中山道を日本橋からのんびりと(前半)

20171111

11月6日に、こういうタイトルで歴史クラブ行事として歩きました。

普通は、日本橋から板橋まで歩くのですが、目的は中山道沿いの旧跡をできるだけ見ようという事なので、白山駅あたりで切り上げることにして、のんびり歩きました。

コースは、①日本橋・道路元標⇒魚河岸碑⇒三浦按針邸碑⇒越後屋跡(三越)⇒長崎屋標識⇒今川橋碑⇒神田駅前⇒昼食(自由行動)⇒万世橋駅跡・筋違御門跡⇒昌平橋⇒伊勢丹発祥の地⇒神田明神・麹屋・天野屋⇒中山道原形⇒仙台堀⇒かねやす⇒本郷薬師・桜木神社⇒東大赤門⇒安田講堂前⇒三四郎池⇒東大農学部・帰って来たハチ公像⇒本郷追分・高崎屋⇒大円寺(ほうろく地蔵、一里塚の庚申塔、高島秋帆墓)⇒円乗寺・お七の墓⇒白山駅
171111nakasen01.jpg


私は、この日は案内役だったのであまり写真が撮れず、10月3日に来た下見の写真と、2016年4月16日に一人で歩いたときの写真を使用して記事にしました。

【日本橋】
木曽街道「日本橋雪の曙」/渓斎英泉
浮世絵「木曽街道(中山道)六十九次」は渓斎英泉と歌川広重の合作。
171111nakasen02.jpg


道路網の整備に取り掛かった徳川家康は慶長8年(1603)、元の神田川に橋を架けたのが日本橋のスタート。幾多の変遷を経て明治44年(1911)に石造りに架け替えたのが現在の「日本橋」。
171111nakasen03.jpg


171111nakasen04.jpg


171111nakasen05.jpg


翼のある麒麟
171111nakasen06.jpg


【道路元標】
1873年(明治6年)12月20日、政府は太政官達第413号により各府県ごと「里程元標(りていげんぴょう)」を設け陸地の道程(みちのり)の調査を命じている。これによると、東京の日本橋、京都の三条橋の中央を国内諸街道の起程とした。
1911年(明治44年)に現在の日本橋が架けられたとき「東京市道路元標」が設置された。
日本橋の中央にあった東京市道路元標は東京都電本通線の架線柱として使用されていたが、都電廃止後1972年(昭和47年)の道路改修に伴い日本橋の北西側袂に移設された。東京市道路元標があった場所には、50cm四方の日本国道路元標が埋め込まれた。文字は佐藤栄作によるものである。
道路中央の「道路元標」を確認。
171111nakasen07.jpg


この辺から見た上野高速道路のカーブが絶妙だった。
171111nakasen08.jpg


歩道に、「道路元標」の複製が置いてあります。
171111nakasen09.jpg


171111nakasen10.jpg


私たちがちょうどここに来た時、酒場探訪番組で有名な吉田類氏がNHK番組のロケをしていた。
この後「日本橋魚市場発祥の地碑」に居たら、後ろを「はなわ」氏がカメラを引き連れて通って行き、さすが日本橋だと恐れ入りました(笑)

【日本橋魚市場発祥の地碑】
日本橋の北詰 東側に「日本橋魚市場発祥地碑」が建っている。
江戸~大正までの期間, このあたりから北 (三越の東側一帯) にかけて 大きな魚市場が 広がっていた。
この魚河岸は 明治・大正時代まで 300年余り続いたが, 関東大震災により 魚市場は 築地に移転を余儀なくされた。

残念ながら、この日は工事中で碑には近寄れなかった。
171111nakasen11.jpg


中山道歩き出してすぐ、「八木長」の角を曲がって三浦按針邸跡碑に行くが、この「八木長」も元文2年(1737)創業の老舗である。
171111nakasen12.jpg


【三浦按針邸跡碑】
三浦按針(ウイリアム・アダムス)が家康の外交顧問であった時代、ここに居を与えられ江戸城に出仕していた場所である。
171111nakasen13.jpg


171111nakasen14.jpg


【越後屋跡(三越)】
三浦按針邸跡碑から中山道に戻るが、ここから三越の建物が始まっている。
171111nakasen15.jpg


171111nakasen16.jpg


現金売りで成功した越後屋の話は有名だが、意外にも越後屋は新潟出身ではない。
伊勢出身の三井高利が始めたのだが、当時「伊勢屋」の屋号はそこらじゅうにあったので、「越後屋」にしたのだそうだ。
ちなみに、銀座に江戸時代創業の「越後屋」という呉服屋さんがあるが、ここは新潟出身である。

三越正面入り口のライオンの前を通過。
171111nakasen17.jpg


日光街道(現在の国道4号線)が分かれるところに「長崎屋跡」がある。
171111nakasen18.jpg


【長崎屋跡】
鎖国政策をとっていた江戸時代、オランダ商館長は年に一度、献上品を携えて将軍拝謁することを通例とした。その際に宿所に指定されたのが長崎屋。この一行には医師などが含まれていた為、最新の知識を学ぼうと幕府の医官などが連日訪問して交流を深めた。 訪問者の中には、杉田玄白や平賀源内など、日本の歴史上重要な役割を果たした人物が数多く含まれている。
171111nakasen19.jpg


171111nakasen20.jpg


「本銀通り」を通過。
171111nakasen21.jpg


171111nakasen22.jpg


171111nakasen23.jpg


171111nakasen24.jpg


【今川橋】
日本橋を出発して最初に渡つていた橋。今川焼発祥の地。今は川が埋め立てられて道路になっている。

ちょっと引っこんだところに説明と碑があり。
171111nakasen25.jpg


171111nakasen26.jpg


中山道沿いにある説明。
171111nakasen27.jpg


それからほんのちょっとで、中山道にかかっている陸橋が神田駅。
171111nakasen28.jpg


171111nakasen29.jpg


ここで11時半となっていたので、神田駅周辺自由行動でランチタイムとしました。
集合は、神田駅入り口にある「健やかに/田中昭」という彫刻の前。
171111nakasen30.jpg


集合して歩き出し、神田須田町交差点。
171111nakasen31.jpg


ここで17号線は、右斜めにカーブして万世橋に向かいますが、旧中山道は直進して「万世橋駅跡」にぶつかりますが、ここには「筋違御門」があり、中山道は「筋違橋」を渡っていた。

神田須田町交差点の次の交差点から、正面に見える煉瓦造りは、万世橋駅のホーム跡。
171111nakasen32.jpg


この地点の右手の広場に、この辺の歴史を説明するパネルを並べてあった。
171111nakasen33.jpg


【筋違御門】
外堀に設けられた門の内側が「ご府内」(朱引き内) 
171111nakasen34.jpg


筋違御門前の広場
171111nakasen35.jpg


【筋違橋】 
ちょっと斜めにかかっているように見える手前の橋が「筋違橋」
右端に、ちょっと昌平橋が描かれている。
171111nakasen36.jpg


筋違橋と筋違御門の写真
171111nakasen37.jpg


【万世橋駅跡】
私鉄の甲武鉄道は1889年(明治22年)4月11日、立川 - 新宿間を開通させ、都心への延伸を進め、1912年(明治45年)4月1日、万世橋駅の営業を開始。甲武鉄道は1906年(明治39年)3月31日に国有化された。
東京駅が完成し、1919年(大正8年)3月1日、万世橋 - 東京が開通。中央本線の起終点としての役目は7年で終わった。
駅前には広場が設けられ、日露戦争の英雄である広瀬武夫と杉野孫七の銅像が建っていた。
171111nakasen38.jpg


ここには「交通博物館」があった。
現在は大宮に移っている。
171111nakasen39.jpg


ホームの一部に上がれるようになっている。
171111nakasen40.jpg


171111nakasen41.jpg


筋違橋が現在は無いので、万世橋駅ホーム跡に沿って昌平橋に向かう。
171111nakasen42.jpg


神田須田町交差点から中山道を真っ直ぐ来て、万世橋駅ホーム跡にぶつかった地点には「御成道」の説明があり。
171111nakasen43.jpg


【昌平橋】
171111nakasen44.jpg


171111nakasen45.jpg


昌平橋から「万世橋駅ホーム跡」を眺める。
171111nakasen46.jpg


昌平橋を渡ったところに「神田旅籠町」の説明あり。
171111nakasen47.jpg


171111nakasen48.jpg


昌平橋の聖橋側からは、総武線と中央線快速が立体交差が見え、その向こうには聖橋が見えて、その手前を丸ノ内線が横切っている。
171111nakasen49.jpg


聖橋をズーム。ちょうど丸ノ内線電車が横切ったところ。
これは以前の写真。
171111nakasen50.jpg


ここで皆さんに「運が良ければ、三つの電車が同時に見られます。せめて丸ノ内線が横切るまで待ちましょう」と云って、待っていたら、本当に総武線が来て、中央線快速が来て、しかも丸ノ内線が横切った。

私は、あまりの僥倖に度を失い、シャッターを切るのを忘れて見とれていました(笑)


続きを見る


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



お気に入りの場所一覧に飛ぶ



丸彫青面金剛庚申塔/狭山市・上広瀬

20171109

所在地:埼玉県狭山市上広瀬・富士浅間宮

この庚申塔は、以前は正覚院(廃寺となった)にあったが、現在は「富士浅間宮」という富士塚にあります。
現在も活動している富士講によって、この庚申塔は祀られています。

富士浅間宮入口
171109hirose01.jpg


富士塚の五合目に庚申塔は祀られている。
171109hirose02.jpg


171109hirose03.jpg


庚申塔正面
171109hirose04.jpg


横から
171109hirose05.jpg


背面
171109hirose06.jpg


銘文詳細
171109hirose07.jpg


塔身:丸彫り青面金剛
主尊:一面六臂青面金剛
日月:なし
主尊の特徴:円光光背、一面六臂、髪火焔、頭蛇、三眼
本手:剣とショケラ
他の手が持つ法具:法輪、弓、矢、三叉矛
脇侍:右向一邪鬼、三猿
造立年代:寛政11年(1799)
高さ:塔身106cm、台座66cm

丸彫り青面金剛には、円光光背が付いている。
171109hirose08.jpg


髪は火焔、頭に蛇がいる。三眼。
171109hirose09.jpg


本手は剣とショケラ
171109hirose10.jpg


ショケラは、通常半裸であるが、ここでは着物を着て合掌している。
合掌しているのは、青面金剛に髪を掴まれ悪界から引き上げられ、助かった姿を表す。
171109hirose11.jpg


像が大きいので、法具は一つずつ写した。

法輪
171109hirose12.jpg



171109hirose13.jpg



171109hirose14.jpg


三叉矛
171109hirose15.jpg


踏まれている邪鬼は、いかにも悔しそうだ(笑)
171109hirose16.jpg


三猿は、ダイナミックに表現されている。
171109hirose17.jpg


台座正面
171109hirose18.jpg


丸彫りの青面金剛で、台座も含めた高さが172cmと大きく、実に立派な庚申塔である。
とても価値のある庚申塔が、現在も活動している富士講によって守られているのは安心です。


「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



額田大仲彦命(ぬかたのおおなかつひこのみこと)/日本の神々の話

20171108

記・紀にみえる応神天皇の皇子。

『日本書紀』では「額田大仲彦命」、『古事記』では、「額田大中日子命」と表記。

母は高城入姫(たかきのいりひめ)。
『日本書紀』によれば,応神天皇なきあと皇位がさだまらずにいたとき、倭(やまと)の屯田(みた)と屯倉(みやけ)を掌握しようとして異母弟の大鷦鷯尊(おおさざきのみこと=仁徳天皇)に阻止された。
闘鶏(つげ)(奈良県都祁村)で氷室を発見、氷を仁徳天皇に献じたともいう。

私は奈良県奈良市の氷室神社で、この神に参拝しましたが、氷室神社は、平成22年で創建1300年と言われるので、ほぼ古事記成立と同じ。
それほどの歴史をもつ神社です。

氷室神社については、既に記事にしています。

その記事を見る


氷室神社のご祭神は、
・闘鶏稲置大山主命(つげのいなぎおおやまぬしのみこと)
・大鷦鷯命(おおささぎのみこと)
・額田大仲彦命(ぬかたのおおなかつひこのみこと)。

社伝によれば、それぞれの祭神の謂れは、氷室・貯氷法を伝承した闘鶏稲置大山主命、氷室を発見・奏上した
額田大仲彦命。それに、献氷の典例を開いた大鷦鷯命(仁徳天皇)ということだそうです。

額田大仲彦命が闘鶏(つげ)の地で穴倉を見つけたので、あの穴倉は何だ、と問うたところ、闘鶏稲置大山主命が登場して、「氷室です」と答えたため、額田大仲彦命は大王である大鷦鷯命にその氷を献上した、と言います。
大鷦鷯命は第十六代仁徳天皇。

額田大仲彦命は仁徳天皇の異母兄で、第十五代応神天皇の皇子、古事記には額田大中日子命(ぬかだのおおなかつひこのみこと)として、名前だけ登場します。

闘鶏稲置大山主命は古事記には登場しませんが、都祁直(つげのあたい)という姓が、初代神武天皇の皇子で、二代綏靖天皇の兄にあたるカムヤイミミを祖とする系譜で登場します。闘鶏は都祁と同義、もともと直だった姓は、第十九代允恭天皇の御世に不敬があったとして稲置に格下げされたもの、といいます。

都祁村は 2005年4月1日に奈良市に併合されるまで実際に存在した村で、都祁の名称は今でも小学校名などで残っているそうです。



日本の神々記事一覧に飛ぶ



南房総市・下立松原神社の狛犬

20171107

所在地:千葉県南房総市白浜町滝口1728 下立松原(しもたてまつぱら)神社参道
参拝日:2016年1月29日

この神社は、房総半島最南端の白浜にある延喜式内論社です。
「関八州式内社めぐり」で参拝しました。

この神社については、既に記事があります。

その記事を見る


神社の入り口から石段を上がりますが、結構な段数の石段が三回あり、最後の石段の下に今回の狛犬が居ます。
171107shimo01.jpg


年代:寛政6年(1794)
材質:石造
型式:宝珠・角型

右側阿形狛犬。頭に宝珠を載せている。
171107shimo02.jpg


171107shimo03.jpg


171107shimo04.jpg


171107shimo05.jpg


左側吽形狛犬。頭に角がある。
171107shimo06.jpg


171107shimo07.jpg


171107shimo08.jpg


171107shimo09.jpg


171107shimo10.jpg


特徴:
・右は口を開き阿形、たてがみが、ちょっと先端がカールしている感じはあるが流れているので狛犬。
・左は吽形、たてがみの先端がカールしている感じはあるが流れているので狛犬。
・耳は聞き耳を立てている感じ。眉は巻き毛で、どんぐり眼にかぶさっている。
・顎髭は長めに垂れ、一部が巻き毛。
・牙はわからない。四角く、顎が長い、いかつい顔。
・前足は、真っ直。全長に毛が目立つ。
・後足は蹲踞。脚の全長に毛の表現。
・尾は、輪郭はたけのこで炎状。横に巻き毛あり。

たてがみの先端が、わずかにカールしている感じはあるが流れているので狛犬とした。
江戸狛犬は、ほとんどが両獅子なのに、異例。
171107shimo11.jpg


脚の表現
171107shimo12.jpg


171107shimo13.jpg


尾は、輪郭はたけのこで炎状。横に巻き毛あり。
171107shimo14.jpg


171107shimo15.jpg



狛犬の記事一覧を見る



石見神楽/大宮氷川神社

20171105

場所:埼玉県大宮市氷川神社舞殿
上演日:2017年10月14日

氷川神社の「明治天皇御親祭150年大祭」の行事として、島根県浜田市の長浜社中を招いて夜神楽を催すということで、滅多に見られないのでと、家族で観にいきました。
171105kagura01.jpg


171105kagura02.jpg


早目に行くと、舞殿には既に舞台が用意されていた。
171105kagura03.jpg


171105kagura04.jpg


171105kagura05.jpg


社殿の反対側には楽屋が設けられていた。
171105kagura06.jpg


時間が近くなると、舞殿の周りに観客がたくさん並んだ。
171105kagura07.jpg


上演されたのは、「神楽」、「塵輪(じんりん)」、「恵比須」、「大蛇(おろち)」の4演目。

そのうち、「塵輪(じんりん)」と「大蛇(おろち)」を動画で撮影したので、紹介しておきます。

演目【石見神楽「塵輪(じんりん)」】
ストーリー:
第14代天皇帯中津日子(仲哀天皇)が、異国より日本に攻め来る数万騎の軍勢を迎え撃つ。
その中に身に翼があり黒雲で飛び回る「塵輪(じんりん)」という悪鬼が、人々を害していると聞き、天皇自ら「天の鹿児弓」、「天の羽々矢」をもってこれを退治する。

動画(前半)を見る


動画(後半)を見る



演目【大蛇(おろち)】
ストーリー:
高天原を追われた須佐之男命が出雲の国斐の川(斐伊川)にさしかかると、嘆き悲しむ老夫婦と稲田姫に出会う。
理由を尋ねると、八岐の大蛇が毎年現れ、既に7人の娘が攫われ、残ったこの稲田姫もやがてその大蛇に攫われてしまうと言う。
一計を案じた須佐之男命は、種々の木の実で醸した毒酒を飲ませ酔ったところを退治する。そのとき、大蛇の尾から出た剣を『天の村雲の剣』と名づけ、天照大御神に捧げ、稲田姫と結ばれる。

動画(前半)を見る



動画(後半)を見る



一昨年に出雲・松江地方を旅行した時に、観たいと願ったのだが上演日でなかったために、観ることが出来なかった。
それだけに、今回本場の神楽を観ることが出来たのは、嬉しかった。
神事といいながら、石見神楽は「演芸」的な要素が強く、衣装が豪華絢爛、ストーリーは単純でわかりやすく、ドラマチックだった。
特に「大蛇」は、狭い舞殿に4頭ものオロチが火を吐き、煙の中で入り乱れ、乱闘する様はものすごかった。
本当に堪能しました。

終わったあと、観月雅楽の会などでもそうだが、すぐ近くのお蕎麦屋さんに駆け込み、冷えた身体を温めて、満足して帰途についた。

参道には、「明治天皇御親祭150年大祭」の提燈が飾られていて、見事だった。
171105kagura08.jpg


(了)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop