気比神宮境内社・兒宮の狛犬

20170311

所在地:福井県敦賀市 越前國一之宮・気比神宮の境内社・兒宮
撮影日:2016年8月2日

年代:享保11年(1726)
材質:石造
型式:越前禿(えちぜん かむろ)型

昨年の8月に青春18キップで敦賀の越前一之宮・気比神宮に参拝したが、境内には江戸時代の狛犬が三組あり、その全てが越前禿(えちぜん かむろ)型だった。
その中で、一番古いのが今回のもの。

気比神宮については、記事があります。

その記事を見る


兒宮
170311komiya01.jpg


この狛犬は、左右の大きさがかなり異なり、「母子狛犬」と呼ばれている。
170311komiya02.jpg


右側の阿形
170311komiya03.jpg


170311komiya04.jpg


170311komiya05.jpg


享保11年と、足に刻まれている。
170311komiya06.jpg


左側の吽形
170311komiya07.jpg


170311komiya08.jpg


170311komiya09.jpg


特徴:
・右側が阿形、左側が吽形で、左右の大きさがかなり違う。
・両方ともたてがみは、おかっぱ頭になっている。
・阿形のたて髪は、顔の横部分で前側にカールさせていて、吽形のたて髪は、縄状に編んである。
・吽形には角がある。
・顔は、眉や牙が明確に刻まれているが、阿形と吽形では造作がかなり異なる。
・ユーモラスな顔で、表情は親しみやすい笑顔である。
・前足は、前足は短く直立している。
・後足は蹲踞。
・尾は、阿形が一本の尾の付き尾。吽形は3条にわけながら縄状に背にそって立ちあがっている。

左右とも台座は一体で厚さも揃っている。
問題は吽形のみ基壇に載っていて、その基壇には、嘉永2年(1849)の銘がある。
170311komiya10.jpg


この基壇が吽形狛犬のものであれば、対の狛犬ではなく別物と考えることになる。
しかし、この基壇は「奉」の字のみであり、この基壇にこだわるともう一つの狛犬が存在することにつながってしまう。

吽形狛犬があまりに小さいので、高さを近づけるためにどこかから余っていた基壇を持ってきたと考えたほうが良いのではないか。
阿形と吽形の顔の造作がかなり違い、尾の形も違うので、対として造られたと思うには無理がある。

吽形の方が新しいものと見える。
「母子」とはよく言ったもので、子であるから後から生まれたのが当然である。
阿形狛犬の身体に年号が彫られていて、これは間違いないので、阿形狛犬の年号によることにした。


「越前禿(えちぜん かむろ)型」というのは、狛犬研究家の鐸木能光氏が提唱している名で、他に「三国湊狛犬」とか「白山狛犬」とも呼ばれる。
越前(現在の福井県)には、笏谷石という細工しやすい柔らかい石を産出する場所があった。色は青白く、古くは
古墳時代の石棺などにも使われているそうである。
その笏谷石加工品のひとつとして、従来は木造が中心だった神殿狛犬が、石でも造られるようになった。
笏谷石を使った小型の石造狛犬の特徴は、おかっぱ(禿)頭である。他に、両肩に小さな翼が彫られ、お下げ髪風のたてがみの先が内巻きにカールしていること、牙や眉を明確に刻み込んでいることなども共通している。
海路を使って、日本海沿岸に分布しているのは、容易に想像できるが、青森県弘前市、京都府、愛知県岡崎市、岐阜県安八郡でも確認されているそうだから面白い。
越前禿型狛犬は、もともとは参道に置かれていたのではなく、木彫狛犬の代わりとして社殿内に置かれていたもののようだ。その意味では、神殿狛犬と参道狛犬を結ぶ貴重なリンクの役割を果たしたのかもしれない。


狛犬の記事一覧を見る



名草戸畔(なぐさ とべ)/日本の神々の話

20170310

日本書紀や和歌山市の伝承に登場する女神。
戸矢学氏の『縄文の神』によれば、縄文神。

「名草戸畔」は日本書紀での名で、地元では「名草姫(なぐさひめ)」とも。
一説に、名草戸畔とは特定の人物の名ではなく、「名草の長」という地位を表す言葉であるという。

名草邑(のちの名草郡あたり、現在の和歌山市名草山周辺)の統治者だった。しかし、神武東征で進軍中だったイワレヒコ(のちの神武天皇)との戦いで戦死した。
名草戸畔の死後は、代わって紀氏が紀伊を治めた。紀氏は、自らの系図で名草戸畔を遠縁に位置づけることで、正当性を主張した。

『日本書紀』では、「巻第三 神武天皇即位前紀 戊午年六月」冒頭のところで、
「六月乙未朔丁巳 軍至名草邑 則誅名草戸畔者〈戸畔 此云妬鼙〉 (鼙は鼓の下に卑)」とある。
(訳)
(旧暦6月1日、軍が名草邑に着き、そこで名草戸畔という名の者〈戸畔はトベと読む〉を誅殺した。)

これが、名草戸畔や名草邑に関する唯一の記述である。
紀元前660年とされる神武天皇即位の3年前のことで、神武の兄五瀬命の死の後、狭野を越え熊野神邑から再度海路を征く前の話である。

一方、地元の伝承は次のように伝える。
熊野古道を現海南市に少し入ったそばのクモ池周辺が戦場になった。名草戸畔はここで殺され、頭、胴、足(脚の意か)が切り離された。
名草の住民により、頭は宇賀部(うかべ)神社(別名おこべさん)、胴は杉尾神社(別名おはらさん)、足は千種神社(別名あしがみさん)に埋葬された。
和歌山市のいくつかの神社は名草姫命(名草戸畔)と名草彦命を祀っており、その本社は吉原の中言神社である。名草姫命と名草彦命の関係ははっきりしない。

現在、『名草戸畔(なぐさとべ)古代紀国の女王伝説/なかひら まい(著者)』という本が出ている。(未読)
この作品は、名草地方(現在の和歌山市と海南市)で語り継がれてきた古代の女王名草戸畔(なぐさとべ)の伝承をもとに構成したもの。

戸矢学氏の『縄文の神』では、下記のように書かれている。
まつろわぬ神
神武軍がヤマトに入る際に、各地で激戦があり、族長を殺害している。
ナグサトベ、ニシキトベ、エウカシ、ヤソタケル、ナガスネヒコといった名が『日本書紀』には見られる。ヤソタケルは「有尾人」であるとも記される。彼らはこの地の土着の人々であり、すなわち縄文人の族長・首長であろう。
この時代、族長の多くは同時に宗教的権威でもあって、すなわちその一族の〝神〃である。
これらの神々を殺すことで、神武軍は征服を成し遂げていく。「神殺し」こそは、征服の証しなのだ。
しかし「神殺し」の真相は、必ずしも物理的な殺害ではない。
『日本書紀』を詳細に見ると、殺されたはずの族長とおぼしき人物が、名を一部変えて、さらに地位を得て臣従 していることに気付くだろう。微妙にタイムラグを設定しながらも記録を残しているのは、その子孫が現存するからだ。たとえ史書の上でとは言いながらも彼らの先祖を勝手に殺すわけにはいかない。彼らは、もとは敵対していたのに、その後帰順した大事な“臣民〟だからだ。
それに実際に殺害されたのは、ごく一部だろう。政治的には殺害する必要はなく、新たな神に代えれば、帰順したこととなるのだ。新たな神とは、アマテラスである。
名草戸畔などの挿話もその一つであろう。名草邑の首長・ナグサトベは殺されたことにし、その神威を吸収した新たな神を生む。この手法は、古代にしばしば使われたもので、私たちが今認識している信仰・祭祀の姿はその過程を経た後のものである。
まつろう神があれば、まつろわぬ神がいる。
まつろう神とは弥生神であって、まつろわぬ神とは縄文神である。



日本の神々記事一覧に飛ぶ



長瀞・宝登山「蝋梅まつり&梅まつり」

20170309

2月の28日(火)に、歴史クラブの行事に参加しました。
170309hodosan01.jpg


ロープウェイで上がってから、蝋梅、宝登山神社の奥社、福寿草、梅の順に楽しみました。
170309hodosan02.jpg


長瀞まではフリー切符で行き、長瀞駅からロープウェイ駅まではシャトルバスで移動。

ロープウェイ駅
170309hodosan03.jpg


170309hodosan04.jpg


ゴンドラに乗り込む。
170309hodosan05.jpg


170309hodosan06.jpg


到着
170309hodosan07.jpg


170309hodosan08.jpg


まずはロウバイを楽しむ。
終わりに近い感じでしたが、まだまだ咲いていてくれました。
170309hodosan09.jpg


170309hodosan10.jpg


空を入れて撮る。
170309hodosan11.jpg


170309hodosan12.jpg


170309hodosan13.jpg


ロウバイには、「和蝋梅」、「素心」、「満月」の三種がある。

「和蝋梅」
170309hodosan14.jpg


170309hodosan15.jpg


「素心」
170309hodosan16.jpg


170309hodosan17.jpg


「満月」
170309hodosan18.jpg


マンサクも咲いていた。
170309hodosan19.jpg


170309hodosan20.jpg


頂上付近に到着
170309hodosan21.jpg


宝登山神社の奥宮に参拝します。
170309hodosan22.jpg


鳥居があったので、鳥居下の石段に戻って上がり直した。
170309hodosan23.jpg


170309hodosan24.jpg


鳥居
170309hodosan25.jpg


170309hodosan26.jpg


奥宮前には広場あり。
170309hodosan27.jpg


昭和6年奉納の狼型狛犬
170309hodosan28.jpg


170309hodosan29.jpg


170309hodosan30.jpg


170309hodosan31.jpg


宝登山神社奥宮説明
170309hodosan32.jpg


社殿
170309hodosan33.jpg


170309hodosan34.jpg


170309hodosan35.jpg


奥宮前からの眺めは素晴らしかった。
170309hodosan36.jpg


170309hodosan37.jpg


170309hodosan38.jpg


参道の石段を降りた。
下からの眺め
170309hodosan39.jpg


ここから、横にケーブル駅のほうに歩きながら、福寿草の写真を撮った。
170309hodosan40.jpg


170309hodosan41.jpg


170309hodosan42.jpg


ケーブル駅の近くまで来たら、ちょうどゴンドラが出ていった。
下にゴンドラが写っています。
170309hodosan43.jpg


福寿草とオオイヌノフグリ
170309hodosan44.jpg


「梅百花園」に入り、梅を楽しんだ。
170309hodosan45.jpg


紅白の梅がバランよく咲いていて、かなり楽しめた。
170309hodosan46.jpg


170309hodosan47.jpg


170309hodosan48.jpg


170309hodosan49.jpg


170309hodosan50.jpg


170309hodosan51.jpg


170309hodosan52.jpg


170309hodosan53.jpg


170309hodosan54.jpg


170309hodosan55.jpg


170309hodosan56.jpg


170309hodosan57.jpg


170309hodosan58.jpg


170309hodosan59.jpg


170309hodosan60.jpg


170309hodosan61.jpg


集合時間まで梅を楽しんで、ロープウェイで下に降り、参加者全員で美味しいお昼を食べ、
そのあと宝登山神社に参拝。

宝登山神社は既に記事にしています。

その記事を見る


予定の電車に間に合うように、長瀞駅に。

長瀞駅は、可愛らしい木造の駅舎です。
170309hodosan62.jpg


西武秩父からは、さすがに疲れたのでレッドアローで帰ってきました。

(了)


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



お気に入りの場所一覧に飛ぶ



鎧神社境内・天神社の狛犬

20170305

所在地:東京都新宿区北新宿「鎧神社」の境内・天神社
撮影日:2016年2月6日

年代:享保6年(1721)
材質:石造
型式:はじめ型

庚申塔の調査をしていたときに、「狛犬型庚申塔」ということで、見に行きました。
狛犬を利用した庚申塔は、珍しく貴重なものなので、新宿区の文化財となっている。
それから雌雄を現している点でも、大変珍しい。

「鎧神社」については、既に記事にしています。

その記事を見る


天神社
170305yoroi01.jpg


社殿の直前に置かれている。
170305yoroi02.jpg


説明
170305yoroi03.jpg


右側の阿形狛犬
170305yoroi04.jpg


170305yoroi05.jpg


170305yoroi06.jpg


左側の吽形狛犬
170305yoroi07.jpg


170305yoroi08.jpg


170305yoroi09.jpg


170305yoroi10.jpg


特徴:
・右側が阿形、左側が吽形で、両狛犬型である。
・両方ともたてがみがながれているので狛犬。
・阿形の頭は埋められているが窪みがあったと認められる。吽形の頭には角があり。
・顔は、実にブサイクでユーモラス。表情は親しみやすい笑顔である。
・前足は、前足は短く直立している。
・後足は蹲踞。
・尾は、扇状に開いている「付き尾」である。
・雌雄の別を現している。


台座に「庚申供養」と刻まれている。
170305yoroi11.jpg


阿形の頭は埋められているが、窪んでいたことは確かである。
170305yoroi12.jpg


吽形のほうは、角がはっきりとわかる。
170305yoroi13.jpg


尾は、扇状に開いている「付き尾」である。
170305yoroi14.jpg


雌雄の別が現わされている。
阿形
170305yoroi15.jpg


吽形
170305yoroi16.jpg


大変なブサイクで、ユーモラスな笑顔をしているので実に親しみやすい狛犬なのだが、「狛犬型庚申塔」であり、雌雄の別ありで、大変貴重なものであることを知る人は少ないと思う。
大事に守っていきたいと思う。



狛犬の記事一覧を見る



目黒雅叙園・百段階段のひな祭り

20170304

最近、雅叙園と色々と縁があり、百段階段が無料で見られるというので、2月24日に見に行きました。
企画展は「九州ひな紀行Ⅱ」でした。

雅叙園
170304hina01.jpg


玄関の屋根の上には、華麗な鳳凰が。
170304hina02.jpg


ロビー廊下には、鏝絵の壁画が。
170304hina03.jpg


170304hina04.jpg


「百段階段」とは、1935(昭和10)年に建てられた当園に現存する唯一の木造建築で、宴席が行われた7部屋を99段の階段廊下が繋いでいます。
 厚さ約5cmのケヤキ板の階段で結ばれた各部屋は、主に装飾を担当した画家の名前が付けられています。
 昭和の竜宮城と呼ばれた目黒雅叙園の建物の特徴は、装飾の破格な豪華さにあります。最近の研究によると、その豪華な装飾は桃山風、更には日光東照宮の系列、あるいは歌舞伎などに見られる江戸文化に属するものとも言え、なかでも「百段階段」はその装飾の美しさから見ても、伝統的な美意識の最高到達点を示すものとされています。
 2009(平成21)年3月、東京都の有形文化財に指出されました。
170304hina05.jpg


企画展の「雛まつり」
170304hina06.jpg


〇十畝の間
170304hina07.jpg


天領日田の日田醤油が集めた雛が並んでいた。
ひなまつりの際には店内に数千体の雛人形が並ぶという。
170304hina08.jpg


〇漁礁の間
床柱は巨大な檜に精巧な彫刻が施されている。
170304hina09.jpg


旧伊藤伝衛門邸の座敷雛
大きな部屋を、博多山笠、祇園祭、賀茂祭などの人形が埋め尽くしていた。圧巻。
170304hina10.jpg


〇草丘の間
170304hina11.jpg


柳原白蓮ゆかりの有職びなのうち、六歌仙。
170304hina12.jpg


〇静水の間
170304hina13.jpg


日田醤油の集めた雛のうち、箱入りびな
170304hina14.jpg


〇星光の間
170304hina15.jpg


薩摩糸びなと薩摩切子の雛
170304hina16.jpg


〇清方の間
鏑木清方の四季美人画がよかった。
170304hina17.jpg


松平定信の娘、葵姫が松浦藩第35代松浦煕に輿入れした際の婚礼調度の雛道具。
170304hina18.jpg


〇頂上の間
170304hina19.jpg


熊本・球磨地方に伝わる、小正月の柳の枝に紅白の餅を刺したものと、雛かざり。
170304hina20.jpg


福岡・柳川の「さげもん」
170304hina21.jpg


170304hina22.jpg


170304hina23.jpg


170304hina24.jpg


(了)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop