuma17.jpg


170913azuma18.jpg


その横に新しい楠が勢いよく茂っている。
170913azuma19.jpg


170913azuma20.jpg


社殿を挟んで反対側に、「吾嬬森碑」がある。
170913azuma21.jpg


説明
170913azuma22.jpg


170913azuma23.jpg


歌川広重の「江戸名所百景」
「吾嬬の森連理の梓」
「梓」としてしまったのは、広重と版元のケアレスミス。
170913azuma24.jpg


拝殿
170913azuma25.jpg


社額
170913azuma26.jpg


拝殿内部
170913azuma27.jpg


本殿は石祠であるが、フェンスに阻まれ、近づくことはできない。
170913azuma28.jpg


ご祭神は弟橘姫命
ご相殿神が日本武命

本殿の前に、安永2年銘狛犬が居ます。
(説明板)
この狛犬は比較的小型の一対ですが、世話人10名と奉納者22名もの名前が刻まれています。そのほとんどが築地小田原町(中央区築地6・7丁目)や本船町地引河岸(中央区日本橋本町)など日本橋の商人であることから、海運・漁業関係者との繋がりをよく表しているといってよいでしょう。このことは吾嬬神社の由来に起因しています。日本の神話に、日本武尊命が現在の東京湾を舟で渡っている時に神の怒りに触れ、往生していた時に妻の弟橘媛が海に身を投げて海神の怒りを鎮めたという話があります。この媛の品が流れ着いた所がこの地だったということです。以来、海や川で働く人々の守護神として信仰されてきたわけです。また、昔は地盤沈下していなかったため、この社の裏の「吾嬬の森」と呼ばれた森が小山のように広がり、海上からの好目標だったことも崇敬を集めた理由のひとつでしょう。現在、鉄柵の奥にあるため近づくことはできませんが、かえって台座に刻まれた人名など、良い状態で保存されています。
170913azuma29.jpg


170913azuma30.jpg


170913azuma31.jpg


力石が5個あり。
170913azuma32.jpg


一番大きいのは、五十貫二百目
170913azuma33.jpg


神輿庫
170913azuma34.jpg


境内社の福神稲荷神社
御祭神:宇賀之魂之命、大国主之命、金山彦之命
170913azuma35.jpg


170913azuma36.jpg


社殿の前に、狛狐が居た。
170913azuma37.jpg


170913azuma38.jpg


170913azuma39.jpg


(了)



「神社巡拝」に飛ぶ



代々木八幡宮

20170731

鎮座地:東京都渋谷区代々木5丁目1-1
参拝日:2017年7月27日

小田急線「代々木八幡」駅から歩いて5分ほどのところにあります。

岡一つが丸々境内になっており、入り口から上がっていきます。
170731yoyogi01.jpg


社号標
170731yoyogi02.jpg


旧社格は村社。
八幡神として応神天皇を主座に祀り、天祖社・天照大神、白山社・白山大神を配祀する。

建暦2年(1212年)、源頼家の近習・近藤三郎是政の家来であった荒井外記智明によって創建された。頼家が修禅寺で暗殺された後、智明は武蔵野国代々木野に隠遁し主君の冥福を祈る日々を送っていたが、建暦2年8月15日の夜、鎌倉の八幡大神から宝珠のような鏡を授かり、託宣を受ける夢を見た。そこで、同年9月23日、元八幡の地に小祠を建て鶴岡八幡宮より勧請を受けたのが当社の始まりであると伝える。現在でも例祭は9月23日に行われている。

当社は草創以来、社僧の手によって管理されてきた。別当寺であった福泉寺の文書によれば、 天保元年(1644)伝養律師が中興開山として天台宗に改め、次いで二世の僧が社殿、植林などの整備を行い、 三世の長秀法師の代に現在の場所へ奉遷したといわれている。
これは大和国岩掛城主・山田政秀の第六女、 紀州家側室・延寿院殿が甥であった長秀法師のために社地6000坪を始めとする数々の寄進をしたことで実現した。
明治維新以降、神仏混淆が禁止され当社は村社に列せられた。 江戸時代からの稲荷社、天神社の末社に加え、旧代々木村にあった小さな神社が合祀され、 天祖社(天照大神)と白山社(白山大神)が八幡さまの配座に祀られた。

昭和25年、境内の発掘調査が行われ、縄文時代の住居跡などが発見された。境内に竪穴式住居を復元したものがある。「代々木八幡遺跡」として渋谷区の史跡に指定されている。

社号標のところに、昭和36年(1961)奉納の、威嚇型狛犬が居る。
170731yoyogi03.jpg


170731yoyogi04.jpg


170731yoyogi05.jpg


一の鳥居
170731yoyogi06.jpg


ここで、拝殿前にあった境内図をアップしておきます。
170731yoyogi07.jpg


一の鳥居から弓なりの参道があり、二つに分かれている。
右は二の鳥居からの参道、左は竪穴式住居を復元した「代々木八幡遺跡」に向かっている。
170731yoyogi08.jpg


右に行き、左に折れて二の鳥居になるところに、庚申塔が並んでいた。
ここは福泉寺の境内だと思う。
170731yoyogi09.jpg


170731yoyogi10.jpg


青面金剛庚申塔が二体あり、宝永6年(1709)と寛政6年(1794)のものがあった。
宝永6年(1709)造立のものをアップしておく。
170731yoyogi11.jpg


宝暦5年(1755)造立で、地蔵菩薩を主尊とする珍しい庚申塔があった。
170731yoyogi12.jpg


二の鳥居
170731yoyogi13.jpg


二の鳥居と拝殿の参道中間に狛犬が居る。
天明9年(1789)奉納、はじめ型(尾立ち)
170731yoyogi14.jpg


170731yoyogi15.jpg


170731yoyogi16.jpg


170731yoyogi17.jpg


170731yoyogi18.jpg


手水舎の手前に、石灯篭あり。
代々木の原に大日本帝国陸軍の代々木練兵場が1909年(明治42年)造られた際、この地から立ち退くことになった居住者らが別れを惜しんで奉納した石碑、「訣別の碑」がある(二基ある灯篭の竿石部分)。
170731yoyogi19.jpg


170731yoyogi20.jpg


170731yoyogi21.jpg


170731yoyogi22.jpg


手水舎
170731yoyogi23.jpg


拝殿前に、三組目の狛犬が居る。
明治26年(1893)奉納、江戸流れ尾型で、台座の彫刻も含めて素晴らしい出来のもの。
170731yoyogi24.jpg


170731yoyogi25.jpg


170731yoyogi26.jpg


170731yoyogi27.jpg


170731yoyogi28.jpg


170731yoyogi29.jpg


170731yoyogi30.jpg


170731yoyogi31.jpg


拝殿
170731yoyogi32.jpg


170731yoyogi33.jpg


向背破風は、千鳥破風と唐破風の二重。
170731yoyogi34.jpg


向背破風懸魚の彫刻は鳳凰。
170731yoyogi35.jpg


向背部中備えの彫刻は龍。
170731yoyogi36.jpg


軒の破風に降り懸魚の彫刻があり。
170731yoyogi37.jpg


社額
170731yoyogi38.jpg


拝殿内部は、御簾が下がっていて伺うことは出来ず。
170731yoyogi39.jpg


本殿
170731yoyogi40.jpg


ご祭神は、応神天皇。
配祀神が、天照大神と白山大神

ご神紋は「右三つ巴」
170731yoyogi41.jpg


神楽殿
170731yoyogi42.jpg


保存されている「代々木囃子」と「代々木もちつき唄」の説明あり。
170731yoyogi43.jpg


170731yoyogi44.jpg


神輿庫
170731yoyogi45.jpg


境内社に参拝。
170731yoyogi46.jpg


稲荷社(ご祭神:豊受大神)・天神社(ご祭神:菅原道真公)・榛名社(ご祭神:日本武尊)
170731yoyogi47.jpg


出世稲荷社
170731yoyogi48.jpg


170731yoyogi49.jpg


170731yoyogi50.jpg


170731yoyogi51.jpg


富士登頂記念碑
富士講が建てたもの。
170731yoyogi52.jpg


この辺にある碑を観察してみると、富士山の溶岩を使って「稲荷山」を建てたものらしい。
170731yoyogi53.jpg


石祠
ご祭神不明
170731yoyogi54.jpg


〇代々木八幡遺跡出土品陳列館
170731yoyogi55.jpg


170731yoyogi56.jpg


170731yoyogi57.jpg


或る程度の暮らしが再現されている。
170731yoyogi58.jpg


出土した縄文土器
170731yoyogi59.jpg


出土した石器
170731yoyogi60.jpg


石皿と凹石・磨石
170731yoyogi61.jpg


縄文時代の根源的な信仰対象「石棒」
170731yoyogi62.jpg


これで、一応の参拝を終え、しばらく境内で休憩してから、「代々木八幡遺跡復元竪穴住居」を見に行った。

広い境内の林の中にある。
170731yoyogi63.jpg


〇代々木八幡遺跡復元竪穴住居
170731yoyogi64.jpg


170731yoyogi65.jpg


170731yoyogi66.jpg


170731yoyogi67.jpg


これで、ここの参拝を終えて、次の目的地に移動しました。



「神社巡拝」に飛ぶ




上野国一之宮・貫前(ぬきさき)神社

20170711

鎮座地:群馬県富岡市一ノ宮1535
参拝日:2017年6月16日

この日は、午前中長野県佐久市で私の両親の墓参りをし、いつもならその後は軽井沢で遊ぶのだが、今回は富岡インターまで戻り、当社に参拝した。

車のナビの案内に従って進んでいくと、到着したのは総門の前だった。

大鳥居のところまで行って見ると、大鳥居の前は鏑川からけっこう上がってくる。
170711nukisaki01.jpg


石段を少し降りて大鳥居を撮った。
170711nukisaki02.jpg


大鳥居と総門は鏑川左岸の河岸段丘上「蓬ヶ丘」の上に同じ高さにあり、境内は正面参道からいったん石段を上がり、総門を潜ったところから石段を下ると社殿があるという、いわゆる「下り宮」と呼ばれる配置となっている。

当社は物部氏が祖神を祀ったことに始まり、古代には朝廷から、中世以降は武家からも崇敬された。

社伝によると、創建は安閑天皇元年(531年?)3月15日、鷺宮(現 安中市の咲前神社に比定)に物部姓磯部氏が氏神である経津主神を祀り、荒船山に発する鏑川の流域で鷺宮の南方に位置する蓬ヶ丘綾女谷に社を定めたのが始まりといわれる。その後、天武天皇2年(私年号では白鳳2年、673年)に最初の奉幣が行われた。
一方、室町時代成立の『神道集』には、安閑天皇2年(532年?)3月中頃に抜鉾大明神が笹岡山に鉾を逆さに立てて御座、白鳳6年(677年)[注 2]3月に菖蒲谷に社壇が建立されたと記載されている。

現在の社名「一之宮貫前神社」は旧社格廃止に伴い改称したものであり、六国史をはじめとする古書には、「抜鉾神社」(ぬきほこ-)と「貫前神社」(ぬきさき-)の2つの名で記される(詳細は後述)。この2社が現神社の前身であるとすると、最初に記録に登場するのは大同元年(806年)、『新鈔格勅符抄』の神封部にある「上野抜鉾神 二戸」の記述である。延長5年(927年)には『延喜式神名帳』に貫前神社が名神大に列格されている。
宇多天皇の代、仁和4年(888年)に一代一度の奉幣として大神宝使を遣わすこととしたが、当社へは寛仁元年(1017年)後一条天皇即位の際に遣わされている。
長元3年-4年(1030年-1031年)に成立したとされる『上野国交替実録帳』には「正一位勲十二等抜鉾大明神社」とあり、当時既に神階が正一位に達していたと思われる。
『本朝続文粋』の記述によれば、康和2年(1100年)4月に上野国目代平周真が降雨の祈願を行った時の奉献の文を国司上野介藤原敦基が執筆しており、当社が国司による特別の崇敬を受け、一宮的機能が12世紀初頭には確立したと考えられる。
中世において、当社は源頼義・義家父子を始めとする武家の崇敬を集め、室町時代末期に越後上杉・相模後北条・甲斐武田の各氏に支配された際も庇護を受け、特に武田氏は譜代家老の原昌胤が取次を務め、造替費用を棟別に課して、上野国を越えた策を講じたとされる。
江戸時代には徳川家の庇護を受け、現在の社殿が整えられた。江戸当時は「抜鉾神社」が一般名称であった。
明治4年(1871年)に近代社格制度において国幣中社に指定され、延喜式での表記に倣い「貫前神社」と改称した。戦後は神社本庁が包括する別表神社となっている。

【抜鉾神社と貫前神社】
明治以前の歴史書には、当社に関して「抜鉾神社」と「貫前神社」という2つの記載がある。また『和名抄』には甘楽郡に「抜鉾郷」と「貫前郷」の記載もある。それら「抜鉾」と「貫前」の関係については議論があり、以下の2説が存在する。

2神2社説
抜鉾神を祀る神社と貫前神を祀る神社は別々の神社であったとする説。
『日本の神々』では、「貫前」の社名は明治維新後に「抜鉾」から改められたもので、本来は「貫前」と「抜鉾」の2神2社であったものが「抜鉾」時代に2神1社となり、明治になって公式には1神1社になった、と述べている。さらに続けて、実際には現在も男・女2神を祀り、2神1社の形は残されている、とも述べている。同書では、朱雀天皇の承平年間(931年-937年)の『和名抄』上野国甘楽郡の項に「貫前郷」と「抜鉾郷」の名が見えることから、貫前神社と抜鉾神社は別地に建っていたと考察し、長元3年-4年(1030年-1031年)の『上野国交替実録帳』に「正一位勲十二等抜鉾大明神社」とあって「貫前」の名が無いこと、正一位で勲十二等と言う神階のおかしさ、この2点より『延喜式神名帳』成立後から『上野国交替実録帳』成立以前の間に「貫前」と「抜鉾」が混同されたと推測している。『群馬県の地名』でも、初め2神2社でのちに2神1社となったとしている。なお2神の説明で、貫前神は甘楽郡鏑川に居住した渡来人の神、抜鉾神は碓氷郡・甘楽郡にいた物部氏一族の神としており、これが混同されたとしている。

1神1社説
抜鉾神社も貫前神社も同じ神社を指す異なる名であるとする説。
『中世諸国一宮制の基礎的研究』では、「貫前」と「抜鉾」いずれの名も六国史に見え、神階に預かる霊験高い神であるが、『延喜式神名帳』には「貫前神社」を1座としているので両神は1神と見るべきであろう、と述べている。付け加えて、別々の2神であれば、官社の幣帛に預かる2座の神とされたはずであり、『延喜臨時祭式』の「名神祭二百八十五座」の1つに「貫前神社一座或作抜鉾」とある注記は同一神であることを示している、と述べている。さらに、『左経記』寛仁元年(1017年)10月2日条に記載の大神宝使に預かる「上野貫前」が、長元3年-4年(1030年-1031年)の国司交代時に作成した『上野国交替実録帳』の「抜鉾大明神」と別々であるとは考えられない、と述べている。


総門の前には、銅灯篭と狛犬が奉納されている。
170711nukisaki03.jpg


銅製燈籠
総門前両脇に立つ。慶応元年の作で、市指定文化財。
大東亜戦争中に於ける金属回収令の際危うかったが、貴重芸術品と算定された為に対象除外とされた。
170711nukisaki04.jpg


170711nukisaki05.jpg


170711nukisaki06.jpg


総門前の狛犬は、意外と新しく昭和2年奉納のもの。
近代に多い、岡崎型、護国型(威嚇型)とは違っていて、風貌には似合わず親しみやすい、独特の型である。
170711nukisaki07.jpg


170711nukisaki08.jpg


170711nukisaki09.jpg


170711nukisaki10.jpg


170711nukisaki11.jpg


170711nukisaki12.jpg


総門
170711nukisaki13.jpg


170711nukisaki14.jpg


総門の前に立つと、楼門の屋根がかなり下に見えるので、かなり降ることがわかる。
170711nukisaki15.jpg


総門の他に勅使門がある。
勅使門(不明門(あかずのもん)) 朱雀天皇の代(930年-946年)に勅使参向の際に設けられた。普段は開門されず、1年に3回、春・秋の御戸開祭と流鏑馬神事の時に開かれる。
170711nukisaki16.jpg


170711nukisaki17.jpg


勅額鳥居
名前は清和天皇筆の額が掲げられていたことに由来する。一ノ宮大字田島にあったが、寛永12年に現在の勅使門裏手に移築した。現在は有栖川宮幟仁親王の額が掲げられている。
170711nukisaki18.jpg


〇蛙の木
総門をくぐった右手に立つタブノキで、太平洋戦争末期、蛙に似たサルノコシカケが出現。祭神の経津主神が勇武に優れていたことから「勝って蛙」「勝ち蛙」として兵士・家族の信仰を集めた。現在は交通安全の守護「無事蛙」として信仰される。
170711nukisaki19.jpg


170711nukisaki20.jpg


170711nukisaki21.jpg


総門の下から見ると、かなりの下り勾配である。
総門を潜ったところから石段を下ると社殿があるという、いわゆる「下り宮」と呼ばれる配置である。
170711nukisaki22.jpg


参道をほとんど降りた横に月読神社があり。

末社・月読神社
社殿は、寛永十二年以前の本社拝殿。
こちらも、近在の神社を合祀しており、十七柱を祀る。
明治41年に近在の秋畑琵琶澤社久司神社、秋畑二ツ石雷電神社、秋畑裏根湯前神社、野上近戸神社を合祀し、月夜見命の他17柱を祀る。
170711nukisaki23.jpg


170711nukisaki24.jpg


月読神社ということで、月にまつわる神紋を期待したが、賽銭箱の神紋は「包み稲の穂」であった。
170711nukisaki25.jpg


ここから、もう少し降りると楼門である。
170711nukisaki26.jpg


楼門(重要文化財)入母屋造。
170711nukisaki27.jpg


左右には重厚な回廊が広がる。
170711nukisaki28.jpg


斗栱(ときょう)の「三手先」を大きく突き出している。珍しい。
170711nukisaki29.jpg


真ん中は止めてあり、左右から出入りする。
170711nukisaki30.jpg


随身
170711nukisaki31.jpg


170711nukisaki32.jpg


拝殿
170711nukisaki33.jpg


本殿、拝殿、楼門、回廊は、江戸幕府第3代将軍徳川家光による寛永12年(1635年)の造営。元禄11年(1698年)、第5代綱吉による大規模な修理で極彩色の漆が塗られ、現在の華麗な造りとなった。いずれも国の重要文化財に指定されている。

向背の屋根は唐破風。
170711nukisaki34.jpg


向背部
170711nukisaki35.jpg


170711nukisaki36.jpg


170711nukisaki37.jpg


拝殿右側面から。
170711nukisaki38.jpg


170711nukisaki39.jpg


170711nukisaki40.jpg


拝殿左側面から。
170711nukisaki41.jpg


170711nukisaki42.jpg


拝殿内部
170711nukisaki43.jpg


本殿
単層2階建てで「貫前造」と呼ばれる独特な造りである。
また、内部は2階構造になっていて上段に神座が据えられ、稲含山に向けて「雷神小窓」が設けられている。
170711nukisaki44.jpg


内部が二階になっているのがわかる、屋根の重厚さである。
170711nukisaki45.jpg


千木は内削ぎであり、ご祭神が女神を表している。
170711nukisaki46.jpg


当社の西方に荒船山(荒船神社)があり、東方には小舟神社がある。
小船神社は、当社の祓戸とされ、東西のライン、荒船-貫前-小舟が女神の系譜。

当社の本殿には「雷神小窓」という緑色の雷神を描いた窓があり、南方の稲含山(稲含神社)の方向を向いている。
また、北方には咲前神社があり、前宮・鷺宮とよばれている。
いずれも経津主神を祭神とし、南北に武神・雷神のライン、稲含-抜鉾-咲前が存在する。

「雷神小窓」という緑色の雷神を描いた窓がある。
170711nukisaki47.jpg


本殿の向背部分の装飾をうかがう。
170711nukisaki48.jpg


170711nukisaki49.jpg


本殿の側面
170711nukisaki50.jpg


左側に回って、本殿を仰ぐ。
170711nukisaki51.jpg


170711nukisaki52.jpg


170711nukisaki53.jpg


なんとか、覗けるところを探して、本殿正面を見ることができた。
170711nukisaki54.jpg


本殿の右袖障子。
「鯉の滝登り」が彫刻されている。
170711nukisaki55.jpg


本殿の左袖障子。
こちらも「鯉の滝登り」が彫刻されている。
170711nukisaki56.jpg


ご祭神:
・経津主神 (ふつぬしのかみ)
葦原中国(日本)平定に功績があったとされる神。当社では物部氏の祖神と紹介している。
・姫大神
祭神の名前は不詳。一説には、綾女庄(当地の古い呼称)の養蚕機織の神とされる。
なお、『一宮巡詣記』では「本尊稚日女尊、相殿経津主命」と記載され主神は女神とされているほか、本殿の千木も内削ぎ(女神の特徴)となっている。

中世以降、抜鉾明神と称される場合が多いが、貫前神とは、本来は別の神。
つまり、「抜鉾」「貫前」の二神を祀る神社だった。「抜鉾」が男神・経津主神、「貫前」が女神となる。

『神道集』では、当社・貫前神社の祭神は、女神であったとし、南天竺狗留吠国の長者・玉芳大臣の五女。

また、笹岡山(荒船山)の峯に船を逆さに伏せ、その船の中に保った河水は、火の雨が降るときにこの水で消すべしと誓ったという。水神・水源神、あるいは周囲の火山に対する対処神かもしれない。

また、一之宮であった赤城大明神が、財の君である、この女神を他国へ渡してはならないと、女神に一之宮を譲ったという。さらに、赤城神が絹機を織っていたが、絹笳が不足したが、この女神から借りて織り上げたとも。

ということで、当社の女神は、水神・財神・機織の神と実に多彩だ。

神紋は「右三つ巴」
170711nukisaki57.jpg


摂社・抜鉾若御子神社
ご祭神:本社祭神の御子神
本殿向かって左脇に鎮座する。元は一ノ宮字若宮に鎮座していた。安閑天皇の代(531年-535年)の創建とされ、『上野国神名帳』には「従五位抜鉾若御子明神」と記載されている。明治38年に現在地に遷座した。社殿は棟札によると文化12年の造営。
170711nukisaki58.jpg


170711nukisaki59.jpg


末社が、総門から入ってすぐ左にいくと広場があり、そこに鎮座している。
170711nukisaki60.jpg


170711nukisaki61.jpg


伊勢内宮・外宮
ご祭神:天照大神(内宮)、豊受大神(外宮)
仮殿敷地に隣接して鎮座する。両宮とも、天狗沢峰通り字伊勢屋敷に鎮座していたものを寛永12年に遷宮したと伝わる。

伊勢外宮
170711nukisaki62.jpg


伊勢内宮
170711nukisaki63.jpg


日枝神社社殿は、寛永十二年以前の本社本殿。
近在の神社を合祀しており、現在十七柱を祀る。
明治42年に近在の田島和合神社、宇田諏訪神社、坂井大臣神社を合祀し、大山咋神の他17柱を祀る。
170711nukisaki64.jpg


二十二社
仮殿敷地に隣接して鎮座する。社領内に祀られていた各社を、寛永12年の造営時に一棟にまとめたもの。
竈神社、菅原神社、沓脱神社、速玉男神社、粟島神社、春日神社、奇八玉神社、諏訪神社、八幡宮、事解男神社、咲前神社、浅間神社、高靇神社、少彦名神社、長田神社、伊邪那岐神社、八坂神社、白山比咩神社、熊野神社、水分神社、熱田神社、扣(こう)神社
170711nukisaki65.jpg


神楽殿
170711nukisaki66.jpg


寛保2年の神楽奉納額が掛かっていた。
170711nukisaki67.jpg


〇藤太杉
樹齢1200年といわれる大杉で、本殿の裏に立つ。平将門討伐のために出征した藤原秀郷が戦勝祈願として年齢と同じ36本の杉を奉納したうちの1本とされる。
残念ながら、枯れてしまったようだ。
170711nukisaki68.jpg


170711nukisaki69.jpg


170711nukisaki70.jpg


〇スダジイ
樹齢推定1000年。数本の枝幹が成長して重なり合う。樹高15メートル、根回り4メートル。富岡市指定天然記念物、富岡の名木10選の1つ。
170711nukisaki71.jpg


170711nukisaki72.jpg


170711nukisaki73.jpg


170711nukisaki74.jpg


〇銀杏
富岡の名木10選の1つ。
170711nukisaki75.jpg


170711nukisaki76.jpg


170711nukisaki77.jpg


神楽殿の横から、勅額鳥居に上がる時に、振り返って境内を眺めた。
170711nukisaki78.jpg


勅額鳥居に上がる石段。
170711nukisaki79.jpg


これで、参拝を終え、帰途につきました。



「神社巡拝」に飛ぶ



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop