三囲(みめぐり)神社の狛犬

20170605

所在地:東京都墨田区向島2丁目 三囲神社参道
参拝日:2016年11月3日

年代:延享2年(1745)
材質:石造
型式:江戸尾立ち型

三囲神社については、既に記事にしています。

その記事を読む


三囲神社の参道に置かれている。
170605mimeguri01.jpg


右側の阿形獅子
170605mimeguri02.jpg


170605mimeguri03.jpg


170605mimeguri04.jpg


170605mimeguri05.jpg


170605mimeguri06.jpg


左側の吽形獅子
170605mimeguri07.jpg


170605mimeguri08.jpg


170605mimeguri09.jpg


170605mimeguri10.jpg


特徴:
・右側が阿形、たてがみが巻き毛であり獅子。
・左側は吽形、たてがみが同様に巻き毛であり獅子。
・耳は開き気味で、後ろに流れている。
・顔はいかつい顔が笑っている。牙が長く、威嚇的な印象があるが笑っていてユニークな印象となっている。
・胸が張り、たくましく勢いがある。
・前足は、太く真っ直ぐで、少し前に出し気味。肘の翼が火焔状で勢いあり。
・後足は蹲踞。筋肉なのか、綿毛の表現か、凹凸をつけている。
・尾は、輪郭がたけのこ型で、勢いのある炎型。根元の巻き毛も炎状である。


前足の肘の翼が火焔状で勢いあり。
後足は蹲踞。筋肉なのか、綿毛の表現か、凹凸をつけている。
170605mimeguri11.jpg


尾は、輪郭がたけのこ型で、勢いのある炎型。根元の巻き毛も炎状である。
170605mimeguri12.jpg



江戸狛犬の特徴を、比較的シンプルに、それでいて彫りが深いので、印象的に良く出している。



狛犬の記事一覧を見る



気比神宮末社・猿田彦神社の狛犬

20170526

所在地:福井県敦賀市曙町 気比神宮境内猿田彦神社の参道
参拝日:2016.8.2

年代:寛保3年(1743)
材質:石造
型式:越前禿型

2016年に青春18キップの旅で、敦賀市の越前国一之宮・気比神宮に参拝したときに、末社猿田彦神社に居た狛犬である。

越前国一之宮・気比神宮の記事を読む


気比神宮境内には、江戸時代の越前禿型の狛犬が三組あり、既にアップしている末社・兒宮に続き、二番目に古いもの。

末社猿田彦神社の入り口、鳥居をくぐってすぐのところに居る。
170526saru01.jpg


右側の阿形獅子
170526saru02.jpg


170526saru03.jpg


170526saru04.jpg


左側の吽形獅子
170526saru05.jpg


170526saru06.jpg


170526saru07.jpg


特徴:
・右側が阿形、たてがみの先端が内側にカールしているので獅子。
・左側は吽形、たてがみの先端が内側にカールしているので獅子。
・おかっぱは、控えめ。
・耳は垂れている。
・顔はユニーク。鼻と口が大きくて、眼は引っ込んでしまっていて、愛嬌がある。
・眉や牙が明確に刻まれている。
・台座が低くて、首を上にあげ、見上げる姿勢になっていて、親しみがある。
・前足は、真っ直ぐ。
・後足は蹲踞。
・尾は、確認していない。付き尾であることは間違いない。

年号の彫刻
170526saru08.jpg



おかっぱ(禿)頭と、背中にぺったり張り付いた尾、たてがみの先が内巻きにカールしている点、牙や眉を明解に刻み込んでいることが「越前禿型」の特徴。
低い位置に座り、見上げる体勢なので、親しみやすい印象となっている。



狛犬の記事一覧を見る



大國魂神社境内・東照宮の狛犬

20170518

所在地:東京都府中市宮町 大國魂神社境内・東照宮前
参拝日:2014年6月17日

年代:寛保2年(1742)
材質:石造
型式:江戸尾立ち型

大國魂神社については、既に記事にしています。

その記事を読む


大國魂神社には6組の狛犬が居るが、その中で年号がはっきりしているのが三組あり、一番古いのがこの狛犬である。

大國魂神社境内の東照宮門前に置かれている。
170518ookuni01.jpg


右側の阿形獅子
170518ookuni02.jpg


170518ookuni03.jpg


170518ookuni04.jpg


170518ookuni05.jpg


左側の吽形獅子
170518ookuni06.jpg


170518ookuni07.jpg


170518ookuni08.jpg


170518ookuni09.jpg


特徴:
・右側が阿形、たてがみが巻き毛であり獅子。
・左側は吽形、たてがみが同様に巻き毛であり獅子。
・耳は横に開き、聞き耳を立てている。
・顔はユニーク。目は鋭く、口は口元が耳まで裂けてバカでかく、威嚇的。
・首が長いので、体型的にユニークな造形になっている。
・胸が張り、たくましく勢いがある。
・前足は、真っ直ぐで、少し前に出し気味。
・後足は蹲踞だが開き気味で勢いが感じられる。
・尾は、天狗の羽団扇型でまっすぐ立ち、根元に巻き毛がある。

江戸狛犬は、当初「はじめ型」で比較的和犬に近く、地面近くに置かれた。尾は身体に付いていた。
それが高い台座の上に置かれ、尾はまだはじめ型のように身体に付いているのが「江戸付き尾型」。
そして、尾が立ち威勢が良くなり「江戸尾立ち型」、次いで尾が流麗に流れるようになり「江戸流れ尾型」と続く。

ただし、この狛犬は悩んだ末、一応「江戸尾立ち型」に入れるが、首が長くて身体をそらした、ユニークな体型で、江戸狛犬らしくはない。

年号は寛保2年(1742)。
170518ookuni10.jpg


尾は、天狗の羽団扇型でまっすぐ立ち、根元に巻き毛がある。
170518ookuni11.jpg


170518ookuni12.jpg



狛犬の記事一覧を見る



市谷亀岡八幡宮の狛犬

20170509

所在地:東京都新宿区市谷 市谷亀岡八幡宮参道
参拝日:2015年10月6日

年代:享保14年(1729)
材質:石造
型式:はじめ型

市谷亀岡八幡宮については、既に記事にしています。

その記事を読む


銅製鳥居をくぐると、参道に居ます。
この狛犬は、2010年に山形県山辺町畑谷の三嶋神社から里帰りしたものだそうです。
170506kame01.jpg


右側の阿形獅子
170506kame02.jpg


170506kame03.jpg


170506kame04.jpg


170506kame05.jpg


左側の吽形獅子
170506kame06.jpg


170506kame07.jpg


170506kame08.jpg


特徴:
・造形が極めてシンプルで、彫が極端に少ない。
・右側が阿形、たてがみがすーっと流れて先端が巻き毛であり獅子。
・左側は吽形、たてがみが同様にすーっと流れて先端が巻き毛であり獅子。
・伏せ耳、目は鋭く、口は口元が耳まで裂けてバカでかく、威嚇的な顔。
・足の付け根の部分が胴体とほとんど分かれていず、シンプルな彫り。
・前足は、肘を曲げて前に出ししている。甲にポチッと二つの玉あり。
・後足は蹲踞。
・尾は、背中に沿ってまっすぐ伸びて、両側に巻き毛が続く。

尾の形が、ありそうで意外と珍しい。
背中に沿ってまっすぐ伸びて、両側に巻き毛が続く
170506kame09.jpg



狛犬の記事一覧を見る



墨田区・牛島神社の狛犬

20170429

所在地:東京都墨田区向島 牛島神社の拝殿前
参拝日:2016年11月3日

年代:享保14年(1729)
材質:石造
型式:はじめ型

牛島神社については、既に記事にしています。

その記事を読む


右側の阿形獅子
170428ushi01.jpg


170428ushi02.jpg


170428ushi03.jpg


左側の吽形獅子
170428ushi04.jpg


170428ushi05.jpg


170428ushi06.jpg


特徴:
・右側が阿形、たてがみが巻き毛であり獅子。
・左側は吽形、たてがみが巻き毛であり獅子。
・珍しいことに右側阿形の頭に角がある。
・伏せ耳、目玉が大きく、口もバカでかく、表情たっぷりで、笑いを誘う
・前足は、前に出し気味に、ピーンと真っ直ぐ。。
・後足は蹲踞。脚の間を彫っていないが、これが「はじめ型」の特徴だと言われている。
・尾は、天狗の羽団扇型の付き尾。

年号は、享保14年(1729)
170428ushi07.jpg


尾は、天狗の羽団扇型の付き尾。
170428ushi08.jpg


「はじめ型」の特徴だと言われているが、脚の間を彫っていない。
170428ushi09.jpg




狛犬の記事一覧を見る



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop